30代になっても『彼女いない歴=年齢』な男性の7つの特徴

彼女いない歴

『実は、彼女いない歴=年齢なんです』

学生の頃や、社会人になりたての頃、こんなことを話している男性を、見かけたことはありませんか?

10代・20代であれば、彼女いない歴なんて、それほど、気にすることではありません。

しかし、30代にもなって、『彼女いない歴=年齢』の男性を見ると、『どうして、この人は、彼女がいたことがないのだろう? 』と、失礼だけれども、疑問に思ってしまいますよね?

もし、そのような男性と知り合い、ちょっといいかもと思っても、『今まで彼女がいなかったのは、なにか理由があったからなのでは? 』と疑ってしまい、適正に彼を判断することができなくなる可能性があります。

そこで、今回は、30代になっても『彼女いない歴=年齢』な男性の特徴を、7つ挙げて、彼女がいない理由を探っていきます。

 

30代になっても『彼女いない歴=年齢』な男性の7つの特徴

 



 

自分に自信がない


 

『全然かっこよくないし、仕事もそこそこにしかできないし、自慢できる特技もない。そんな自分を好きになってくれる女性なんていない……』

彼女いない歴が長い男性は、こんな風に、自分のことを、ネガティブにしかとらえられない人です。

自分に自信がなければ、笑顔も少ないでしょうし、相手の目を見て会話をすることもできないでしょう。

例えば、あなたが、職場内で、男性とすれ違うとき

1.笑顔であいさつをできる人
2.下を向いたまま、軽く頭を下げる程度で、あいさつをしているのかどうか、あいまいな人

どちらの男性に、好感をもてますか?

きっと多くの人が、好感をもてる男性は、『1』と答えるでしょう。

つまり、彼女いない歴が長い人は、『自分に自信がない』ために、行動も発言も暗くなり、そのために、女性に好感をもたれることも少なくなってしまうのです。

 

『男』として、意識されない


 

『友だちとしては、好きなんだけど、男(異性)として、意識したことはない』

あなたの周りに、こんな男友だちはいませんか?

友だちとして一緒になにかする分には全く問題なく楽しく過ごせても、『恋人にしたいと考えたことは一度もない』と言われてしまう、女性に『異性』として見られていない男性は、彼女いない歴の長い人でしょう。

つまり、『男』として意識されていない人ほど、女性との交際に、発展しにくいということです。

どのタイミングで、女性が男性を『男』として意識するのかは、人それぞれでしょうが、『男らしい、頼もしい』などの、男性特有の特徴が見られる場面が少ないと、『男』として意識されなくなるのでしょう。

 

女性とのコミュニケーションの取り方がわからない


 

女性の大半は、おしゃべりが好きです。

芸能人の話や、自分の趣味の話など、幅広くネタをもっていますし、いろんな情報を知りたいと、いつも耳をすませています。

そんな話を気持ちよく話せるように聞いてくれる『聞き上手な人』や、一緒になって話しをしてくれる『話し上手な人』は、女性とのコミュニケーションがうまくできるでしょう。

それをできない男性は、彼女いない歴の長い人でしょう。

女性と交際をしたことがある人は、なにをしたら女性は喜ぶのかを、多少なりとも知っているはずです。

しかし、女性の喜ぶことを全くできない人は、恋愛経験の少ない、もしくは恋愛経験のない人でしょう。

 

プライドが高すぎる


 

プライドをもつことは、良いことです。

プライドをもって、物事をやれる人は、かっこいいですよね。

しかし、それを鼻にかけて人に自慢しすぎたり、そのプライドがあるために人を見下すような人は、好かれません。

社会に出ると、人との違いを見せつけるために、プライドを高くもとうとする人もいるでしょう。

その意識が高まり過ぎると、『プライドがあって、かっこいい人』から『プライドが高すぎて、人を見下す嫌な人』となってしまうかもしれません。

プライドが高すぎる男性は、彼女いない歴が長いでしょう。

 

必要最低限しか外出しない


 

仕事場と家の行き来だけで遊びにも行かず、家にこもっていては、彼女なんてできません。

外出をしないということは、人と関わることを億劫に感じているということです。

そんな人に彼女はできませんよね?

もしかしたら、本当は彼女がほしいと思っていないのかもしれません。

遊びの誘いや食事の誘いに全く応じず、必要なときにしか外出しない男性は、彼女いない歴の長い人でしょう。

 

仕事や趣味に、没頭しすぎる


 

仕事に没頭するのも、趣味に没頭するのも、良いことです。

しかし、何事もやりすぎはいけません。

目の前のことだけに集中しすぎて、周りが見えなくなるような人は、人の気持ちを考えようともしません。

例えば、いつもあの人は頑張っているからと、『今日、飲みに行きませんか? 』と誘っても、仕事や趣味に没頭している人は、そんな心遣いもわからず、その誘いを断ってしまうでしょう。

そんなことが続いていたら、もう誰もその人を誘おうとは思いませんよね?

つまり、仕事や趣味に没頭しすぎて周りが見えず、周りの人の気持ちを汲みとれない男性は、彼女いない歴の長い人でしょう。

 

周りの友だちにも彼女がいない(女っ気がない)


 

『類は友を呼ぶ』

こんなことわざがありますよね?

『彼女いない歴=年齢』の男性は、周りの人も同じなのではないでしょうか?

もし、友だちに恋人がいたら、バレンタインやクリスマスなどのイベントに、その友だちカップルが参加しているのを見て、自分も参加したくなったり、『恋人がほしい』と友だちカップルに感化されていたのではないでしょうか?

しかし、周りの友だちも、自分と同じように彼女がいなかったら、『うらやましい』という感情も抱かないでしょうし、『自分だけ彼女がいない』などの危機感も感じないでしょう。

つまり、周りの友だちにも彼女がいなかったり、女っ気がないような男性は、彼女いない歴が長いでしょう。

 

まとめ


 

30代になっても『彼女いない歴=年齢』な男性の特徴を、7つ挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

この7つの特徴を見ると、『これでは確かに、彼女ができないのも無理はないな』と、思う人もいるでしょう。

しかし、よく考えてみると、この7つの特徴は人間性に大きく問題を抱えているようなものではないですよね?

男性本人が直そうと思えば、直せる特徴でもあります。

ですから、もし、気になる男性に『彼女いない歴=年齢』な人がいても、なにか人間的にダメなところがあるからだと決めてかからずに、その男性と向き合ってみてください。

『彼女いない歴=年齢』の男性に出会ったとき、この記事を思い出してくださいね。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント