自分の性格を変える方法!理想の自分に変わりたい、人生を変えたいを叶える

    性格を変える

    あなたは自分の性格が好きですか?

    実は、自分の性格に悩み、性格を変えたいと思っている人はたくさんいます。

    本当はこうなりたい、という理想の自分を描きながら

    自分には変わることなんてできない・・・

    そう思い続けているのです。

    しかし、ここに断言します。

    性格は、変えられます!!

    今回は、理想の自分に性格を変える方法をお伝えします。

     

    自分の性格を変える方法!理想の自分に変わりたい、人生を変えたいを叶える

     



     

    多くの人が抱える、性格の悩み


    「自分の性格が嫌い」という人は、自分の性格のどのようなところが嫌いなのでしょうか?

    人をねたんでしまうところ、変にプライドが高く相手を見下してしまうところ、自分の思うようにいかないとわがままを言ってしまうところなど、「意地悪タイプ」の性格でしょうか?

    または、言いたいことがあってもはっきり言えないところ、人見知りで引っ込み思案になってしまうところなどの「恥ずかしがり屋タイプ」の性格でしょうか?

    他人にとってはまったく気にならないささいなところでも、本人にとっては重大なことだったりするものです。

    一度気になりだすと、とことん嫌になってしまい、どんどん自分が嫌いになってしまいます。

     

    性格は変わらないもの?


    何度も言いますが、性格は変えられます。

    「性格は変えられないもの」「自分なんか変わることはできないんだ」と自分で決めつけてしまっている人がたくさんいます。

    しかし、その強い思い込みこそが、理想の自分へと変わることを邪魔しています。

    1979年から11年間もの間、英国の首相を務めたマーガレット・サッチャーの名言に、このようなものがあります。

    考えは言葉となり 言葉は行動となり 行動は習慣となり 習慣は人格となり 人格は運命となる。

    つまり、「性格を変えられない」という考えを持っていると、その言葉が自分の運命を決めることになってしまうのです。

    あなたが「自分は理想の自分になることはできない」という考えを持っている限り、いつまでも理想の自分に変わることなんてできません。

    しかし、これは逆に言うと「性格は変えられる」「私は理想の自分に変わることができる」という考えを持つことさえできれば、その考えの通りの運命を手に入れることができるということになります。

     

    【性格タイプ診断】あなたは内向的 or 外交的?


    あなたが普段、物事を判断するときに、どのような情報から判断しますか?

    スイスの精神学者ユングは、「何を基準に物事を判断するか」によって、人の性格を大きく「思考型」「直感型」「感覚型」「感情型」の4つのタイプに分けました。

    思考型・・・よく考えてから行動する、冷静判断タイプ

    直観型・・・インスピレーションを重要視する、フィーリング判断タイプ

    感覚型・・・自分の見聞きしたものから情報を得る、五感判断タイプ

    感情型・・・自分の心地よさを重視する、好き嫌い判断タイプ

     

    さらにそれぞれを「外向タイプ」「内向タイプ」のふたつに分け、合計16タイプの性格に分類しています。

    外向タイプ・・・意識が自分の外界に向かい、積極的に人と関わろうとするタイプ

    内向タイプ・・・意識が自分の内側に向かい、人とのかかわりには消極的なタイプ

     

    さて、あなたはどのタイプの性格でしたか?

    お時間のある方は、こちらのサイトの性格診断テストを受けてみてください。楽しいですよ。>> https://www.16personalities.com/ja

     

    性格を変えるとメリットがある


    性格を変えたい、と心に思うとき、「もっと意地悪になってやろう」「もっと人と関わらないタイプの人間になりたい」と、ネガティブな方向に変わりたいと考える人はいませんよね?

    性格を変えたいと思うときは、「自分の性格のいやなところ」を治して、自分をよりポジティブな性格に変えたいと願うはずです。

    つまり、性格を変えることは、「今よりも良い自分に変わること」と言えます。

    性格を理想の自分に変えることで、職場や学校などで周囲からの評判も当然よくなります。

    人見知りで引っ込み思案な性格を変えれば、自分から発言できることを評価され、外向的になることで友達もたさんできるはずです。

    自分の好き嫌いで物事を判断し、わがままに振る舞ってしまう性格を変えれば、嫌なことも積極的に引き受けてくれる、頼りになる人材として職場で多いに評価されるでしょう。

    ポジティブに性格を変えると、このように「引き寄せの法則」によって、自分にとって良いことがたくさん起こります。

    もし、今の自分を変えたいと考えているのなら、ぜひ「理想の自分」に変わることができるよう、次でお伝えする5つの方法をお試しください!

     

    今から始めよう!理想の自分に変わる5つの方法


     

    1.「自分は変わることができない」という考えをやめる


    先にお伝えした通り、自分が考えていることによって、自分の運命は作られます。

    行動心理学においても、その人の行動から思考や感情を読み取ることがあるように、その人の行動には普段の「その人の思考」が大いに関係しています。

    つまり、「性格は変えられない」という思い込みをやめて、「自分は変わることができる」「理想の自分になることができる」と考えるようにするだけで、発言や行動を変えることができます。

     

    2.なりたい自分をイメージする


    「自分は変わることができない」と考えることをやめたら、次に「理想の自分」を具体的にイメージしてみましょう。

    憧れの先輩や有名人など、実際に見ることができる人のまねをすることから始めてもいいでしょう。

    最初はその人のまねでしかなくても、それを繰り返すうちに自分のものとして取り入れることができます。

    具体的な理想像を実在の人物に設定することで、目標を可視化でき、イメージしやすくなります。

     

    3.「理想の自分」のイメージ通りに行動する


    「理想の自分」を設定できたら、そのイメージ通りに実際に行動しましょう。

    最初は今までの自分の行動パターンと違うことに違和感を覚えることでしょう。

    しかし、繰り返して行うことで、いつしかその行動を自分のものとして取り入れることができます。

     

    4.外見を変えると内面にも影響がある


    性格を変えたいと思うとき、外見を「理想の自分」に変化させることもとても有効です。

    仕事に行くときにスーツを着てネクタイを締めると、気持ちが引き締まりますよね?

    逆に、リラックスできるような楽な服装をすると、気持ちが緩みます。

    他にも、結婚式でウエディングドレスを着れば、おごそかな心持ちになりますし、喪服を着れば、神妙な気持ちになります。

    このように、外見と内面は、深く関係しています。

    形から入っていくのも、理想の自分になるために有効です。

     

    5.ネガティブなことに近づかないようにする


    理想の性格に変わるためには、「理想としないもの」に近づかないようにすることも重要です。

    何度も言うように、思考がその人の性格を作ります。

    陰口を言う人や、うわさ話が好きな人など、ネガティブな印象を振りまく人のそばにいると、その人からの情報を意識に取り入れてしまい、ネガティブな思考になってしまいます。

    ネガティブなことほど、強く記憶に残るものです。

    理想の自分になるためには、他人からのネガティブなイメージを取り込まないようにすることも大事になってきます。

     

    まとめ


    いかがでしたか?

    性格を変えることは一見難しいことのように感じますが、実は、「考えを変える」だけで、理想の自分に変わることができます。

    性格を変えることは、自分をポジティブに変えることにもつながり、いいことしかありません。

    ぜひ、この考え方を取り入れて、理想の自分に近づいてくださいね!

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら


    わせて読みたい


      コメント