あなたが嫉妬される人である7つの理由

嫉妬される女同士の関係や職場での女性社会をうまくやり過ごすというのはどうにも難しいものです。

なぜならば、女性の集まりでは女性からの嫉妬がつきものだからです。

この記事を読んでいるあなたは、周囲からなぜか嫉妬をされてしまい困っていたり、なんらかの被害を被って疲れ切っているかもしれません。

なぜ私が人から嫉妬されないといけないの?

そう考えているあなた、実はあなた自身が気づいていないだけで周囲から嫉妬されてしまう理由を抱えているのかもしれません。

そこで、今回は嫉妬されやすい人の特徴をお伝えしたいと思います。

 

あなたが嫉妬される人である7つの理由

 



 

あなたが美人であるから


 

心理学的に、女性は本能的に周囲と自分を比較せずにはいられない生き物であるとされています。

もしも自分の周囲に美人がいれば、心のどこかで敗北感を味わっていたり、妬んでしまう女性がいるものです。

そのため、面倒に感じますが、生まれつき美人な女性は、あまり自分の美をアピールしないよう心がけることが必要です。

特に、女性だらけの職場や女性同士の集まりの場では反感を買いやすいため、より注意が必要になります。

 

幸せアピールをしている


 

人から嫉妬されやすい理由として、最も多いのがこれです。

あなた自身は自覚がなくとも、あなたのふとした発言が周囲からは自慢のように聞こえてしまい、嫉妬される原因になっている可能性があります。

30代で独身となると、仕事もすっかり軌道にのっていたり、プライベートも充実していたりとまさに女盛りの年代です。

あなたからするとごく当たり前の生活を送り、ごく当たり前のことを話しているだけのつもりでも、思うような暮らしができていない人からすると嫉妬の対象となりやすいのです。

今一度、自分の日頃の振る舞いや発言を見直してみましょう。

思い当たるようであれば、余計な嫉妬を買わぬように自分自身の話をする相手を選ぶように気をつけましょう。

 

相手の愚痴にまったく同調を示さない


 

悲しいことですが、女性同士というのは好きなものよりも嫌いなもので意気投合することで、より仲よくなってしまう生き物でもあります。

例えば、あなたが女性グループに加わって、あるメンバーから彼氏の愚痴が出たとします。

そんなとき、あなたはどういう返事をしていますか?

自分の彼氏は良い人よ、そんなことしないわ、といったアピールをついしてはいませんか?

そういったアピールは周囲からの反感をかってしまいがちです。

むやみに嫉妬されないためにも、相手の愚痴には軽く同調するくらいに収めておきましょう。

 

悪口に乗らない、もしくは乗りすぎる


 

「Aさんってちょっと感じ悪いよね? 」

などというように、女性グループにおけると悪口の同意を求められることはよくありますよね。

この時、間違って「そんなこと思わない」なんて返事をしてはいけません。

この返事が反感を買ってしまい、あなたが次の標的とされてしまいます。

かといって、「ほんと、感じ悪いよね」と同調しすぎてもいけません。

1週間後には、あなたがAさんの悪口を言っていたと周囲には噂されてしまいます。

誰かの悪口を聞いても否定も同調もしないように気をつけましょう。

悪口の同意を求められた場合は、「え、そうなの? 」「知らなかった」のように、すっとぼけるなどして共感するに留めましょう。

愚痴や悪口を深聞きする必要はありません。

ある程度話を聞いたら適当に理由をつけてその場から切り上げるようにしましょうね。

 

グループから外れることができない


 

女性は、群れる習性があります。

群れから外れて独りになることにひどく恐怖を覚える本能があるのです。

そのため、多少無理をしてもグループに属そうとしてしまいます。

ですが、女性社会は嫉妬が欠かせない社会です。

あなたがグループに属している以上、いつでも嫉妬の対象となり、嫉妬される状況に直面するなどして辛い思いをしてしまう可能性があります。

そうなるくらいであれば、いっそのこと一度グループから外れて一人になってみるのはどうでしょうか?

これはすごく勇気がいることでしょう。

ですが、辛い思いをしてまでグループでいることにあなたに何のメリットがあるでしょうか?

一時の寂しさよりもあなた自身が安心していられる環境を選ぶようにしましょう。

 

隙を見せる


 

職場では、与えられた仕事はしっかりとこなしたり、仕事仲間との連携を大事にするといったといった働きは社会人として欠かせないことです。

しかし、あなたがふと仕事に対して、「めんどくさいな」「私がやらなくても良いんじゃないの」と隙を見せてしまうと、そこを見逃さずに叩かれる原因ともなりかねません。

与えられた業務はしっかりと丁寧にこなし、周囲には謙虚さを忘れない、そういった心がけが、周囲から嫉妬されるのを上手にかわすための対処方法となります。

 

喧嘩を買う、もしくは売る


 

ある日突然、女の嫉妬のターゲットにされたとします。

そんなことになれば腹が立ち、仕返しをしたくなるかもしれませんが、ここはぐっとこらえましょう。

嫉妬されたことに腹を立て、悪口を言い合ってしまうと事体は悪くなる一方です。

不本意な悪口を言われたとしても、あなたは相手にすることなく、上手にかわしてください。

時には信頼のできる先輩や上司に相談することも効果的です。

喧嘩は売らないのはもちろんのこと、買わないことも余計に嫉妬されないために大切なことです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

女性の嫉妬は、どれもとても複雑で難しい問題です。

嫉妬されたあなたが精神的に追い込まれたり、ひどく気分が落ち込んでしまうと言った状況は何としても避けねばなりません。

今回お伝えした内容の中で、思い当たることがあった人は、少しずつ改善していく努力をしましょう。

それでも周囲からの嫉妬が収まらない場合は、転職や引っ越しなど思い切った環境の変化を行うことも有効です。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント