職場で嫌われる人に共通する8つのこと

職場で嫌われる人

「何となく職場の人に嫌われている気がする……」そんな悩みを抱えていませんか?

実は、職場で嫌われる人には、共通点があるのです。

職場で嫌われる人の共通点を知って、上手に職場の人と人間関係を築きながら、あなたのストレスを減らす方法を実践してみませんか?

 

職場で嫌われる人に共通する8つのこと

 



 

「でも」や「しかし」が口癖


 

忙しい時に仕事を依頼されたり、仕事での行き違いがあったりした時に、つい「でも」「しかし」と否定形の言葉を口にする人は、職場で嫌われる人になってしまいがちです。

忙しかったり、指摘されたりしたことが納得いかないことであっても、相手も仕事上での依頼や指摘をしているだけです。

まずは、相手の話を十分に聞いた上で、「でも」「しかし」と言った否定的な言葉を避け、相手に自分の提案や質問をすることの許可を得てから、自分の話をするように心がけます。

 

素直に謝罪をしない


 

自分の勘違いやミスをした時に、謝らない人や間違いを認めない人は、職場で嫌われる人になっている可能性があります。

仕事はチームワークで行っているので、多少なりとも自分の勘違いや失敗が、誰かに迷惑をかけたり、相手に不要の時間を使わせてしまったりしています。

“間違えたのは自分だけのせいではない”と感じたことでも、その背景は必ずしも相手には関係ないことです。

自分が誰かに少なからず迷惑をかけた、時間を使わせたとこに関して、言い訳をせず、謝罪をします。

素直な謝罪は、相手の心に好印象を与えることが多いです。その態度が、失敗を好機に変えることさえあります。

 

朝から不機嫌な態度をとる


 

朝から機嫌が悪い人は、マイナスのオーラを周囲にばらまくため、職場で嫌われる人になってしまいがちです。

朝から、仕事が楽しくて仕方がない方は少ないと思います。その朝に、挨拶をしなかったり不機嫌な顔をされたりすると、相手も「頑張ろう」と思っている気持ちがなえてしまいます。

職場での朝は、意識して、笑顔で声をだすことを心かげます。あなたのさりげない挨拶で、周囲の人が楽しく仕事を始められるなんて、素敵なコトですよね。

 

上手くいかないと感情的になる


 

職場では、仕事を急に頼まれたり、クレームを言われたりして、自分の思う通りに仕事が進まないことが多々あります。

そんな時に、感情的に泣いたり、怒りを表情や態度で表すことが多い人は、職場で嫌われる人になってしまう可能性が高いでしょう。

職場でのクレームや、急な仕事は、誰ででも起こりえることです。また、クレームはあなたに対してではなく、あなたの役割や業務上のことに対しての内容が多いはずです。

言われたことを、そのまま受け入れるのではなく、相手の立場や、何が問題の本質なのかを考え、言われたことを客観的にとらえるようにしましょう。その思考過程を繰り返すことで、感情的にならず対応するようになれます。

 

悪口や噂話をする


 

誰でも、一度は職場で噂話や悪口を言ったことがあると思います。それだけ、職場の同僚や上司の悪口や、噂話はありふれた話題です。

しかし、いつも誰かの悪口や噂話をしている人は、ほぼ間違いなく、職場で嫌われて、信用されません。

職場で、誰かが他の人の噂話や悪口をし始めた時、あなたはできるだけその輪に入らないようにすることをおすすめします。

その場にいたとしても、噂話に入らない、一緒に悪口を言わない、そして誰に対しても同じ態度に接することが、あなた自身の信用を上げることにつながります。

自分が言わなくても、あなたの悪口を言う人はいると思いますが、いつも平等なあなたの態度を周りの人は見てくれているので、その悪口や噂を聞き流すか否定してくれるようになることでしょう。

 

自分のペースを崩さない


 

マイペースすぎる人も、実は職場で嫌われる人になってしまう可能性があります。

仕事の内容にもよりますが、仕事はチームで行うことが多いです。そのため、チーム全体で急いで何かを仕上げないといけない時や、提出期限を守らなければならない時に、マイペースで仕事をし続けてしまう人は、嫌われる傾向が強いでしょう。

「私はのろまだから」「自分の優先順位があるから」と、職場の他のメンバーと同じペースで仕事をしないことを正当化する言動をしてしまうと、周りの人には、あなたがすごく自分勝手に映ってしまいます。

あなたは、職場のスタッフの一人です。周囲の人の動きや忙しさ、期限にもしっかり気を配りましょう。そして、他のメンバーに迷惑をかけない範囲で、仕事の優先順位などをマイペースに決めることを心がけましょう。

また、自分がどうしても優先しなければならない仕事がある時は、あらかじめチームメンバーに伝えておくことも、職場で嫌われない対策になります。

 

性格がきつい


 

仕事ができても、言い方がきつい人は、職場で敬遠されたり、嫌われたりします。

100%相手が悪いことであったとしても、きつい言い方は、聞いている周囲の人にもネガティブな感情を引き起こしてしまいます。

どんなに長くいる職場であっても、職場の人間関係は、ある一定の距離感を持ちながら、相手の立場を思いやる言い方や発言をするように心がけた方が良いでしょう。

職場は、仕事をするために集まった集団です。相手も、同じように仕事をするために来ているだけです。

たとえ、あなたが仕事のできる人だったとしても、仕事上での「できる・できない」の評価です。

仕事ができるからえらそうにして良いわけでは決してありませんので、イラッときても、オブラートにつつんで、相手に接するようにします。

 

相手によって態度を変える


 

誰でも、相手の肩書には敬意を払うものですが、重役と目下の人に対しての態度が違い過ぎる人も、職場で嫌われる人になってしまう原因になります。

職場では、相手の肩書を知っておくことは、社会人として重要なことです。

しかし、肩書は、あくまでもその職場だけの話しです。肩書や役割の上下で、態度を変えすぎると、あなた自身の人間性を問題視される可能性が飛躍的に高まります。

肩書や上下関係にとらわれ過ぎず、どの人に対しても同じように丁寧なふるまいをすることが、あなたが職場で嫌われない対処になります。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

職場で嫌われる人は、自分の感情を態度に出し過ぎる人や、自分の役割を考えない態度をとる人です。

職場はあくまで、仕事をする人が集まった場所です。家族や友達の集まりではありません。

ですから、感情をコントロールしながら、一緒に働いている人に心を配り、円滑に仕事を進められるよう、心がけましょう。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント