緊張で止まらない汗を一瞬で止める多汗症対策8つ

    緊張 汗

    緊張感は誰もが経験することです。

    緊張のあまり身体や手が震えたり、汗をかいたり、身体の反応は人それぞれです。

    緊張した時に、汗をかくことはめずらしいことではなく、汗は誰もがかくものです。

    違いは、かく汗の量が多いか少ないかだけです。

    緊張モードになると、緊張している自分の姿を振り返り、ますます緊張してしまいます。

    自分で自分の身体を緊張の渦に巻き込んでいるのです。

    今回は、緊張からくる多汗症に悩んでいるあなたに対処方法をお教えします。

     

    緊張で止まらない汗を一瞬で止める多汗症対策8つ

     



     

    緊張しやすい自分を責めずに許してあげる


     

    緊張は、『周りには知られたくない自分を隠したい』心理状態から引き起こされます。

    周りの人には知られたくない自分の一面を知られてしまう恐怖心のあらわれが、緊張感を生み出すのです。

    多くの場合、『周りの人には知られたくない自分の一面』が『緊張し易い自分』であることが少なくありません。

    つまり、『卵が先かニワトリが先か』の状態に陥っていると言えます。

    実際、このような心理状態にある女性は少なくありません。

    緊張から汗をかいてしまうあなたにとって、緊張することは『天敵』のように感じていることでしょう。

    大切なことは、緊張しやすい自分を『責めない』ことです。

    緊張しやすい自分を『許してあげる』ことです。

    自分を許すことで、あなたの心は驚くほど軽くなります。

    あなたの心が軽くなることで、今までなら緊張した場面でも、プレッシャーに感じる度合いが減り、汗をかきにくくなります。

    あなたの日常生活の中で、『自分を許す』習慣が身につけば、『緊張と汗』から解放される日も近いです。

     

    緊張する場面で、『汗をかくのは自分だけではない』と言い聞かせる


     

    緊張する場面で汗をかく人は少なくありません。あなただけではないのです。

    『このような場面で汗をかくのは自分だけ』という、過敏な意識は捨てましょう。

    『自分は周りの人とは違う』という思い込みも捨てましょう。

    『人は誰でも緊張する場面では汗をかくもの』と自分に言い聞かせるのです。

    自分を特別視することを止めるのです。


    周りの人と自分を比べることを止める


     

    よく言われることですが、日本人は『周りの人と比べる』傾向があります。

    日常生活の中で、周りの人と比べて自分を振り返るのは、あなただけではありません。

    周りの人と比べる傾向の強い人は、比べた結果から『自分が劣っている面』をさがし出そうとします。

    『自分は劣る』という思い込みから、劣等意識が心を包み込んでしまい、自分の些細な感情が緊張感を生み出すことになります。

    緊張感が緊張感を生み、あなたの身体は発汗の反応に陥っていきます。

    あなたが思い込んでいる『自分が劣っている面』を隠したいという意識が、緊張を引き起こし、発汗の原因になっているのです。

    『人それぞれ顔が違うように、周りの人と自分は違って当たり前』と自分に言い聞かせましょう。

    こうすることで、劣等意識が心を包み込むこともなくなり、緊張する場面が減っていき、あなたは汗をかくことから解放されます。

     

    『自分は緊張しやすく汗をかきやすい』と決めつけない


     

    日常生活の仕事の場面などで緊張して汗をかくのは、誰もが経験することで、めずらしいことではありません。

    『自分は緊張しやすく汗をかきやすい』ことを気にするのは『些細なこと』と、自分に言い聞かせましょう。

    あなたが汗をかくことを気にする人は誰もいません。

    汗をかいても隠さずに落ち着いて平然と拭きましょう。

    汗をふく姿もおしゃれの1つです。

    落ち着いて平然と拭きましょう。

    あなたの汗を拭く姿を気にする人は誰もいません。

    落ち着いて平然と汗を拭くことを繰り返すうちに、汗をかかなくなります。

     

    緊張することは『良くないこと』と思い込まない


     

    物事を失敗なく完璧にやり遂げようとすると緊張するものです。

    物事を完璧にやり遂げようとするあなたは、失敗した時のことが頭をよぎり、緊張し、汗をかいてしまいます。

    完璧をめざす心が緊張を起こさせているだけなのです。

    あなたは自分に『完璧でなくてもいい』と言い聞かせて、心の隅に『失敗してもいい自分』を住まわせましょう。

    こうすることで、『緊張することは良くない』というこだわりから心が解放されます。

    そうすると、心に余裕が生まれ、緊張の度合いも和らぎ、汗をかくことがなくなります。

     

    『私は緊張しやすい』と宣言する


     

    身近な人や職場の人に、『私は緊張しやすい』と宣言してみましょう。

    あなたの周りの人は、あなたの宣言を聞いて

    『私もそうなの』
    『あなたが思っているほどではないよ』
    『こうすると改善できるよ』

    など、様々な反応が返ってくることでしょう。

    あなたは、周りの人の様々な反応を見聞きし、感じとることで、心が軽くなり、緊張することが気にならなくなります。

    その結果、緊張することは特別なことではないと思うようになり、汗をかく場面がなくなります。

     

    汗をふくハンカチでおしゃれしましょう


     

    緊張して汗をかいたとき、焦って汗をふくことはやめましょう。

    焦ることで、ますます汗をかきます。

    あなたは、オシャレにハンカチで汗を拭いてください。

    セカンドバッグからさり気なくとり出した、オシャレなハンカチで平然と汗をふきましょう。

    あなたの世代の女性が汗をふく仕草は、オシャレのひとつです。

    オシャレなセンスのあるハンカチで、品良く汗をふく仕草を心がけることで、汗をかくことへの恐怖心や警戒心が軽減していきます。

    意識の角度を変えることによって、緊張することが気にならなくなり、緊張の度合が減っていき、汗をかかなくなるのです。

     

    『緊張は物事に真摯に取り組む姿の表われ』と自分に言い聞かせる


     

    緊張することは、あなたが物事に真摯に向き合う人柄であることの表われです。

    あなたが、いい加減な人ではないことを意味します。

    ですから、緊張することは恥ずかしいことではありません。

    『緊張することは真摯の表われ』と自分に言い聞かせてください。

    自分に言い聞かせることで、緊張の度合いが減り、汗をかくことも少なくなってきます。

     

    まとめ


     

    緊張して汗をかくことは誰もが経験することです。あなただけではありません。

    緊張することは恥ずかしいことではないのです。

    緊張する度合は、あなたの気持ち次第。

    今回は、その度合を軽減する方法をお伝えしました。

    心を落ち着かせて、緊張からの汗から解放されましょう。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント