ハブられるとやってしまいがちな7つのNG行動

ハブられる

いつもは一緒なのに、最近、私だけ誘われていない気がする。みんなからハブられているかも・・・

そう感じたことはありませんか?

女性は特に、集団で行動することを好むものです。

ランチ会や女子会をよく開き、職場での派閥ができるのも女性の方が多くみられます。

そんな中で最近、「ハブられる」という問題も良く聞かれます。

グループの中でただ1人だけ仲間はずれにされ、グループの集まりなどに誘われなくなり、集団から外された不安でストレスを抱えるケースもあります。

もし自分がグループからハブられることになってしまったら、あなたならどうしますか?

 

ハブられるとやってしまいがちな7つのNG行動

 



 

ハブられてしまう人の特徴とは


 

もしかしたらハブられているかも知れない、と感じるのは、どういうときでしょうか?

みんなが、自分が知らない出来事の話をしている、メールグループで自分のメッセージだけ、スルーされているなど、今までとは違った雰囲気を、女性は感じ取りやすいものです。

ハブられる人には、共通の特徴があります。

清潔感がない。
自慢話が多い。
内向的すぎて付き合いにくい。
美人すぎて近寄りがたい。

 

もちろん、ただの偶然で、気にしすぎているということもあります。

しかし、集団から外されてしまうということは、大きな不安となります。

そんなとき、その不安な状況から抜け出したいあまり、逆効果なNG行動をしてしまうことがあります。そしてそれが、状況を悪化させるのです。

グループからハブられるとやってしまいがちなNG行動とは、どのような行動でしょうか?

 

キレる


 

自分がハブられているとわかると、「なんで私がハブられるの?」と、グループの他のメンバーに対して頭にくることがあるでしょう。

そして、その怒りの感情を、他のメンバーにぶつけてしまいたくなりますよね?

しかしそれは、状況を悪化させるNG行動です。

ハブられていることが誤解だった場合、早とちりで怒りを向けられた他のメンバーは、良い気分はしないでしょう。

また、そのようにカッとなってしまうところが、ハブられる原因なのかも知れません。

 

自分を仲間に入れろと言う


 

他のメンバーが自分の知らない話をしていると、誘われなかったことを寂しく感じてしまいます。そして、次は自分も加わりたいと思うあまり、「次は私も誘ってよね! 」と誘うことを強要するような言い方をしてしまいがちです。

そのように強引な言葉を言われては、誘いたいとは思われないですよね?

たまたま、タイミングが合わなかっただけということもありますので、たまにはそういうこともある、と、深く考えないことがベストです。

 

ネガティブにおちいって引きこもる


 

自分がハブられていると知ったら、今まで仲良くしていたメンバーに嫌われたとショックを受けますよね?

そうしてハブられたことがショックで、そのグループに会うことを避け、家に引きこもってしまう人もいるでしょう。

しかし、これも、さらに状況を悪化させるNG行動です。

「どうせ私なんか」とネガティブにおちいったり、「ハブられるなんて、私ってかわいそう」と悲劇のヒロインを気取ったりする様子が、さらにハブられる原因を作るのです。

ひとりよがりに自分をかわいそうだと嘆く女性は、女性から嫌われるタイプの上位に、常にあげられています。

 

嫌味を言う


 

自分にはわからない理由でハブられると、頭にくることは誰にでもあるでしょう。

しかし、だからと言って、他のメンバーに対して嫌味を言うのはよくありません。

「いいわね、あなたは誘われて」
「私は誘われていないから」

 

など、頭にきている気持ちをストレートに口に出しては、さらにハブられる原因になるでしょう

誘われなくて寂しかった、次は誘ってほしいということを、さりげなくアピールするのが良いでしょう。

 

気にしていないと強がる


 

ハブられていることを知って、私はそんなことまったく気にしません、とアピールして強がって振る舞うことも、NG行動の1つです。

ほかのメンバーは、本当はこのグループにいたくなかったんだと受け取り、ほかのグループもその様子を見たら、グループに入れようとは思わないはずです。

ハブられたことを気にしすぎて過度に消極的になることもNGですが、開き直って堂々と振る舞うことも生意気ととらえられることがあります。

 

SNSでグチを言う


 

ハブられているとわかったら、誰でもショックを受け、不満を言いたくなりますよね?

しかし、グループのメンバーに直接不満をぶつけるわけにはいきません。

いまや、ほとんどの人がやっているSNS。

匿名でも、気軽にさまざまなことを書き込むことができるため、誰にも言えない不満やグチをぶつける先になってしまいがちです。

ところが、世界中の誰がどこで見ているかわからないのがSNS

グチを書き込むことに夢中になり、エスカレートしてしまうと、ひょんなところから他のメンバーに愚痴を書き込んでいることが知られ、トラブルにならないとも限りません。

 

悪口を言う


 

ハブられたときの行き場のない悲しみから、自分をハブにしたメンバーの悪口を言いたくなる、その気持ちはわかります。

100%非の打ちどころない人間はいません。

誰でも、相手の多少の悪い面を我慢しながら人間関係を築いています。

今まで我慢していたことがハブられたことによって爆発して、メンバーの悪口をグループ内やメンバー外の人たちに言いふらすことは、最大のNG行動と言えるのではないでしょうか。

人の悪口を言いふらすような人と、仲良くしたいと思う人はいません。

グループから外されるだけでなく、周囲の人全員から嫌われて、本当にひとりぼっちになってしまうことでしょう。

人の悪口を言うことは、悪口の対象になった人よりも、言いふらしている人をおとしめます。

どんなことがあっても、悪口は良くありません。

 

まとめ


 

いかがでしたか?

今回はハブられる人の特徴と、ハブられたときにしてはいけないNG行動についてお伝えしました。

もしかしたら、このような行動を取った経験があるのではありませんか?

ハブられていると感じたときは、あまり気にしないことです。

自分に悪いところがあったなら、そこを改めて、あとは自然でいることが一番良いのです。

グループを作りたくなるのが、女性の心理。

時には面倒だなと思っても、仕事のミスや失恋で自分が落ち込んだとき、味方になってくれるのは、友達です。女性同士だと、特に結束力が強いので、頼りになります。

自分のことをわかってくれる味方がたくさんいることは、幸せなことです。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント