生きる意味がわからない…と悩む必要がない7つの理由

    生きる意味

    ふと立ち止まり周りを見ると、同年代の女性は、結婚・出産をしている人ばかり。

    誰かに必要とされて生きている彼女たちは、キラキラと輝いてみえるかもしれませんね。

    一方、自分はと言えば、仕事もプライベートも中途半端で

    『私って何のために生きているのだろう』

    『私の生きる意味って何? 』

    と頭を抱えて悩んでしまうこと、あなたにもあるのではないでしょうか?

    『生きる意味』が何なのか

    それは、そんなに大切なことでしょうか?

    今回は、生きる意味が分からないことを思い悩む必要がない理由を7つお伝えします。

     

    生きる意味がわからない…と悩む必要がない7つの理由

     



     

    死んだとしても何も解決しない


     

    生きる意味が分からないと嘆く人たちの中には『希死念慮(きしねんりょ)』というものを持ってしまう人が少なくないようです。

    希死念慮とは、具体的な理由はないけれど、漠然と死を願うことです。

    生きる意味がわからないと思っている人は、自分に生きる価値を見いだせないから漠然と『死んだら楽かもしれない』と考えてしまうのです。

    しかし、死んでも何も解決しません。

    たとえ死んだからと言って、あなたの魂は解放され、自由になるということはないのです。

    生きて、目の前にある小さなことをひとつひとつ乗り越えて、人間として成長していくことが、あなたの生きる意味なのです。

     

    今を大事に生きることが大切


     

    生きる意味がわからないと悩んでいること自体が、とても無駄なことです。

    これまで生きてきた人生を振り返って『私の人生に何か意味があったのだろうか』と、いくら思い悩んでも、過ぎていった時間はもどりません。

    そして、『これから先も、人生に何も希望が持てない』と、不安や絶望に似た感情を抱いたとしても、未来のことなど誰にもわからないものです。

    生きる意味が分からないという人は、過去や未来を悔やんだり、不安視したりすることをやめましょう。

    今を誠実に大切に生きていくことこそ、あなたに生きる意味を与えてくれるのです。

     

    誰かのために生きてみる


     

    生きる意味がわからないと悩んでいる人は、自分のことしか考えていない傾向にあるようです。

    自分のためだけに生きていると、生きる意味を見失いがちです。

    そんなときは、誰かのために生きてみましょう。

    誰かに尽くして、生きてみましょう。

    誰かに『ありがとう』、『あなたがいて、助かった』と言ってもらえることや、誰かに必要とされることが、あなたに生きがいを与えてくれるのです。

    心理学者のアドラーは

    『私に価値があると思えるのは、私の行動が共同体にとって有益である時だけである』

    と言っています。

    つまり、誰かから『ありがとう』と感謝されるようなことをすれば、あなた自身が自分が生きている価値を見いだせるというわけです。

     

    生きがいを探そう


     

    生きる意味がわからないと嘆いているあなたは、生きがいを探してみれば良いのです。

    高尚な趣味でなくてもかまいません。

    年甲斐もなくアイドルを追いかけてみたり、美味しいものを探して全国を旅したり、どんなことでも何か夢中になれるものを探してみましょう。

    『私はこれをしているときは幸せ! 』と思えるものがあることこそ、あなたの生きる意味とも言えるかもしれません。

    他人から見たら、どんなにくだらないことでも、理解に苦しむようなことでも、あなた自身のテンションが上がるものを探しましょう。

    『生きる意味』を探すのは、とても難しく感じますが、あなた自身が『楽しい』と思えることを探すのは、それほど難しくないのではないでしょうか?

     

    意味がなくても良いと考える


     

    ところで、生きることに意味がなくてはならない、と誰が決めたのでしょうか?

    ただ毎日、生きていることだけでも、奇跡であり、それだけで価値あることなのに・・・

    生きる意味がわからないと悩んでいる人は、「立派な意味などなくても生きていて良いのだ」と考えるようにしましょう。

    生きる意味なんて、なくたって良いのです。

    でも本当は、あなたが生きていることには、意味があります。

    あなたが生まれたことを喜んでくれた人がいます。

    あなたの存在に助けられた人がいます。

     

    あなたは気づいていませんが、実は存在するだけで、たくさんの意味があることを忘れてはいけません。

     

    何かを学ぶために生きている


     

    生きていても辛いことばかりで『生きる意味が見つからない』と嘆いてしまうときは、その辛さを味わったことから何かを学びとることこそが、あなたの生きる意味だと考えてみてはいかがでしょうか?

    辛いことや挫折を味わった人ほど、他人の心の痛みを理解できるようになります。

    『生きる意味がわからない』と、生きることに疲れてしまった経験がある人は、同じ悩みを持っている人を理解し、励ますことができます。

    生きる意味について悩むことからあなたが学びとるものは、決して少なくはありません。

     

    昨日の自分より、今日の自分を少しでも成長させる


     

    あなたが『生きる意味がわからない』と毎日悶々と暮らしているなら、今日のあなたを『0』として、明日は『0.1』でも良いから、自分を成長させることを目的にしてみましょう。

    いつもより5分早起きして家事ができた、昨日よりもメイクを丁寧にできたなど、ほんのささいなことでも良いので、何か一つでも昨日の自分より成長することを目指すのです。

    小さな目標を達成していくことで、あなたは自分に自信が出て、あなた自身のことを好きになります。

    自分のことを好きだと思える人は『私は生きる意味がわからない』と、頭を悩ませることはないでしょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    『私には生きる意味があるのだろうか』と悩みながら生きているのって、虚しくて辛いですよね?

    そんな悩みにどっぷりはまってしまっているときは、誰からのアドバイスであっても、耳にも心にも届かないかもしれません。

    でも、忘れないでください。

    あなた自身は、自分の生きる意味に気づかなくても、あなたが生きていることには、間違いなく価値があります。

    どんな人間にだって生まれた意味がある、ということは忘れないでくださいね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント