【夢占い】結婚式が暗示する重要なメッセージ

    夢占い 結婚式「結婚式」は、文字通り「結ばれる儀式」ですので、「家族愛」を求めていることを暗示しています。

    「夢占い」の「結婚式」は、人間関係の希薄さに寂しさを鬱積させている心理状態の現われです。

    職場や学校、はたまた家庭における、身近な人との人間関係に物足りなさ、寂しさを感じつつ日々を過ごしていることをメッセージしています。

    潜在意識の中に植え付けられた人間関係の「寂しさ」は、全く裏腹な家族愛、友人愛に包まれた「結婚式」の夢として現われてきます。

     

    【夢占い】結婚式が暗示する重要なメッセージ

     



     

    家族愛に飢えている


     

    結婚式は言葉どおり「結ばれる儀式」です。

    家族や親せき、友人が集い、和やかな雰囲気に包まれ、「家族愛」、「友人愛」、「身近な人との愛」を体感させられる場面です。

    「夢占い」の「結婚式」は、良き人間関係の基本である家族愛に満たされない寂しさの表われです。

     

    人生の主人公になりたい


     

    結婚式は自分が主人公になり、事が進んでいきます。

    人生の中で自分が「主人公」になる場面は数少ないです。

    人生における数少ない、「自分が主人公」の体験を切望していることを暗示しています。

    いつも、裏方で陽の目をみない日々を過ごしていると、人生に物足りなさを感ずるものです。

    「夢占い」の「結婚式」は、人生の物足りなさを払拭して、人生の「主人公」になりたい心の叫びを象徴しています。

     

    寂しさに包まれた日々から「サヨナラ」したい


     

    「夢占い」の「結婚式」は、「仕事の疲れを分かち合える恋人が欲しい」、「仕事の疲れを忘れさせてくれる恋人が欲しい」という強い欲求感で、心がいっぱいになっていることを表わしています。

    日々の様々な場面で繰り広げられる人間関係により、ストレスを鬱積させることがあります。

    こうした心の疲れが慢性化してくると、癒しで包んでくれる「恋人」に救いを求めてしまいます。

     

    和やかな家庭を夢見ている


     

    今の世の中の人間関係には、殺伐とした面があります。

    職場や学校、家庭でも心が和む雰囲気が失われていることがあります。

    乾ききった人間関係を送っていると、「せめて家庭だけでも」という切実な思いにかられます。

    「夢占い」の「結婚式」は、心に安堵感が持てる家族愛を求めている心理を暗示しています。

    結婚式は、家族愛の象徴です。

     

    親しい人に囲まれたい


     

    独り暮らしの人生を長く送っていると、寂しさのあまり、「親しい人に囲まれたい」欲求で心が張り裂けそうになります。

    寂しさが極限に近付くと、親しい人間を求めるものです。

    それは家族であったり、友人であったり、幼友達であったり様々です。

    「夢占い」の「結婚式」は、独り暮らしから「サヨナラ」したい場面の象徴です。

     

    一人前の社会人になりたい


     

    「結婚して一人前」と言われる時代もありました。

    今でも、心情的には、「結婚して家庭を持つことで一人前」と思う人は少なくありません。

    こうした考えを持ち続けている人は、社会人として一人前になることを切望しています。

    「夢占い」の「結婚式」は、潜在意識に深く根付いている、「結婚して一人前」の心理の現われです。

     

    親との心的距離を縮めたい


     

    親と心情的に「うまくいっていない」人は、少なからず居るものです。

    親との距離感を縮めたいと常々気にかけていると、ひとつの解決策として、親と親しくする場面の象徴である「結婚式」の夢となって、一瞬の安らぎを味わうことがあります。

    「夢占い」の「結婚式」は、親との心的距離感を縮めたい心理状態を表わしています。

     

    友人が欲しい


     

    「夢占い」の「結婚式」は、「心を許せる友人が欲しい」という、寂しさの現われです。

    学校生活や職場での人間関係の中で、心を許せる信頼のおける友人が居ないことの寂しさは、辛いです。

    寂しさがもたらす「辛さ」に耐え忍んでいる日々を送っていると、知らぬ間に心の奥の潜在意識の中で「心を許せる友が欲しい」と叫んでしまいます。

     

    優越感に浸りたい


     

    日々の仕事の中で、優越感に浸る場面は多くありません。

    しかし、自己顕示欲の強い人にとっては、優越感に浸る場面を切望するものです。

    仕事の場面で優越感に浸ることが難しいと、自分に人々の注目が集まる他の場面を空想してしまいます。

    「夢占い」の「結婚式」は、「自分に注目してほしい」欲求が強いことの表われです。

     

    愛する人が欲しい切実な願い


     

    日々の生活を送る中で、「愛する人が欲しい」感で、心が張り裂けそうになる人は少なくありません。

    今の時代、結婚願望の人が減っていると言われていますが、「愛する人が欲しい」と切実に願っている男性、女性は少なくないです。

    「夢占い」の「結婚式」は、恋人と過ごす心和やかな場面を切望している心の渇きを暗示しています。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今の世の中は、人間関係が希薄になっている傾向が強いと言えます。

    こうした状況の中で、独り暮らしの人は特に「心を許せる異性」を強く求めています。

    心の安堵感に飢えていることの現われが「結婚式」の夢です。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント