頭の回転が遅い悩みを解決する7つの方法

頭の回転が遅い 悩み

同じように会社に入り、同じように仕事を教えてもらっているはずなのに、なぜか要領が悪い人っていますよね?

こういうタイプの人の中には「自分は頭の回転が遅い」のだという悩みを抱えている人が少なくありません。

頭の回転が遅い、または頭の回転が速いという言葉を耳にする時、あなたはどんな印象を抱くでしょうか?

頭の回転が速い人は、機転がきいて仕事のスピードも速いイメージのはずです。

そして一方、頭の回転が遅い人には、要領が悪く、仕事でも失敗をしがちなイメージを持っているはずです。

せっかく頑張っているんだから、頭の回転を速くして、仕事でも人生でも、成功と信頼を勝ち取っていきたいものですよね?

そこでここでは、頭の回転が遅い人に役立つ解決策をお伝えしていきます。

 

頭の回転が遅い悩みを解決する7つの方法

 



 

睡眠をしっかり取る


頭の回転が遅い原因としてまず考えられるのが「睡眠不足」です。

睡眠不足は正常な判断能力の妨げとなり、その結果頭の回転が遅い状態を引き起こしてしまいます。

ですから、まずは何よりも睡眠をしっかり取るように心掛けてみましょう。

とは言っても、ただ長い時間眠れば良いというわけではありません。

頭の回転を速くするには、良質な睡眠を取ることが大切です。

最も思考がクリアになる睡眠時間は、6~8時間だと言われています。

そうしたことも考慮して、睡眠時間を確保することを最初に行いましょう。

 

早起きをする


適度に睡眠を取ったら、次は早起きを心掛けてみてください。

頭の回転が速いということは、脳がしっかり活性化されているということです。

脳を活性化させるためには、ただ一生懸命、脳トレをやればいいということでもありません。

脳トレは、脳の働きを活発にするために必要なことですが、それと同じように必要なのが休息です。

脳は、休息と活性という刺激を交互に与えることで、活発に働くようになります。

ですから、しっかり睡眠を取り脳を休息させた後は、早起きをすることで脳を活性させることが大切なのです。

特に、人間の脳は午前中にしっかり働くとより脳の働きが良くなり、その結果、頭の回転が速くなると考えられています。

午前の就業開始時間にしっかり頭の回転を速くしたいなら、その約2時間前には起床しておくのが理想です。

頭の回転が遅いとお悩みの人は、ぜひ早起きすることを心掛けてみましょう。

 

初めてのチャレンジ


睡眠や早起きなどの日常的なことの他にも、脳を活性化するのに良いことがあります。

それは、自分にとって「初めてのことにチャレンジする」ということです。

頭の回転が遅い人は、頭の回転を速くするために脳を活性化していく必要があります。

そして、脳を活性化するのに良い方法の一つが「いつも使わない部分の脳を使う」ということです。

初めてのことにチャレンジする時、人の脳はいつも自分が使っていない部分にも刺激が及びます。

そのように、様々な部分に刺激を与えることが脳の活性化には大変重要なことなのです。

特に効果的なチャレンジは、語学の勉強や資格取得のような、いわゆる「頭を使う」チャレンジです。

もしあなたが頭の回転が遅いと悩んでいるのであれば、この機会に新しい資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?

資格取得もできて、頭の回転も良くなれば一石二鳥です。

 

人とのコミュニケーションを増やす


資格取得や語学の勉強のようなチャレンジと同じように、脳の活性化を促してくれるのが「対人コミュニケーション」です。

人とのコミュニケーションを増やすだけで、脳が活性化して頭の回転が速くなると言われています。

この時にぜひ参考にしていただきたいのが「パーソナルスペース」です。

パーソナルスペースとは、心理学において人間が持っている縄張り意識を表す範囲を示すものです。

つまり、自分を中心に考えた時に他人に入ってきてほしくない空間のことをパーソナルスペースと呼びます。

頭の回転が遅いと悩んでいる人が、このパーソナルスペースを無視してコミュニケーションを取ることばかり考えてしまうと、ストレスが溜まりかえって良くありません。

ですから、パーソナルスペースを理解してコミュニケーションを取るように心掛けてみましょう。

まずは、相手との距離を約1m前後に保つようにすれば、ストレスを溜めずに人とコミュニケーションが取れます。ぜひ試してみてくださいね。

 

自分の悩みを具体化する


頭の回転が遅いと思って様々な努力をしてみても、なかなか結果が出ない…そんな悩みを抱えている人も少なくありません。

そんな時は、自分の悩みをしっかりと具体的に確認していくようにしてみてください。

頭の回転が遅いということばかりにとらわれていると、具体的な解決策を見出すことができません。

ですから、今の自分が

 

「どういうことができていないのか」

「なぜできないのか」

 

ということを具体的に紙に書き出してみましょう。

紙に書き出してみることで、自分が抱えている悩みを視覚的に認識することができます。

そうすることで、頭の回転が遅いという悩みに対する解決策も引き出すことができるのです。

 

余計なことは考えない


自分の悩みを具体化することができれば、おのずと解決策を見出すことができていきます。

余計なことは考えずに、その解決策だけに考えを集中させていきましょう。

頭の回転が遅いと悩んでいる人の中には、気持ちの切り替えが苦手という人も少なくありません。

ですから、頭の回転が遅いということにばかり気を取られないようにすることが大切です。

こうした時には、心理操作の中の一つである「宣言効果」というものが、とても有効です。

宣言効果とは、あらかじめ自分の目標を周囲に宣言するとその達成率があがるという心理操作です。

余計なことは考えずに、自分は「頭の回転が速くなる」と、周囲にも自分自身にも宣言していきましょう。

 

選択肢を絞る


頭の回転が遅いと悩んでいる人は、自分自身の頭が悪いのだと思いがちです。

しかし、頭の回転が速いからといって、頭が良いという訳ではありません。

頭の回転が速い人は、物事の選択を迫られた時に優先順位を付けて素早く選択肢を絞ることが得意だと言われています。

ですから、頭の回転が遅いと悩んでいるならば、物事の選択肢を絞るように心掛けてみてください。

選択肢が多いと、自然と迷いが生じて決断を出す時間が遅くなります。

その結果、周囲にも頭の回転が遅いという印象を与えてしまうのです。

では、どのようにして選択肢を絞っていけば良いのでしょうか?

それは、最初に、どれか1つに決めてしまうのです。そして、それと他を比較し、トーナメントさせて1番を決めるのです。

そうすれば、物事の選択に迷う時間が短くなります。

迷う時間が短くなれば、選択肢を絞ることがスムーズにできるようになり、素早く意思決定をすることができるようになるでしょう。

そんな姿をみるうちに、周囲の人々はあなたを頭の回転が速い人だと認識するようになり、あなた自身も頭の回転が遅いという悩みからも解放されていくでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まとめ


このように、頭の回転が遅いと悩んでいる人は、脳を活性化して脳を鍛えていくとともに決断力を身につけていくことが大切です。

脳の活性化には、一朝一夕ではなく継続して脳トレなどを行っていくことが必要です。

では、決断力を身につけるということは脳トレを続けていけばできるようになるのでしょうか?

決してそうではありません。

少しだけ物事の考え方を切り替えていけば、決断力がないと思っていた人でも決断力のある人になることができるのです。

自分が「頭の回転が遅い」と悩む前に、少しだけ視点を変えて自分の心理を見つめ直すことで、その悩みはきっと解消されていくはずです。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント