胸が苦しい…好きすぎて辛い気持ちの解消法7つ

    好きすぎて辛い

    今恋をしているあなたにとって、どのくらい、その人のことが「好き」ですか?

    相手のことが好きすぎて辛い、胸が苦しい…そんな気持ちを抱えている人が意外と多くいるようです。

    恋愛をしている期間は、誰もが幸せの絶頂だと思いますが、相手のことが好きすぎると「誰と話しているのか」「何を考えているのか」などが気になってしまうもの。

    そうなってくると、自分の気持ちをコントロールできなくなり、苦しくなってしまいます。

    そこでここでは、好きな相手のことが好きすぎて辛くなってしまった時の気持ちを解消する方法をお伝えします。

    もし胸が苦しくて辛くなってしまった時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

     

    胸が苦しい…好きすぎて辛い気持ちの解消法7つ

     



     

    相手のことを目で追いすぎないようにする


    好きな人の姿は、ついつい目で追ってしまうもの。

    しかし、あまりにもその人の姿を追い求めてしまうと、好きな気持ちが募り、あなた自身が苦しくなってしまいます。

    ですから、必要以上に意識して目で追いすぎないようにする努力はした方が良いでしょう。

    恋愛に活用できる心理操作術の中に「ザイオンス効果」と呼ばれるのものがあります。

    ザイオンス効果とは、接触する回数が多ければ多いほど、相手に好感を抱く心理現象のこと。

    この心理操作術を上手に活用すれば、お互いに相手に対する好感度を上げていくことができます。

    ですが、この心理が過剰に働いてしまうと、相手に対する好感が上がりすぎてしまい、気持ちのコントロールができなくなる恐れがあるのです。

    そういったことから、相手との接触を加減するためにも、相手を目で追いすぎないようにする必要があります。

    この行動が、あなたの好きすぎて辛い気持ちを解消するきっかけとなるはずですから、ぜひ試してみてくださいね。

     

    メールなどを送りすぎないようにする


    目に見える形の接触ではありませんが、メールや電話などの連絡をしすぎないようにするということも気持ちをコントロールする上で必要なことです。

    好きな相手からメールや電話で連絡が来れば、当然嬉しく「また次にいつ連絡がくるのか? 」と期待してしまいます。

    しかし、期待通りに連絡が来れば良いのですが、連絡があまり来ないと、想定とは違う心のギャップが生じてしまうので、苦しくなってしまうのです。

    ですから、人は心のギャップを埋めようとします。

    この場合は、連絡が欲しいあまりに、自分からメールなどを送りすぎてしまうという行動に出てしまいます。

    すると、相手はどのように感じるでしょうか?

    あなたのことを「しつこい」「重い」相手だと認識してしまうこともあるのです。

    そうならないようにするためには、想定外のこともあるのだと、心に心に留めておくことが大切です。

    ですから、相手からメールなどが来なくても、返事を求めてメールなどを送りすぎないようにしましょう。

    そう気をつけることで、自分の心を好きすぎて辛い気持ちから守っていくことができるのです。

     

    相手に合わせすぎないようにする


    今好きな相手が、自分にとって片思いの相手である場合、好きな相手の趣味や好みにできるだけ合わせようとする女性は少なくありません。

    自分に対する相手の好感度を上げたいと思ったら、自分と相手が似ている部分を増やしていくことが効果的だからです。

    こうした心理を「類似性の要因」と呼びます。

    類似性の要因とは、相手と似ている部分が多くあると、その相手に対して好感を抱きやすい心理現象を表すものです。

    ですから、好きな相手と自分が片思いの関係にあるなら、この類似性の要因を活用して仲良くなっていくと良いでしょう。

    しかし、これもまた過剰に活用してしまうと、好きすぎて辛い気持ちを抱えなくてはならない恐れがあります。

    あまりにも相手の趣味や好みに合わせすぎてしまって、自分を見失い、好きな感情だけが募っていくのです。

    ですから、相手に合わせすぎないようにするというのも、好きすぎて辛い気持ちを解消する方法の一つだと言えます。ぜひ覚えておきましょう。

     

    他に夢中になれることを探す


    ここまでお話してきたように、あまりにも相手のことばかり考えて生活をしていると、いつもなら便利な心理現象も過剰に働いてしまいます。

    その結果、相手のことが「好きすぎて辛い」という状態に陥ってしまうのです。

    ですから、そうならないように、あなた自身も他に夢中になれることを探してみてはいかがでしょうか?

    趣味や特技がある人は、そのことに力を入れても良いでしょうし、新しく何か始めてみてもいいでしょう。

    とにかく、好きな人のことばかり考えて過ごす生活から、少し離れるように心掛けてみてください。

    あまりにも強い「好き」という感情は、自分自身を苦しめるだけではなく、時には好きな相手さえも困らせてしまうことがあるのです。

    そうならないように、あなたもこの機会にぜひ他に夢中になれることを探してみてくださいね。

     

    気分転換をしてみる


    夢中になれるほど好きなことを見つけられない…という人は、ちょっとした気分転換をするだけでもOK。

    好きすぎて辛い気持ちを解消するのに、十分効果があります。

    好きな相手のことばかり考えてしまって、辛い気持ちになってしまうよりは、気分転換をして、その気持ちを解消するように心掛けてみましょう。

    手軽にできる気分転換としては、読書や映画鑑賞などがおすすめです。

    読書や映画鑑賞は、別の世界へ仮想旅行させてくれる優れたアイテムです。

    心理的なストレスを解消するには、多少の現実逃避も必要です。

    この機会にぜひ、気分転換のために今まで体験したことのないようなジャンルの読書や映画鑑賞をしてみてはいかがでしょうか?

     

    辛い気持ちとしっかり向き合う


    気分転換では、好きすぎて辛い気持ちを解消できないという場合には、敢えてその辛い気持ちとしっかり向き合ってみることをおすすめします。

    自分は、どうしてそんなに相手が好きなのか?

    そして、どうしてそんなに好きすぎて辛いのか?

    そのような、自分の心が抱える気持ちと敢えて向き合い、しっかり考えてみるのです。

    こうした心理の働きを「投影」といいます。

    投影とは、自分の中にある悪い・認めたくない感情を他の人格に置き換えて考えてみる心の働きのことを表す言葉です。

    ですがここでは、あえて自分の中にどんな認めたくない感情があるのか、もう一人の自分と向き合うつもりで投影していってみてください。

    そうすることで、自分の中にある辛さや苦しさを認め、理解することができるようになります。

    好きすぎて辛い気持ちを解消したいと思うなら、勇気を出してぜひ試してみましょう。

     

    不安を解消する


    相手のことを好きだと過剰に思いすぎて、好きすぎて辛いという気持ちに至ってしまう原因は、一体どこにあるのでしょうか?

    それは、自分が思っているのと同じように、また自分が思っている以上に「相手が自分のことを好きでいるのか? 」ということに不安に感じているからです。

    ですから、その不安を解消すれば、好きすぎて辛い気持ちも解消されていくのではないでしょうか?

    そうした不安を解消するには、やはり相手に自分の気持ちを素直に伝えてみるのが一番です。

    そして、相手の気持ちを確認し、それを真摯に受け止めるように努めましょう。

    あなたが望んだ結果が得られる保証はありませんが、一つの答えが得られることで、気持ちに区切りを付けることができます。

    そうなれば、好きすぎて辛い気持ちや不安は解消していくはずです。

    まずはあなたから、自分の気持ちを相手に伝えてみてはいかがでしょうか?

     

    まとめ


    ここまでお話してきた「好きすぎて辛い」気持ちを解消する方法は、いかがでしたでしょうか?

    相手のことが好きすぎて辛い時には、自分の気持ちをコントロールできずにいる場合が多く見受けられます。

    まずは、自分の気持ちをしっかり見つめ直し、相手の気持ちになって自分の中にある「好き」という感情を整理してみると良いでしょう。

    ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

    高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

    そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

    その秘密とは・・・


    わせて読みたい


      コメント