【夢占い】数字が暗示する重要なメッセージ

    夢占い 数字

    数字は、実に深く人間の生活に関わり、著名な宇宙物理学者も「宇宙は数字が支配している」と言っています。

    世界共通語は唯一数字であり、これまで様々な謎を解いたり、偉業を成し遂げてきたのも数字でした。

    また、古来より数字は大事にされており、まさにこの世は数字に支配されています。

    そんな数字を、夢で解き明かすのは困難な作業です。

    数字は、数字の数だけ意味があるからなのです。

    今回は数字が暗示する夢占いの重要なメッセージを解説していきます。

     

    【夢占い】数字が暗示する重要なメッセージ

     



     

    数字の夢占い


     

    数字が、深く人の人生に関係している例といえば、「ゲマトリア数秘術」や「カバラ数秘術」です。

    ゲマトリア数秘術は、ヘブライ語の数秘術で、聖書の謎を読み解くカバラ密教の主要な1つです。

    その基になっている「カバラ数秘術」は、ユダヤ教の根幹を成すものです。

    今や、数字に関連した占い本は、この名を冠したものだらけです。

    ですが、これらを正確に伝えているものは、ただの1冊もないと言えます。

    カバラ数秘術は、ユダヤ教の人間、しかも高僧であるラビですら、わずかの人間にしか伝わっていないのです。

    ですので、夢に現れる数字の意味を詳細につかむことは困難です。

    わずかにもれ伝わった、いくつかの数字の意味だけが判るのみです。

     

    数字が夢に出てくる意味


     

    数字が夢に出てくる夢占いの意味は、数字そのものの意味が重要な暗示になります。

    他に色々な要素が出てくるでしょうが、肝心なのは数字なのです。

    数字を強く意識するような夢は、ほぼ数字にのみ意味があり、その他は無視していいでしょう。

    聖書にも強調された数字は多く出てきており、数字に注目した経典は聖書は初めてとも言えます。

    この場合、数字は「占い」という部類よりももっと重要なものになります。

     

    忌み数字の夢の意味


     

    どの国にも時代にも、忌み数字(いみすうじ)はあります。

    日本では、4は「死」を意味しますし、9は「苦」を意味しています。

    西洋では、13をイエス・キリストが死んだ日として忌み嫌っています。

    こういった数字が夢などに出てくると、夢占い的にも縁起が悪いのでは? と思ってしまいがちです。

    しかし、これらには何の意味もありません。

    数字占いでは、良くこれらの数字に意味を持たせますが、何1つ意味はありません。

    そもそも、イエスが磔刑に処されたのは、13日の金曜日ではありません。

     

    3の数字の夢


     

    3の数字の夢占いは、神聖な意味を暗示する数字です。

    3は大地ができ、草と樹ができた生命の誕生の3日目を示しているのです。

    カバラでは、神聖な意味を持つシンボルとなり、全てのものが3を基本に構成されています。

    つまり、3の夢は縁起の良いもので、神聖な状態にあることを示しているのです。

     

    4の数字の夢


     

    4の数字の夢占いは、天国を暗示しています。

    宇宙は、天と地球を含む3と1の加算数4で構成されているものと考えられているためです。

    神の御座、天国、神の啓示を現しており、完全な調和を現すシンボルともなるのです。

    この夢も非常な吉事で、大いなる守護があるとうことです。

     

    5の数字の夢


     

    5の数字の夢占いは、半完成を暗示しています。

    10を絶対的完成性を象徴するものとしていますので、5は丁度半分、半完成なのです。

    半完成と言っても、半分は完成しています。

    まして、この場合の半完成は、必ず完成する予定調和の中にある半完成です。

    夢は、完成させるための努力を求めているのです。

     

    6の数字の夢


     

    6の数字の夢占いは、不完全を暗示しています。

    キリスト教では、6は悪魔の数字と言われていますが、不完全と悪魔は違います。

    また、聖書の黙示録では、666が反キリストが連れだってくる獣が冠する数字と言われています。

    ですが、最近になって黙示録の最古のパピルスが見つかり、獣の数字は616と判りました。

    それによって、6が単純に悪魔の数字ではないことが判っています。

    さらに、ユダヤ教であるカバラには、6が悪魔を示しているとは記されていません。

    ただ不完全であるため、夢に出てきた場合は、完全を目指しても無理だと示しています。

     

    7の数字の夢


     

    7の数字の夢占いは、聖なる数字で神に関する全てのシンボルで完全な吉事の暗示です。

    7は、完全数です。

    ユダヤ教のカバラだけでなく、他宗教でも神聖な数字だと言われています。

    また、多くの宗教でのあらゆる儀式にも、この7という数字は重要な役目を果たしています。

    7は、大きな吉事をもたらしてくれます。

    何をするにしても、この夢を見た時が大きなチャンスと言えます。

     

    8の数字の夢


     

    8の数字の夢占いは、新生を暗示しています。

    創世記では、7日目に全てが完成し、休息します。

    これで、1つの周期となるのです。

    よって、8日目は新たな始まりを意味しているのです。

    何かをやり直す時には、この夢を見た時がチャンスなのです。

     

    10の数字の夢


     

    10の数字の夢占いは、絶対的完全性を暗示しています。

    ですが、絶対的完全数の夢を見た場合、自分も完全であることが求められます。

    聖書の十戒に始まるように10は完全で、絶対的で、真理でもある数字です。

    吉事の夢ですが、それに値しない人に意味のない夢です。

     

    23の数字の夢


     

    23の数字の夢占いは、暗示していることが判りません。

    カバラ密教は、難解で解ける者、理解できている者はわずかです。

    その中でも、23という数字は特別なのです。

    23は、宇宙の真理であり、2全ての数字の本質を意味するものと言われています。

    つまり、森羅万象全てが23につながり、23が全てを支配していると言うことなのです。

    だからと言って、一般の人間が23という数字に捉われるとは思えません。

    しかし、繰り返し何度も見るとするなら、何らかの不思議なものとつながっている暗示かも知れません。

     

    それ以外の数字の意味とは?


     

    これ以外にも数字はたくさんあります。

    そして、カバラ数秘術ではそれぞれに意味があります。

    どのケタ数の数字も全てが無意味ではないのです。

    1桁代で抜けている数字があることに違和感を覚えた方もいるでしょうが、今回は重要な意味のあるものに限定しました。

    中でも、1桁の数字は、ほぼ旧約聖書の創世記をなぞっています。

    そのため、全てができあがり、休息に入る7日目までが特に重要になります。

    1と2は、創世記では地上さえなく人間にとってあまり関係なくマクロ的意味が強いものです。

    また、9は3の3倍という意味合いのものです。

    そして、23をご紹介した意味は、最も重要で謎めいた数字だからです。

    23という数字の意味が解ければ、宇宙の心理から神のことさえ解ると言われています。

    もし夢で、23が強調されたものを見た場合、ハッキリ何が起きるか判りません。

    もし23という数字にとりつかれた場合、神秘的とさえ言え、普通の人では昇華しきれません。

    それほど、23という数字は重要なため、ご紹介しました。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、数字が暗示する夢占いの重要なメッセージについて説明してきました。

    数字は数限りなくあり、それぞれに意味がありますので、ここで全てを紹介することは困難です。

    そこで代表的なものを中心に説明してきました。

    数字が宇宙を支配すると言われるほど難解で不思議なものです。

    夢にも大いに関係してくるでしょう。

    当たりすぎてこわい!不安だらけの人生を幸せに導くには

    私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが導かれる運命も、運命の人との出逢いも、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

    「運命のオーラリーディング」では、スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージであなたの運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

    あなたが進むべき道を知りたい方は、ぜひお試しください!



    わせて読みたい


      コメント