転職活動に疲れたときにしてほしい7つのコト

    転職活動 疲れた

    社会人としてある程度のキャリアを積んでいると感じているなら、次のステップとして転職を考えるのは決して珍しいことではありません。

    しかし、世の中は依然不景気が続いていますので、転職活動をしても、すぐに転職先が決まるかというと……なかなか難しいのが現実です。

    何度面接を受けてもなかなか転職先が決まらない時、転職活動そのものに疲れてしまい、新しい会社を訪問することさえ嫌になってしまいます。

    それでも、転職先を見つけなくてはならないとしたら、一体どうすれば良いのでしょうか?

    ここでは、転職活動に疲れた時に、もう一度、頑張る力を得るために何をすれば良いのかをお伝えします。

     

    転職活動に疲れたときにしてほしい7つのコト

     



     

    自分自身を見つめ直す


     

    転職活動をしていてもなかなか採用がもらえず、手元に来るのは「不採用通知」ばかり…

    そんな状態だと、自分に自信を無くして自分の心の平安を保つことが困難になり、心が疲れてしまうのではないでしょうか?

    そのような状態から転職活動に疲れた時には、まず自分自身を見つめ直してみてください。

    なぜ転職しようと思ったのかという原点に立ち帰り、自分を見つめ直してみるのです。

    そうすることで、自分のキャリアや経歴も思い出し、再び自分に自信を持つことができるのではないでしょうか?

    不採用通知は、決してあなた自身を否定しているものではありません。

    今までの自分を見つめ直して、改めて転職活動の力にしてみてくださいね。

     

    転職に成功した人の話を聞いてみる


     

    実際に転職に成功した人の話を聞いてみるということも、転職活動に疲れたあなたに力を与えてくれるかも知れません。

    新しい仕事の話や、転職後にアップした収入の話などを聞くと、具体的なイメージができるので参考になります。

    しかし、このような個人的な話になると、話しづらいという人も少なくありません。

    その時には、どうやって話を聞き出したら良いのでしょうか?

    こうした場合には「返報性の原理」という心理を利用してみてください。

    人は、相手が自分に何かを与えてくれると、同じようにお返しをしなくてはならないという心理が働くようになっています。

    ですから、まず自分が転職活動で困っていることなどを相手に話してみましょう。

    そうすると、相手の心に「自己開示の返報性」が働き、自分の経験を話してくれるはずです。

    ぜひ一度、試してみてください。

     

    信頼できる人に相談する


     

    それでも転職活動に戻る気にならないくらい疲れている時には、自分が信頼できる人に相談してみると良いでしょう。

    人の心というのは、個人差があるものの、ストレスを受け取れる容量が決まっていると考えられています

    ある程度はストレスに耐えられるのですが、かかるストレスが限界を超えてしまうと、心が壊れてしまうのです。

    その結果、思い詰めてうつ病など精神を患ってしまうこともあります。

    ですから、そうならないように、自分が信頼できる人に転職活動の愚痴をこぼしてみてください。

    そうすることで、心がリセットされて、また転職活動を頑張ることができる場合もあるのです。

     

    今の仕事のメリットとデメリットを考える


     

    そもそも、あなたはなぜ転職をするのでしょうか?

    そんなに転職活動に疲れた状態になってしまっても、転職をする必要はあるのでしょうか?

    今の安定した状態を捨ててでも、転職する必要があるのかを考えてみてください。

    その時に参考になるのが、今の仕事を続けた時のメリットとデメリットです。

    転職活動を始めた時には、デメリットの方が大きかったので転職を決意したはず。

    転職活動に疲れた今、それでも転職するメリットの方が大きいのかを考えてみましょう。

     

    未来予想図を考えてみる


     

    転職活動を始めた時には、キャリアアップや収入アップなどの目的をもって転職活動に臨んでいても、実際に転職活動をしても仕事が決まらないと、何のためにやっているのか分からなくなってしまうものです。

    そんな時には、目先の会社の内定を取ることよりも、さらに広い視野で「未来予想図」を考えてみると良いでしょう

    あなたの未来をイメージする時には、できるだけポジティブなイメージで未来予想図を考えていくと、転職へのモチベーションを取り戻せます。

    人の心は、ポジティブな感情がない時でも、ポジティブな思考を心掛けるだけで本当にポジティブな気持ちに変化していくものなのです。

    こうした心理現象を「プラシーボ効果」といいます。

    人の思い込みの力を利用した「プラシーボ効果」という心理現象で、良い未来を想像し、転職活動を頑張ってみてください。

     

    気分転換をする


     

    ここまでやっても転職活動をすることに疲れたと感じた時には、決して無理をしないようにしてください。

    心ができるだけリラックスするように、気分転換を図ってみてはいかがでしょうか?

    自分の好きなことに時間を裂いてみても良いですし、転職活動を休むわけにはいかない状況の場合でも、夜はゆっくりお風呂に入ってリラックスしてみましょう。

    焦りは、人の心に大きなストレスを与えます。

    時間が許す場合は気分転換をして、心をリラックスさせてあげましょう。

     

    転職活動を休む


     

    ここまでしても、転職活動で感じたストレスが解消できないと思った時には、思い切って転職活動を一度休んでみるのも良い方法です。

    なかなか転職先が決まらず焦ってしまう時には、何をやってもうまくいかずに空回りしてしまうものです。

    そんな時には、思い切って転職活動を一時休止するのも良いでしょう。

    その期間は、しばらく転職活動のことは考えないようにしてください。

    お休みすることで心がリフレッシュして、再び転職活動に向き合うことができます。

    気持ちが落ち着いたら、再び転職活動に頑張ることができるはずです。

    一度休むことはとても勇気がいることですが、思い切ってやってみると意外と良い結果がもたらされるかも知れませんよ。

     

    まとめ


     

    転職活動というのは、何よりもあなた自身のために行うものです。

    ですが、そんなあなた自身が転職活動で疲れたと感じてしまっていては、何のために転職するのか分からなくなるのではないでしょうか?

    まずは、転職活動で感じた疲れやストレスを解消することから始めてみましょう。

    心から転職活動を楽しむことができるようになれば、必ずあなたの元に良い結果がもたらされるはずです。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら


    わせて読みたい


      コメント