嫉妬させたい! 異性を嫉妬させて自分に向かせる7つの方法

    嫉妬させたい『どうして、もっとかまってくれないの? 』
    『どうして、嫉妬しないの? 』

    ・・・本当は、それほど私の事、好きじゃない??

    人間関係には様々な心模様がありますが、恋愛感情は、複雑さの点では最たるものです。

    男女間に恋愛感情が芽生えると、人間の持つ『本能』が心を揺り動かし始めます。

    『本能』は、『独占欲』や『競争心』として表われてきます。そして、『嫉妬心』は、一人の人間を挟んだ異性同士の『独占欲』や『競争心』をより一層、燃え上がらせます。

    ただし、どんなに嫉妬させたいと願っても、この『嫉妬心』は、1人の異性(あなた)だけでは起こり得ません。

    実は、これが『嫉妬させる』ための大切なポイントになります。

    しかし、巷に溢れているテクニックだけに走ると、大切な異性の心にダメージをもたらす危険性があります。

    それは、嫉妬させたい場合、二人の異性と交際することが前提だからです。

    そこで、その危険性も考慮に入れた上で、最も効果のある心理操作術をお伝えします。

    男女間の繊細で危うい感情『嫉妬』をマスターし、本命の一途な愛を堪能しましょう。

     

    嫉妬させたい! 異性を嫉妬させて自分に向かせる7つの方法

     



     

    本命の異性と異なるタイプの異性とも付き合う


     

    本命の異性を『嫉妬させる』ためには、異性の心に安心感を持たせず、『独占欲』や『競争心』を燃え上がらせることです。

    本命の異性に、『安心できない』感を常態化させることです。

    このためには、本命の異性とは異なるタイプの異性とも付き合い、異性間にライバル感情を燃え上がらせることです。

    ライバル感情により、『安心できない』感が芽生えることで『嫉妬』心が湧き上がります。

    こうして、『嫉妬』させておき、その後に、本命の異性に優しい言葉をかけて『安心感』を抱かせます。

    すると、本命の異性の『心を自分に向かせる』ことができます。

     

    異性の心を掴んでおいて、一気に放す


     

    本命の異性の心を『嫉妬させて自分に向かせる』ためには、『自分は愛されているのだろうか』という不安を抱かせることです。

    まず始めは、本命の異性に深い思いやりを持った態度で接して心を掴んでおき、一気に突き放します。

    突き放すキッカケは、もう一方の異性の素晴らしさに気付いたことをアピールし始めます。

    すると、本命の異性の心に『嫉妬』心が燃え上がり、あなたを『失いたくない』不安が湧き上がります。

    こうすることで、本命の異性の心を一心に『自分に向かせる』ことができます。

     

    異性の『本能』を呼び覚ます


     

    恋愛感情は、知らず知らずのうちに人間の持つ『本能』と言える『独占欲』を呼び覚まします。

    人の心が恋愛心理に陥ると、異性への『独占欲』が高まってきます。

    『異性を嫉妬させて自分に向かせる』ためには、『独占欲』を脅かすような言動を本命の異性に見せつけます。

    あなたは本命の異性に向かって、もう一方の異性のことを『あなたには持ち合わせていない一面に惹かれた』と話し始めます。

    この言葉を聞いた本命の異性は、益々『独占欲』を高ぶらせます。

    こうして、『嫉妬させる』ことで、『独占欲』が『嫉妬』心に火をつけて、本命の異性の『心を自分に向かせる』ことができます。

     

    異性の競争心を刺激する


     

    あなたは、本命の異性を『嫉妬させる』ために意図的に、もう一方の異性と会う機会を多く持つようにします。

    こうすることで、本命の異性の恋愛感情の根底に流れている『競争心』を強烈に呼び覚まします。

    特に、自尊心の強い負けず嫌いであれば、より一層強い『嫉妬』心が沸き立つと共に燃え上がる『競争心』が『異性の心を自分に向かせる』こととなります。

     

    今まで見せなかったあなたの意外な一面を見せる


     

    恋愛心理は、お互い同士、相手の本性を掴もうとする心理操作を生みます。

    恋愛心理を上手く活かして、今まで見せたことのない意外な一面を、もう一方の異性に見せることです。

    こうすることで、意外な一面を知らされていない本命の異性を『嫉妬させる』ことができます。

    『嫉妬』した異性は、『もっと他の面を私にだけに教えて欲しい』心境になり、『異性の心が自分に向く』結果となります。

     

    異性の言葉を真剣に受け入れる度合いを使い分ける


     

    恋愛感情を測るバロメーターとして、異性の言葉をどれだけ真剣に受け入れてあげるかという、ひた向きさの度合いで測ることができます。

    異性への真剣度合いに差をつけることで、異性を『嫉妬させる』ことができます。

    『心を自分に向かせたい』本命の異性の話には、あえて関心を示さない素振りを見せます。

    『自分への関心が失せたのだろうか』という不安を抱かせることで、『嫉妬』心が芽生え、『もっと私の話を聞いて欲しい』心理状態になります。

    こうすることで、本命の『異性の心を自分に向かせる』ことができます。

     

    異性同士のライバル意識を刺激する


     

    複数の異性を相手にした恋愛感情は長く続くものではありません。

    むやみに長期化させると、本命の異性が、あなたの元を去っていく結果を招きます。

    恋愛感情を早期に安定させるためには、異性同士のライバル意識を刺激することです。

    本命ではない異性とは、会う度に、お食事をするお店を変えて新鮮さを味わってもらう心遣いを発揮します。

    これを知った、本命の異性にライバル意識が沸き起こり、お互いの『嫉妬』心がぶつかり合います。

    こうして『嫉妬させる』ことで、本命の異性にも会う度に、お食事をするお店を変えてあげて新鮮さを味わってもらいます。

    こうして、本命の異性は安心感を抱き、『心を自分に向かせる』ことになります。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    異性の心を『自分に向かせる』ためには、異性同士の『独占欲』や『競争心』を刺激することが秘訣になります。

    『独占欲』や『競争心』を刺激する手段が、『嫉妬させる』です。

    本命の異性を『嫉妬させる』方法は、単なるテクニックではありません。

    目的は、異性との信頼心に裏打ちされたパートナーの関係を築くことです。

    ですから『嫉妬させる』方法も、異性との信頼を損なわないように、思いやりを持ちながら心配りをすることが大切なポイントになります。

    あなたも、異性への温かい思いやりを持ちながら、幸せな信頼関係を築き上げてください。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント