大人の色気を感じさせる7つのしぐさ

    大人の色気

    女性であれば、誰もが憧れる「大人の色気」。

    いやらしい意味ではなく、洗練された大人の色気溢れる女性になってみたいと思いますよね。

    ですが「大人の色気」って、どのようにしたら出てくるものなのでしょうか?

    子どもの頃は、20歳になって成人したら勝手に大人っぽくなるものだと思っていました。

    しかし、現実はそう簡単ではありません。

    周囲の人に「大人の色気」を感じて貰う為には、それ相応の立ち居振る舞いが必要なのです。

    そこでここでは「大人の色気を感じさせる7つのしぐさ」を、詳しくお伝えしていきます。

     

    大人の色気を感じさせる7つのしぐさ

     



     

    余裕のある立ち居振る舞い


     

    いつも忙しそうに時間に追われ、余裕のない姿や立ち居振る舞いには、色気を感じる事は出来ません。

    まずは、いつも余裕のある立ち居振る舞いをする様に心掛けてみましょう。

    色気というのは、精神的に落ち着いた大人の女性が持っているものです。

    大人の色気とは、落ち着いて話を聞いてくれそうな「安心感」から生み出されるものでもあります。

    ですから、心にいつも余裕をもって行動し、ゆったりとした話し方をするように注意していきましょう。

     

    色気のある所作


     

    これも前項に繋がるしぐさになりますが、あなたの所作一つ一つからも色気を感じる事が出来ます。

    一口に色気のあるしぐさといっても様々なものがありますが、その中でも最も効果的なのは所作や立ち居振る舞いです。

    人間は、外見よりもその人から滲み出る雰囲気から印象を決める傾向が見られます。

    それを活用して、周囲にあなたが「大人の色気」を持つ人だと認識してもらうのです。

    その為には、心理操作の中の「シンメトリー効果」を活用してみましょう。

    シンメトリー効果は、歪みやズレの無いものに対して「美しさ」や「安定感」を感じる現象の事です。

    芯の通った、歪みのない機敏な所作は美しく、あなたに大人の色気をもたらしてくれる事間違いなしです。

     

    色気のある声や喋り方を研究する


     

    見た目が少々子どもっぽくても、声や喋り方に色気のあると、周囲にとって「大人の色気」ある女性という印象を与えます。

    ですから、声質や喋り方を研究してみましょう。

    あまりわざとらしいと、色気というよりいやらしい印象を与えてしまう傾向にあります。

    ですから、出来るだけさり気なく自分の声や喋り方を変えていく様に注意しましょう。

    その際も、落ち着いた喋り方をすると「大人の色気」を感じやすいようですから、是非心掛けてみて下さい。

     

    「目力」を意識する


     

    自分の周囲や芸能人など…色気のある女性をちょっと気を付けてみてみると「目力」が強い女性が多い様に感じます。

    「目は口ほどにものを言う」といったことわざなどもありますから、目力をつけると相手に強い印象を与える事は理解できます。

    元々の目のつくりは変えられませんから、メイクに工夫を凝らしたり、送る視線を意識するなどして試してみて下さい。

    先程も述べた様に、目にはあなたの意思がそのまま表れるといっても過言ではありません。

    ですから、自分には「大人の色気があるんだ!」という強い気持ちを、目力に込めてみるのもよいでしょう。

    心理操作の中には「宣言効果」と呼ばれるものがあります。

    ある目標を達成するのに、あらかじめその目標を宣言すると達成率があがるという現象です。

    周囲に目で「大人の色気」を宣言するつもりで、是非試してみて下さい。

     

    自分の事を多く語らない


     

    大人の色気のある女性は、あまり自分の事をベラベラ喋らないものです。

    時には、親しくなると自分の事を全て打ち明けてしまうような女性もいますが、これは大人の色気には程遠い行動です。

    大人の色気の正体の一つは「ミステリアスさ」なのです。

    人間は、探っても探っても正体のわからない美しいものに対して色気を感じる心理を持っていると言われています。

    ですから、自分の事を語らず、特にプライベートに関しては小出しにしていく事で、大人の色気が増していくのです。

     

    品性を養う


     

    皆さんも徐々に分かってきたと思いますが、大人の色気とは決して見た目やファッションだけで得られるものではありません。

    一番大切な事…それは「品性」を持つという事です。

    見ためがいくら華やかでも、品性の無いしぐさをすると色気は台無しですし、逆に、どんなにカジュアルで気さくな格好をしていても、品性があれば色気を感じます。

    特に日本人は「品性」や「品位」を重んじる文化の中に生きていますので、生まれながらにしてそういう考え方が刷り込まれています。

    心理学的にいうところの「意識の操作」が、幼少期からの生活環境で行われているのです。

    ですから、そうした事を踏まえて、品性を感じさせる立ち居振る舞いを学び、あなたの中の品性を養っていきましょう。

     

    ものを大切に扱う


     

    これもやはり「立ち居振る舞い」に関する話になりますが、大人の色気ある女性に共通する事として「ものを大切に扱う」振る舞いが見受けられます。

    ものを大切に扱う振る舞いは、落ち着きがあり品を感じさせます。

    また、優しい包み込むような母性がないとものを大切に出来ないものであるという考え方も出来るので、

    そうした行動から、女性らしい優しい色気も感じる事が出来るのです。

    ですから、意識してものを大切に扱う事で、大人の色気も自然とあなたについてくるものなのです。

     

    まとめ


     

    あなたはどの様に感じましたか?

    真の「大人の色気」とは、決して見た目やファッションに限られた事ではないという事が分かって頂けたのではないでしょうか。

    あなたの行動や言動、ちょっとしたしぐさをかえていけば、必ず滲み出る雰囲気が変わり、それが「大人の色気」に繋がるのです。

    周囲の反応をみる…というよりも、あなた自身の心を磨くために。

    是非これらのしぐさを意識して生活してみて下さいね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント