魅力的な女性になるには? 7つの特徴から学ぶ

魅力的な女性

魅力的な女性というのは、どのような女性のことを言うのでしょうか?

はつらつとして凛々しい女性を魅力的に思う人もいれば、おしとやかで可憐な女性を魅力的に感じる人もいるでしょう。

ただ、外見こそ違うものの、対照的な女性像であっても、共通していることがあります。

それは『内面の強さ』です。

女性も男性もそうですが、魅力的な人間とは、内面の良さが外見にあらわれています。

そこで今回は、外見磨きから内面の磨き方まで、魅力的な女性になれる方法をご紹介していきます。

 

魅力的な女性になるには? 7つの特徴から学ぶ

 



 

外見を磨く


 

魅力的な女性になるには、まず初めに、外見を磨くことです。

内面勝負ももちろん素敵なことですが、人間は、外見で8割判断してしまいますので、内面を見てもらうためにも、外見の美しさは必須です。

もちろん、モデル級の美しさを手に入れる必要はありません。

誰から見ても『かわいい』『きれい』『素敵』と思ってもらうことが目標です。

もしあなたが暗い印象なら、少しお化粧を変えてみてください。

一重だから、肌が汚いから、可愛くなれない、と思う女性もいるかもしれませんが、だからこそ、お化粧をするのです。

一重にコンプレックスがあるのなら、アイテープで二重を作りましょう。

一重でも、お化粧次第でセクシーな印象が作れますし、一重はそもそも悪い印象ではありません。

肌に自信がないのであれば、食事やスキンケアから見直すことがベストですが、隠してしまえば問題ありません。

お化粧で隠す技術を身につけましょう。

また、女性のお肌というのは、女性ホルモンが大きく関係していて、生理前は、肌の調子が悪くなるなど、とてもデリケートです。

メンタル的なことにも影響されますので、鏡に映る自分をかわいいと思えるように、普段からかわいくいることも大事です。

お化粧のファンデーションが肌に悪いと感じている方も多いと思います。

しかし、お化粧をしないで人の目を気にするよりも、お化粧をして人から『かわいいね』と言われる方が、モチベーションが上がりませんか?

気持ちで、肌の調子も変わります。

生まれた時からかわいい子が、なぜ、ずっと『かわいい』のか?

それは、周りに褒められるからです。

『自分はかわいい』という自信がつきます。

その自信こそが、かわいいままでいられる秘訣なのです。

しかし、生まれながらにかわいい子が、魅力的な女性であるとは限りません。

魅力的な女性とは、容姿が全てではありませんから。

 

憧れの女性を真似る


 

憧れの女性を真似るというのは、容姿でも良いですし、内面でも良いです。

ただ、こうなりたいからといって『比べないこと』です。

憧れというのは、『自分が持っていないものを、持っている』場合に感じるものです。惹かれても、比べてはいけません。

憧れの対象が自分と真逆のタイプであるなら、近づける努力をしてみてください。

必ず、そこから学ぶものがあります。

対象に近づければ、モチベーションも上がりますし、近づかなかったとしてもその過程の中で、自分の良いところ、魅力が見つかるはずです。

 

本を読む


 

もちろん漫画ではありません。

自己啓発や、小説、経済、語学。

こういった本を読むことで、知性を身につけましょう。

電車で、小説本を読んでいる女性を見かけたら、それだけで魅力的な女性に見えませんか?

堅苦しいものを読むのが苦手な方は、自己啓発本から、試してみるのがおすすめです。

自己啓発とは

『自己をより高い段階へ上昇させようとすること』

という意味で、最近の流行りで言えば

『女子力の上げ方』
『○○するとモテる』
『コーディネートの仕方』

のような題材が人気です。

 

出会いの場にいく


 

昨今では、出会い居酒屋など、出会いの場が多く増えています。

女性は無料で、食べ飲み放題の有名な居酒屋がありますよね?

ご飯をいただくついでに、そこでいろんな男性とコミュニケーションをとってみてください。

経験値を積むことで、今まで興味のなかった人を魅力的に感じたりと、視野が広くなります。

柔軟な考え方ができ、視野の広い女性というのは、魅力的な女性の特徴の一つです。

 

モチベーションを常に保つ


 

モチベーションという言葉ですが、モチベーションというのは『やる気』という意味で、モチベーションを保っているのと、保っていないのとでは、自分の成長に大きく変化が出ます。

魅力的な女性は、常にモチベーションを保っています。

魅力的な女性の代表といえば、芸能人やモデル。

彼女たちは、人に魅せる仕事ですので、常に美意識というモチベーションをもち、エステに通ったり、運動したりして、体のメンテナンスをしています。

もちろん、自分ができる無理のない範囲から始めて、少しづつ何かに対してモチベーションを保てるように、自分磨きをしていきましょう。

自分磨きは、魅力的な女性の基本です。

 

食事の仕方


 

食事の仕方で、魅力的な女性だと感じた事はありませんか?

おおざっぱで男っぽい女性が丁寧な食べ方をしていたら、そのギャップで魅力的に見えることでしょう。

もちろん、ギャップがなくても、食べ方がきれいな女性というのは魅力的です。

いつもパンをそのままかじっているのだとしたら、手でちぎって食べるようにしてみてください。

ちょっとしたしぐさで、魅力はアップします。

 

食へのこだわり


 

体と心に良い食べ物を摂りましょう。

たまに食べるぐらいであればいいですが、ジャンクフードは、あまり食べすぎるとよくありません。

また、料理の見た目にもこだわれると、心にも栄養がとれます。

『こんなにおいしそうな物を食べた』という満足感で、心はお腹一杯になります。

体には、自然食や無添加の物を…、と言いたいところですが、ここまでするのは、今の時代、なかなか難しいです。

ですから、できるだけ自炊し、野菜を食べるようにすると、体調の変化もそうですが、お肌の調子もよくなります。

体も心も満足させる食事ができるように、心がけましょう

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

魅力的な女性像というものは、人それぞれで、感じ方は違うと思いますが、内面の美しさが欠けていては、絶対になれるものではありません。

自分という軸を持っている芯の強い女性は、歳を重ねても、魅力的な女性のままでいられるます。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント