メンヘラ度を診断して痛い目に合う前に回避する5つの方法

メンヘラ 診断メンヘラとは、メンタルヘルス。

つまり、精神の健康に異常のある人のことを言います。

精神疾患について、最近では、米国の精神医学会によって作成されたDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)と呼ばれる診断基準が用いられることが多くなりました。現在、日本においてはDSMが導入される以前の分類や診断(従来型分類・診断)とDSMの両方が使用されています。

広い意味で、カウンセリングや精神科医のお世話になっている人々のことをメンヘラと呼ぶことがあります。

しかし、そういう人たち全てを回避するというのは、差別の問題にもつながりかねないということはおわかりでしょう。

今回の記事においては、メンヘラと呼ばれる人たちの中で、特に実害を及ぼす危険と思われる相手を発見して、事前に回避する5つの方法をお伝えします。

 

メンヘラ度を診断して痛い目に合う前に回避する5つの方法

 



 

友人の数が少ないという人には注意すること


 

危険なメンヘラを診断して回避するために有力な方法としては、相手の交友関係をチェックすることです。

「その人を知らざれば、その友を見よ。」 という孔子の言葉もあります。

友人が少ないということは、その相手が危険なメンヘラであるということを、周囲の人々が確認しているという可能性を疑うべきでしょう。

また、他人の嘘に手ひどくだまされたという辛い経験があって、孤独を好むという孤立型パーソナリティの性格の人たちという重要な例外をのぞいては、一般論として、集団的社会動物である人間は孤独に弱いものです。

つまり、孤立している人は、もともと性格がまともであっても、孤立することによって危険なメンヘラに変貌してしまうという可能性があることも注意するべきです。

 

一見して魅力的な人に注意すること


 

ネットや印刷物における危険なメンヘラに遭遇した人たちの体験談を見ると、往々にして相手の容姿が飛びぬけてよかったという話が出てきます。もちろん、メンヘラになれば、美男美女になるといった馬鹿げた話はありません。

危険なメンヘラだという人が、性格面のマイナスを学歴・財産・容姿といった他のプラス面で補って、友人も多くいるというケースもあります。

他に補うプラス面がなければ、最初から誰にも避けられてしまうので、その危険性を発揮することなく終わります。

危険なメンヘラの体験談に登場するメンヘラの多くが、浅いつきあいだけならば、往々にして魅力的だったと言われることが多いのです。一見して魅力的な人に注意しましょう。

 

自分が善良な性格であることを強調する人に注意すること


 

危険なメンヘラを回避するためには、自称サバサバ系に注意することを説く向きもあります。それは理屈として納得できる話です。

かの名優チェーホフの師であるスタニスラフスキーは、その演技理論においては、

「背中の曲がっている人を演じるときは、背中が曲がっているのだけれども、それを隠そうとして、無理に背筋を伸ばそうとする仕草を入れなければならない」

と説きました。

人は自分がコンプレックスに感じていることを他人に見せないように隠そうとして、往々にして、その逆の方向性を過剰なまでに強調しようとします。

善良な性格であることを度々繰り返す人は、他人からそう思われていないということを自覚している証左でしょう。

 

快楽志向をうかがわせる発言が多い人に注意すること


 

危険なメンヘラが危険である理由は、理性の働きが利かないということです。

危険なメンヘラの体験談で、刃傷沙汰もよくある話です。

理性の働きが利かないということは、脳の背外側前頭前野の機能が低下しているということでもあります。

快楽志向をうかがわせる発言、自己中心的な発言を多くする人は、精神に問題を抱えている人という意味でのメンヘラです。

そういう人たちは、自分の言動の結果が自分に悪い方向に跳ね返ってくることを認識することが苦手であるため、後先を考えない危険な行動に走りやすいのです。

 

生活習慣が不規則な人に注意すること


 

先にも述べましたが、危険なメンヘラというのは、脳の機能自体に問題を抱えている可能性があります。

もちろん、職業差別は慎むべきですが、経験則として、「夜のお仕事の女性に危険なメンヘラが多い」といった印象があります。

生活習慣が不規則な人は、もともとの性格がまともであったとしても、脳の各種の機能が低下する確実性の度合いが高いということは言えるでしょう。

 

まとめ


 

いかがだったでしょうか?

精神病は現代病でもあり、ただメンタルヘルスに問題を抱えているというだけで、差別をすることは現代の社会人として失格であるとも言えます。

それでも、近づいてはいけない種類の危険なメンヘラの人たちは社会に一定の割合で存在していますので、そのような人たちを素早く発見して回避する必要があります。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント