優柔不断な性格を直す4つの方法

優柔不断

AかBか選ぶのに、非常に苦労する自分の優柔不断な性格に苦しんでいる方もおられるでしょう。

AもBも両方とも一度に手に入れてしまえば良いと言う方もいますが、世の中はなかなかそう都合よくいくものでは ありません。特に、恋愛問題などでそういった方法を実行しようとすると、多くの場合、大変なことになってしまいます。

今回の記事においては、優柔不断な性格を直す4つの方法を紹介いたします。 [続きを読む…]

先延ばし癖を克服する5つの心理操作術

先延ばし

やらなければいけないとわかっているのに、物事をついつい先延ばしにしてしまう・・・。

誰にでもよくあることだと思います。

先延ばし癖というのは、大きく分けて、2つの原因があります。

1つは、それに向かってやろうという動機づけ(モチベーション)が弱い。(動機づけには外部的なものと内部的なものがあります。)

もう1つは、やる気はあるのだけれども、何から手をつけてよいのかわからないという事。

今回の記事においては、この2つの原因に応じた先延ばし癖を克服する心理操作術をご紹介します。 [続きを読む…]

アッシュの同調実験からわかる危険な3つのコト

アッシュの同調実験

同調圧力と同調行動を検証した有名な実験に、アッシュの同調実験があります。

実験の手続きは簡単です。大きなテーブルを囲んで7人の大学生が着席し、実験者が呈示する2枚のカードを見比べ、基準カードに描かれた『線』と同じ長さの『線』を、比較カードに描かれた3つの『線』の中から選ぶことを繰り返すというものです。このとき、実際の被験者は6番目に答える1人の学生だけで、他の6人は実験に協力するために参加したサクラです。

周囲のサクラが間違った回答をすると、それにつられるようにして被験者も間違った回答をしてしまう。

今回の記事においては、アッシュの同調実験からわかる危険な話を語ります。 [続きを読む…]

希少性の原理を生活に活かして有利に生きる4つの方法

希少性の原理

経済学において、『すべての財・サービスの経済的価値はそれらのものの希少性に依存する』としてG.Casselは財の価値を規定する重要な概念として希少性の原理を唱えました。

心理テクニックにおいて、希少性の原理を言う場合には、『何かの機会の価値を高く見せかけるためには、その機会を希少なものであると相手に信じさせればよい』といった内容になります。

希少性の原理に基づく手法としては、競争者の存在をちらつかせる、アクセスや個数を制限する、締め切りを設ける、いったん与えておいて取り上げるといった手法があげられます。

実社会において、希少性の原理は様々な場面で活用されています。あなたも希少性の原則を自分の生活に役立ててみませんか? [続きを読む…]

リンゲルマン効果から学んだ4つのコト

リンゲルマン効果

リンゲルマン効果とは、単独で作業するよりも、集団で作業する方が、一人あたりの作業量が低下する現象をさします。

リンゲルマンの実験では被験者にロープを引っ張らせ,その強さを測定しました。その結果,たとえば8人で引っ張った場合、一人当たりの引っ張る力は、単独で引っ張った場合の約半分となることが明らかになりました。

リンゲルマン効果は、社会的インパクト理論やマズローの欲求5段階説(生理的欲求・自己尊厳欲求)などから説明が可能です。

今回の記事においては、リンゲルマン効果から学べることを紹介します。 [続きを読む…]