自分に自信がない男性が自信をつけるための7ステップ

    自分に自信がない

    「自分に自信がない」

    弱気になった時に誰もが口にする言葉。

    あなたも、つい言ってしまったことがあるのではないでしょうか?

    けれども、もしかしたら、あなたは「自分に自信がない」と思い込んでいるだけかもしれません。

    ここでは「自分に自信がない」あなたに自信をつけてもらうための7ステップをお伝えします。

     

    自分に自信がない男性が自信をつけるための7ステップ

     



     

    こうありたい、こうなりたいと強く積極的なセルフイメージを持つ


    思い描いたとおりの人間になる価値が自分にはある、と自覚をすることです。

    人間の脳は、自分が言葉にしたこと、思ったことを証明しようと、無意識に行動するように作られています。

    ですから、あなたが自分のことを「自信がないダメな人間」だと思えば、あなたの脳はそれを証明しようと行動するため、自信のない人間になっていきます。

    つまり、あなたは、自分で「自信がない」というセルフイメージを作り上げてしまったがゆえに、「自信がない」人間になってしまっているのです。

    言い換えると、あなたが「自信に満ち溢れて堂々とした人間」というセルフイメージを持ちさえすれば、「自信に満ち溢れて堂々とした人間」になれるということです。

    まずは深く考えすぎずに、あなたが、今、率直に頭に浮かんだ「こうありたい」というイメージを紙に書き出してみましょう。

     

    考えるよりも、まず行動してみる


    自分に自信がない人は、何事も考えすぎるあまり、結果として行動できない人が多く、その結果、「自信がない」と思い込んでいます。

    自信をつけるためには、失敗を恐れず、まず行動し、やるだけやってみましょう。

    失敗したらしたで、またその時に考えよう、くらいの気軽な気持ちでいる方が行動しやすいのです。

     

    言葉の使い方をポジティブに変換させる


    ポジティブシンキング、とよく言いますが、無理やりに思考をポジティブにしようとしても、逆に疲れてしまいます。

    自分に自信がない、と考えてしまっている時には、ポジティブシンキングは難しいものです。

    思考がネガティブになって「自分に自信がない」場合、周りの人には「ちょっと疲れているけれど、とっても気分がいいよ」といった感じで、ネガティブな言葉の後にポジティブな言葉を付け加えるようにしていくと、そのポジティブな言葉に思考が追いついてきて、最終的には、自分に自信が持てるようになります。

    ですから、言葉の使い方に気をつけましょう。

     

    自分の言動、行動に責任を持つ


    自分に自信がない時は、つい誰かに責任転嫁して逃げ出したい気持ちになるものです。

    けれども、それではいつまでたっても、あなたは「自分に自信がない」状態のままです。

    何事も有言実行です。

    自分が発言したことに対して責任を持って行動していけば、徐々に自信がついていきます。自分の言動と行動に一貫性を持たせるのです。

    ですが、できなかったからと言って、「やっぱり自分はダメなんだ」とは思わないようにしましょう。

    そんなときは、「たまにはできない時もある」と開き直るのです。

     

    失敗を失敗と思わず、失敗は人生の学びの1つ、と考える


    失敗ばかり続いてどうしようもないことも時にはあります。失敗が続くために、自分に自信がなくなる場合もあるでしょう。

    また、失敗を失敗だと考えることによって、さらに失敗をあなたが引き起こしてしまっている可能性もあります。

    そんな時は

    • 次にきちんとできるようになるために今回は失敗したんだ
    • この失敗は、次に成功するために学ぶべきことだったんだ

    と考えるようにすると、過剰に自信をなくさなくて済みます

     

    自分の経験を他人と共有する


    他人とのコミュニケーションが上手にとれるようになることも自信になります

    あなたが嬉しかったこと、楽しかったこと、失敗談などなんでも良いので、周りの人にユーモアを交えて話をすると、場が和みますし、信頼関係も育まれていきます。

    やみくもに話をするのは、あまり良くありませんが、今のあなたの状況を他人と共有することを心がけてみましょ

    う。

     

    相手を理解するよう努める。


    この段階まできてしまえば、今度はあなたが周りの相手を助けてあげる役回りになります。

    自分に自信がない時は、自分の殻に閉じこもりがちで、周りが見えていないことがあります。

    もしかしたら、そんなあなたにイラついて、つい文句を言ってしまった、周りが自分から離れていってしまい、さらに自信をなくした、なんてこともあるかもしれません。

    たとえそんなことがあったとしても、相手を悪者にして責めたりせず、そうさせてしまった原因は自分にもある、と相手にも理解を示して、逆の立場になった時には、あなたが手を差し伸べて助けてあげられるようにしましょう。

    周りに対して、受容の気持ちを持ち「あなたを大事に思っている」ということを伝えられるようにしましょう

     

    まとめ


    いかがでしたか?

    自分に自信を持つための7ステップをお伝えしましたが、全てできない場合もあるでしょう。

    その場合は、自分に合いそうなものをピックアップして実行するのも良いと思います。

    自信というのは、ほんのすこしの心がけで身につきます

    頑張って実行してみてくださいね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント