アウトプット前提で生きると人生が変わる7つの理由

    アウトプット

    インプットアウトプットという言葉は誰でも聞いたことがあると思います。

    たいていは、コンピューターの情報の入力や出力を表現する際に使用される言葉ですが、心理学の用語でもあることを知っている人は少ないことでしょう。

    主に記憶術学習能力の向上について良く使用される言葉です。

    今回は、このアウトプットについて解説していきます。

     

    アウトプット前提で生きると人生が変わる7つの理由

     



     

    アウトプットとは何?


    学生時代の勉強では、先生が黒板に書いた内容をノートに書き写したり、声に出して教科書を読むことで記憶をしていました。

    アウトプットは、それに近いもので、記憶すべきことをただ漠然と内側に取り込む(インプット)だけでなく、それをさらに外へ出すことで、その情報をより記憶に定着させることを言います。

    つまり、アウトプットは自分が覚えたいことや、吸収したいことを外へ向けて表現することなのです。

    外へ向けて表現すればするほど自分のものとして、まるでスポンジのように自分の内側へとしみ込んでいきます。

    例えば、心の中だけでも良いので、聞いたことに対する自分なりの感想を考えるだけでも、普通にインプットするより記憶に残るのです

    テレビの討論番組などを観て、誰かの意見に自分なりに反論を理論的にしてみて下さい。

    ただ聞いているより、その意見がより鮮明に記憶に残っているはずです。

     

    アウトプットは他者とのディスカッションでもできる


    仕事の場合、同僚や先輩などとディスカッションすることでより強く吸収することができます

    ディスカッションだけでなく、スピーチやプレゼンをして聞いてもらうだけでも、シッカリ自分のものになっていきます。

    ただ、そこで重要なことは、覚えたことや聞いたことだけを話すのではなく、自分なりの考えを織り交ぜながら話すことです。

    アウトプットは、ただの暗記術ではなく、これらを自分のものにすることで吸収することをいうのです。

     

    アウトプットは必ずしも他者を必要としない


    アウトプットは、常に付き合ってくれる他者がいない場合でもできます。

    例えば、歌などを覚える場合でも、実際に歌うだけでなく、頭の中で繰り返し考えるだけでも記憶が固定化するのです。

    もちろん、声に出して歌えばより高い効果でアウトプットを実感できます。

    歌は楽しいことだから、すぐに覚えられるのだと思う人もいるでしょうが、実は気がつかない内にアウトプットを実践して覚えているだけなのです。

    ですから、勉学や仕事など嫌なことであっても、結局はアウトプットを実践しさえすれば、楽しいことと同じく覚えることができるのです。

    そして、歌を覚えるのにいちいち他者を必要としないように、勉学や仕事も同じように、アウトプットは1人でも構わないのです。

     

    営業や接客業は知らぬ間にアウトプットしている


    アウトプットが効果的なのは、営業職や接客業に従事する人を見ていれば結果が見えます。

    彼らは、商品の説明という形で日々意識していなくてもアウトプットを行っています。

    特に営業職の人などは、商品の特色や、細部まで製作者以上に記憶していたりします。

    これは、お客様相手に毎日プレゼンをして、アウトプットしている結果と言えます。

    また、飲食店などではフロアの人間の方が、調理人よりも全料理に詳しかったりします。

    これも、ナチュラルにアウトプットしているからなのです。

    デスクで、ひたすら記憶しようと書類に目を通していても実現できないことなのです。

     

    アウトプットは困難があるからこそ役立つ


    アウトプットをすれば、簡単に記憶や吸収ができるわけではありません。

    インプットと比較すればナチュラルに、しっかり記憶できる術ではあるのですが、アウトプットする場合はある程度の理解と消化が必要になります。

    自分のものになっていないものを、ただ意味もなく外へ向けて出していっても意味はないのです。

    アウトプットするためには、外へ出すための整理が必要になるのです。

    整理するためには、その過程で理解が必要になります。

    プレゼンする場合でも、覚えたことをダラダラと話せば良いわけではありません。

    ちゃんと咀嚼して、無駄を省く、そしてこんな作業が自分への吸収へと自然につながっていくのです。

     

    他者を育てることで自分も学ぶ


    色々な人が、子供を育てる中で自分も成長した、自分も学んだと言います。

    中には、教えることで自分は親になれた、教師になれた、と言う人もいます。

    これはまさに、アウトプットの効果を示しているものです。

    結局のところ、アウトプットとは、実践的練習に他なりません。

    どんなことでも、頭の中だけで想像しているだけでは上手くはなりません。

    たとえ、失敗したとしても、実践することで、そしてそれを重ねることで上手くなっていくわけです。

    これこそが、アウトプットの真髄なのです。

     

    書くことよりも打ってみる


    これはアウトプットを1人だけでする時に役立ちます。

    打つというのは、コンピューターやワープロのことです。

    覚えるべきことを整理して自分なりに変換して書きこんでみる、これがアウトプットになるのです。

    そこへ、自分なりの意見や論評なども書いてみるとより効果が上がります。

    1人で行いますが、書いた後は人に見せるようにしましょう。

    そうすると、より真剣味が強まります。

    慣れたえんぴつやボールペンで行うよりも、キーボードを打つことの方が二重の効果を得られて良いのです。

     

    まとめ


    いかがでしたでしょうか?

    今回はアウトプット前提で人生を変える生き方や、アウトプットとは何か、どうすれば良いのかを説明してきました。

    どんなことでも同じことがいえますが、ただ漠然と物ごとを行うよりも、目的意識とタイムスケジュールをもって臨むことが一番です。

    そのためにも、このアウトプットな生き方は、自然と目的意識や、時間的制限をもうけることができるので、ポジティブに生きることができる1つの方策です。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント