【夢占い】当たる夢が暗示する重要な意味

    夢占い 当たる

    当たる夢と言っても、色々な「当たる」があります。

    宝くじや、懸賞が当たる、夢占いやその他の占いや予感が当たる、何かにぶつかるのも当たると言います。

    ここでは、どの当たるかに限定せずに重要な意味があるものだけを中心にお送りします。

    今回は、当たる夢占いが暗示する重要な意味について解説していきます。

     

    【夢占い】当たる夢が暗示する重要な意味

     



     

    宝くじや懸賞が当たる夢


     

    宝くじや懸賞が当たる夢占いは、あなたが今後豊かになるためには、賭けが必要であることの暗示です。

    このままの人生では、何も起き得ないことを示しています。

    つまり、大金を得たり、仕事が成功したり、良いパートナーを得たりするのは無理だと言うことです。

    もちろん、不幸になるということではなく、平凡に人生を終えていくと示しています。

    ただ、賭けをして、確率は低いですが、勝ち抜ける可能性はゼロではありません。

    ですが、平凡が一番で賭けをすれば勝つこともありますが、この夢はその確率が極めて低いことも同時に教えてくれています。

     

    落ちてきた物に当たる夢


     

    何かが上から落ちてきて当たる夢占いは、悪い夢に一見感じますが、比較的吉事と言える夢です。

    「棚からぼたもち」ではないですが、命の危険のないものの場合、思わぬ収入などの金運などがアップします。

    例えば、現実社会でもマンションなどの上から何か落ちてきて当ったりすれば、損害賠償や、お見舞い金などが手に入ります。

    それと同じで、夢でも思わぬものが、思わぬ状態で当たるので、現実のようにちょっとだけ良いことが起きる暗示になるのです。

    ただ、この夢は長期にわたりませんし、恐らく1度きりの幸運ですので、チャンスを見逃さずにいましょう。

     

    予感や勘が当たる夢


     

    予感や感が当たる夢占いは、あなたの周辺で予感や勘を働かさなければならないような問題が起きる暗示です。

    あなたの知らないところで、きっと色々なことが進行中です。

    この夢は凶事ですが、前もって夢が暗示してくれることで収めることができれば、吉事に近いものへと変わります。

    どんなことにも言えますが、常に物事は表裏一体ですので、悪いことの裏には良いことがあり、良いことの裏には悪いことがあります。

    それをふまえて上手にコントロールすることができれば、どちらの意味も自分次第で良くも悪くもできます。

    この夢も、手遅れになる前に知らせてくれており、最悪の状態を回避できるのです。

     

    人に当たる夢


     

    人に当たる夢占いは、文字通り今後の他者との衝突を暗示しています。

    この夢を見た後、家族などの身近な人ではない他者との衝突、もめごとが起きます。

    このケースでは、社会人の場合は社内で、学生は学校内で、もしくは恋人などとのあつれきが示されています。

    最悪の場合は、もう一生仲違いを元にもどせない場合も考えられます。

    この夢を見た時は、人との付き合い方をシッカリ見直してもめないようにしましょう。

     

    得体の知れないものにぶち当たる夢


     

    全く姿が見えない得体の知れないものにぶち当たる夢占いは、今後しばらくは大きな動きや、前へ進むことをしない方が良いと暗示しています。

    この得体の知れないものの正体は判らずとも、それは少なくともあなたを守護する存在であると考えて良いでしょう。

    特別悪いことが起きると言う暗示ではないですが、何か新しいことをしたり、大きなことをしても上手くいかないことを夢占いは教えてくれています。

    前に進むばかりではなく、人生は時として後ろを向き直して、自身の人生を改めて見つめ直す時も必要なものです。

    良い機会でもあるので、一度立ち止まって人生の休憩時間を持つことも悪くはないでしょう。

     

    恐怖を感じるものに当たる夢


     

    恐怖を感じるものに当たる夢占いは、あなたが今後非常に厳しい試練にあいますが、それを乗り越えられるかどうかを暗示しています。

    この夢を見た時に、あなたが恐怖を乗り越えていけば、今後の苦難を乗り越えることができることを示しています。

    反面、恐怖に屈してその恐怖をさけていくようなら、今後の難関を乗り越えられません。

    夢は、夢を見ている時はあなたにとって現実ですから、夢の中でも恐怖に向かっていくのかそうでないのかで、あなた自身の人間性が現れるのです。

    もし、この夢を見て恐怖から逃げたとしても、ここに書いてあることを思い出し、「その時」には勇気をふりしぼってみましょう。

     

    金のものに当たる夢


     

    金はお金のことではなく、鉱石の金のことです。

    これはどんな状況で、どんな風に当ってもその夢占いの意味としては、あなたの金運が非常に上昇することを暗示しています。

    この金運の差は、当り方と、被害の大きさで変わります。

    被害は大きければ大きいほど金運は良くなります。

    そういう意味では、もっとも被害が大きくなるであろう高所からの落下による当り方が金運がもっとも良いでしょう。

    軽く当った場合は、被害も少ないですので、小金持ち程度の金運になります。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、当たる夢占いが暗示する重要な意味について説明してきました。

    当たるということ自体が色々な意味を持ちますので、当たると一口に言っても非常に様々な内容となります。

    当たると聞くとよくも聞こえますが、障害や事故もイメージさせます。

    その中で重要な意味を持つものを並べてみましたので、参考にして最大限にいかせるようにしましょう。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「運命のオーラリーディング」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!


    わせて読みたい


      コメント