【解決】一目惚れした男性への効果的なアプローチ手法7ステップ

    一目惚れ アプローチ一目惚れは女性であれ、男性であれ、起こり得る事ですが、一目惚れと言うと、多くの人が特殊なケース、または、余程理想の相手だからだと思いがちです。

    しかし本当は、全ての人が「好き」、「愛している」とまでは意識していなくても、出会い頭に、深層心理下で一目で気に入っている、気にいらないと決めてしまっているのです。

    つまり、全ての人が、一目惚れしていると言っても過言ではありません。それが、顕現意識にまで到達しているかどうかだけの問題なのです。

    ここでは、あくまで顕現意識、つまり自分自身が把握できているケースにおけるアプローチにスポットを当ててお伝えします。

    一目惚れした男性には、どの様なアプローチが効果的なのか、ねちっこく見て行きましょう。

     

    【解決】一目惚れした男性への効果的なアプローチ手法7ステップ

     



     

    出会いのパターンでアプローチは変わる


     

    正直なところを言うと、男性が女性を口説くよりも、女性が男性にアプローチする方が遥かに簡単で、成功する確率は極めて高いです。

    例えば、肉体関係にまで持ち込むのは、女性側からのアプローチである場合、成功率は余程でない限り100%に近いと言えます。

    男性が同じアプローチをしても、初対面でそこまで持ち込むのは、せいぜい10%くらいの確率でしょう。

    そう考えると、女性は男性ほど一目惚れの相手にアプローチする際に心理学云々と深く考える必要は無いのかも知れません。

    しかし、その後、真剣に交際する、大切にされると言う側面では、アプローチとタイミングは重要になります。

    簡単に自分から身体を許したりすれば、交際ではなく、セフレとして扱われる場合もあります。

    女性の場合は、一目惚れの相手を落とせるか、落とせないかよりも、どうすればキチンとした交際ができ、大事にしてもらえるかと言う観点で考えるのが正解でしょう。

    例えば、合コンなどで出会い、単純に積極的に向き合えば、真剣な交際に至る場合は少ないことは、実経験からもおわかりでしょう。

    ここでは、どこでどんなシチュエーションで出会うかによって、アプローチのパターンを変えなければならないと言う事だけ、まず覚えてください。

     

    追うよりも追わせるアプローチ


     

    男性に限って言うと、なぜか不思議な事に、追われると逃げると言った性質があります。

    これは、原始の名残で狩猟民族ではなかったにせよ、男性は獲物を追う特性があることに起因しています。

    男性は、常に追う立場で、それを得る事に快感を持ちます。ですので、一目惚れで覚えてもらう事は必要ですが、自分から強いアプローチをする事は好ましいとは言えません。

    女性が一目惚れの男性にアプローチする場合は、「気にさせる」事が重要で、自分自身が「あなたを好きですよ」と印象付けることではないのです。ですから、決して、相手を好きである事を悟られないようにしましょう。

    とは言え、興味が無さ過ぎる事も、昨今の現代男性にはあまり良くありません。

    「興味はあるが、好きではない」と言うスタンスをしっかり示す事と、場合によっては好きなる可能性が高いと思わせる事が大事です。

     

    性的アプローチは男性に有効である


     

    男性にとって性的アプローチは、何よりも効果があるアプローチ方法です。

    ですが、あからさま過ぎることは良くありません。特に、草食系男子は処女性を求めます。

    性的な事に慣れていると言うアピールをするのではなく、性的な事を肉体と仕草で表現すると言う事なのです。これは、男性の心に強く残ります。

    ですが、そこに「軽さ」を盛り込んではいけません。

    身持ちは固いが性的アプローチがあると言う印象を相手に与えるのです。

    これは一見すると難しく、簡単には出来ないと感じるかも知れませんが、決してそんな事はありません。

    例えば、あなたが胸が大きかったとします。

    せっかくですからこれをアピールしない手はありません。ですが、あからさまだと下品になってしまいます。そこで、胸を強調する様な服を着ますが、胸が開いた服は着ない事です。

    胸が大きいと判りながらも、それを積極的に強調しているのではないとアピールするのです。隠しているのに隠し切れていない、無意識でなっていると思わせる事が必要です。

    これは身体のどの部分でも同様です。

    自信のある身体の部位をアピールしていない素振りでアピールするのです。

     

    征服欲と独占欲は男性の二本柱


     

    男性は、女性と付き合う場合や、好きでいる時に一歩踏み出す時は、自分自身の『征服欲』や『独占欲』が満たされる時なのです。

    SやMなど嗜好はあるものの、男性の深層心理には必ず組み込まれているのです。

    初対面や一目惚れで、この征服欲と独占欲をくすぐるアプローチは

     

    ・これまでした事が無い事をその男性にすること
    ・これまでしてきたことをその男性にしないこと

     

    なのです。

    例を挙げると、もしその場が合コンだった場合、いつもなら食事を取り分けたりは一切しないのに、その日だけは、「その男性にのみ」それをするのです。

    これは、周囲の同性の友人、知人は驚きますので、必ず「いつもはしないのにどうしたの」と言った類の発言が出てきます。

    これは、男心をくすぐります。

    また、その逆でいつもは凛として同性に嫌われても取り分けなど世話好きアピールをしている女性は、その日は一切それをせずに、「ターゲットの男性のみ」にしてあげるのです。

    これもまた同性の友人、知人がポロッと「どうしたの」と言ってくる確率が高いので、男性にとって征服欲と独占欲がくすぐられます。

    こうなると、たった1日でも強く印象に残りますし、それどころかその会の間に好きになられている可能性も少なからず出てきます。

     

    癖や動きで心理を探り都度対応する


     

    人は、隠そうと思っても中々自分の気持ちを完全に隠す事は出来ません。

    興味の無い話をされ続けると、後ろへ重心がかかり、身体が微妙に斜めを向いていきます。そんな時は、視点も定まらないケースが多いと言えます。

    一目惚れの場合、当然初対面ですから相手の興味や嗜好は判りませんから、アプローチする上でも、まずはリサーチが重要です。

    あまりにころころと話を変える事が良いとは思えませんが、かと言って相手が興味の無い話を延々とするのも大問題です。

    そこで、話しをしながら相手の視線と身振りや手振りを見ながら、何に興味があり、何に全く興味がないかをしっかり探りましょう。

    男性は往々にして、女性の話はつまらないと考えているケースが少なくありません。

    上手に興味を惹く話を出来る女性には強い興味を抱きます。一目惚れと言う少ない時間の中で、『強くアプローチ』する為には、こう言った相手の心理を読み損ねると命取りになります。

     

    一貫性の原理は相手の思い込みを固定させる


     

    人は一度思った事や、感じた印象は、余程の事がない限り変えることはありません。

    これを、心理学では『一貫性の原理』と言います。固定の感情は他人に左右されません。

    人と言うものは、世の中の物事への見方全てが自分基準です。外的刺激が無い状態では、その基準に全く変化が起きないのです。つまり、それほど第一印象や、初回の出会いは重要と言えます。

    つまり、第一印象で良い印象を与える事ができれば、余程の事がない限り、その感情は変わらないという事です。

    人間の感情は、ある一定の時期までは進行性の道を辿ります。

    一貫性の法則の中で良い印象を与えれば、時と共にそれが肥大していく事になります。つまりそれは「好きになる」と言う事に繋がっていきます。

    男性の場合、特に相手に対する評価は単純で、女性ほどの複雑性は持ちません。

    それ故、騙されるのは、男性の方が数段多いわけです。

    一貫性は一方向と言い換えても良いのかも知れません。男性が女性を見て好印象を抱くのは、やはり支配に左右されます。

    いかに支配できる相手なのかと言う事が男性にとっての「良い人」の基準になってきます。そこで、一目惚れをした男性への最適なアプローチは、『従順』である事となります。

    男性は、自分の考えをシッカリ持っている女性と言うものに惹かれません。自分色に染まる相手に惹かれるのです。

    初期の段階でその印象を強く与えれば、後々、多少支配から外れても一貫性の法則ゆえに相手は気付きにくいのです。

    最初が肝心とばかりに、そこで自分を押しだすのは、一目惚れの相手にアプローチする上では大きな間違いなのです。

     

    稀少性の原理を利用して早く手に入れようとさせる


     

    人は手に入らないものや、この機を逃すと手に入る可能性が極めて低くなるものに執着を持ちます。

    一目惚れの相手へのアプローチは、ワンチャンスの場合もあります。言ってみれば、人間のレアものになるのが理想と言う事です。

    ただ、「彼氏がいる」と言うのは、あっさり諦める男性もいるので、言うのは止めておいた方が良いでしょう。だからと言って、男っ気がないと言うのは、モテない女性と言うイメージを与えてしまうので、これもまた良くありません。良い塩梅は、丁度数人に口説かれている最中だけど悩んでいると言う感じです。

    そこで、なぜ悩んでいるのかを説明するのが良いかも知れません。現在口説いてきている男性には、足りないモノがあると話すのです。

    その足りないモノと言うのが、一目惚れした男性の特徴的なものをアピールすれば、相手は当然気になりますし、自分なら付き合えるのかもと思ってしまいます。

    そこで、うかうかしていると他の男にとられてしまうと言う稀少感と焦りを誘発させれば、その後の展開は、随分楽になるはずです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    人が人を好きになる時、そのほとんどは一目惚れです。

    比較的多くの人がそれを否定しますが、一目惚れしないと言う人は、ただ単に慎重であり臆病なだけです。

    また、恋愛慣れしておらず、好きと言う気持ちや、自分の気持ちを上手に分析出来ない人とも言えます。

    ある程度、人を好きになる、愛し合うとは何かを知っている人は、一目惚れに気付きます。

    そして、チャンスとはそうそうない事も知っているのです。

    下手をすれば一目惚れはワンチャンスかも知れません。その時、その瞬間しか機会がないと考え、後悔しない様に頑張ってチャレンジしていきましょう。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント