良い意味で目立つ人の7つの特徴

    目立つ人今の世の中、『良い意味で目立つ人』は、希少価値の存在と言えます。

    この平成の時代は、今までの日本の歴史の中でも、特に個性的な人が育たない時代です。

    閉塞感に包まれた今の世の中では、独自の見方、考え方、感じ方は、『空気を読めない』として歓迎されません。

    『空気を読めない』感は、『個性』を押し潰す『縛り』になっています。

    こうした閉塞感を打ち破る存在が、『良い意味で目立つ人』です。

    『良い意味で目立つ人』の最大の特徴は、『人々の心に残る人』です。『良い意味で目立つ人』=『人々の心に快い印象を残す人』という事になるでしょう。

    それでは、『良い意味で目立つ人』の特徴を、お伝えします。

    あなたにとって『目立つ人』は、今は、あこがれかもしれません。しかし、近い将来、現実にできるヒントがここで見つけられるでしょう。

     

    良い意味で目立つ人の7つの特徴

     



     

    個性豊かな考えで周りの人を心地よくできる人


     

    職場や学校など、様々な価値観を持つ人間の集まりの中に身を置くと、無意識のうちに安心感を得るために、心の拠り所を探し求めてしまいます。

    人の潜在意識には、『孤独感は、絶対に避けたい』心理が根付いているからです。

    孤独感を避けるために、次第に『空気を読む』ことに専念してしまい、自らの独自な考えや感性を捨てようと心の中で葛藤し、閉塞感に包まれることになります。

    このような心境の時に、周りの『空気』を気にせず、個性豊かな考えや感性を自由に発揮している人に出会うと、爽快感を味わいます。

    周りの人に爽快感を醸し出し心地よくできる人が、『良い意味で目立つ人』になります。

    個性豊かな考えは、一朝一夕で身に付くものではありません。

    日頃から、自分が心底納得出来る人生観や物事への価値観を築いておくことが大切です。

    時流の常識や価値観に流されず、物事を冷静に自分の目で観る習慣をつけておくことで、『個性豊かな』考えが自ずと身に付いていきます。

    こうした習慣により、『良い意味で目立つ人』になることができます。

    周りの人の考えや意見に安易に同調せずに自信を持って冷静に判断することが『豊かな個性』の下地になっていきます。

    自分の周りの人の心に深い印象として残るようになることが、『良い意味で目立つ人』です。

     

    自分を大切にしながら人のために役立とうと行動する人


     

    今の時代、自分の仕事や生活に追われて、周りの人に思いやる心を持つ人は、少ないです。

    自己犠牲ではなく、自分を大切にする気持ちで心がけていると、自ずと周りの人も大切にする心が芽生えてきます。

    自分を大切にして、なおかつ、周りの人も大切にするという、自己犠牲ではない心理になってきます。

    自分と向き合うことで、周りの人へも心が向くようになります。

    周りの人に心が向くようになると、『周りの人のお役に立ちたい』と思うようになります。

    『お役に立つ行動』を通して、周りの人の心が『行動する人』に注目するようになります。

    こうして、『行動する人』が『良い意味で目立つ人』となっていきます。

     

    『活き活き』とした生き方を体現している人


     

    我われは、幼少のころから『競争』の中に身を置いています。

    小学校では、学校の成績で評価される『競争』を乗り越えてきました。

    中学、高校、大学と進む過程でも『競争』の階段を上ってきました。

    社会人になっても、出世という熾烈な『競争』の渦中に身を置いています。

    こうした社会人の中で、『競争』に疲れ果てて、無気力感、脱力感で心が包まれてしまう人々は少なくないです。

    現代社会は、多くの子供や大人が疲弊して、『うつ』が蔓延しています。

    こうした、脱力感に覆われた社会の中で、『活き活き』とした生き方をしている人は、注目の的になります。

    時の流れに翻弄されずに、自分の信念をしっかり持って『活き活き』と日々を過ごしている人は貴重な存在です。

    『活き活き』とした生き方をしている人は、疲弊した人々のカンフル剤として元気をもたらしてくれます。

    こうして、『活き活き』とした生き方をしている人は、『良い意味で目立つ人』として、人々の心を『活き活き』とよみがえらせる存在になっていきます。

     

    発想がユニークで意外性のある人


     

    ユニークな発想力で周りの人に『ハッ!』とする快い驚きをもたらす人は、『良い意味で目立つ人』と言えます。

    今の日本を覆い包んでいる閉塞感は、人々の斬新な発想力を許してくれません。

    こうした世の中にあって、ユニークな発想が出来る人は希少価値的存在です。

    ユニークな発想ができる人が増えることで価値観の多様性が広まります。

    人々が遠慮せずに自分の考えを発散することで思考回路が新たに開けて、心が解放され、斬新な発想を生み出せる潜在意識へと変化していきます。

    ユニークな発想で閉塞状況を打ち破るキッカケをもたらしてくれる人が、『良い意味で目立つ人』です。

     

    周りの人をむやみに刺激せず自己主張できる人


     

    人々に快い刺激を与えてながら『自己主張』することができる人には、多くの賛同者が生まれるものです。

    快い刺激を受け取った人は、『人々への思いやりを伴う自己主張』の素晴らしさに気付かされます。

    この刺激をキッカケにして、新たな人生を開く人も出てきます。

    人々の気持ちに配慮して『自己主張』をする人は、『良い意味で目立つ人』として、歓迎されることになります。

     

    物事に手を抜かずに誠実に実直に取り組む人


     

    人は自分の人生の先の見通しができず、行き詰まってくると、抜け出す『灯り』を探し求めるようになります。

    このような心理状態の時に、手を抜かずに誠実に実直に物事に取り組む生き様を体現している人に巡り逢うと、『勇気』をもたらしてくれる人として映ります。

    行き詰まっている人にとって、『手を抜かずに誠実に実直に取り組む』姿は、大きな『灯り』になります。

    大きな『灯り』は、『勇気』として、行き詰まっている人のプレゼントになります。

    プレゼントしてくれた人は、まさに『良い意味で目立つ人』となります。

     

    孤立感から抜け出す姿を露に見せる人


     

    学校や職場やなど、様々な考え、価値観を持つ場に身を置くと、不安な心境に陥り、無意識のうちに心の拠り所を求めることがあります。

    人は自分の存在が世間から取り残されることに敏感に反応します。

    学校でイジメに遭ったとか、職場からリストラされたことで自信喪失になり、孤立感に陥ることがあります。

    自分を理解してくれる人も見つからずに、世間から疎外された孤立感に心が包まれると、この苦しさから一刻も早く抜け出そうとします。

    一方、自分と同様の状態にある人が、『孤立感』のトンネルから抜け出す姿を露にしながら必死に立ち向かっていると、自分と同類の人として映ります。

    『露わな姿』で立ち向かう人を観ると、自分を分かってくれる人、自分を理解してくれる人として映るものです。

    目の前に現れた、『露わな姿の人』は『心に残る人』になり、『孤立感』のトンネルから抜け出せるキッカケになることがあります。

    こうして、人生を変える転機をプレゼントしてくれた人は、『良い意味で目立つ人』になっていくのです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    人の心理は、快いことは心に残し、快くないことはすぐに忘れようとします。

    『良い意味で目立つ人』が醸し出す個性は、『人々の心を快い勇気で包んでくれる人』として映ります。

    『快い印象』とは、見た目であったり、その人の個性が醸し出す雰囲気であったり、その人の考えから発せられる言葉であったりします。

    『良い意味で目立つ人』は、閉塞感を打ち破る存在として、人々の心に『個性』と『自信』をもたらしてくれる『人』になっていきます。

    『良い意味で目立つ人』は、全く自己犠牲を伴わないボランティアとも言えます。

    希少価値の存在になってしまった『良い意味で目立つ人』の一員に、貴女も貴方も、是非なってください。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント