ヤバすぎる。目、手、足の動きだけでわかる簡単読心術

読心術

職場での人間関係、恋愛、家族との関わりの中で、相手の心が分かれば、『もっとうまくいくのに(涙)』って思う事ってありませんか?

私たちは普段、「言葉」を使ってコミュニケーションを取っています。しかし、時に、心の中では思ってもいないことを口にしていることも少なくないでしょう。

例えば、嫌いな上司をほめてみたり、好きでもない相手に優しくしてみたり、逆に好きな相手に優しくできないなど・・・。思い当たる人ほど、相手の本当の心の中を知りたいという思いが強いかもしれません。

読心術は言葉ではなく、行動やしぐさから、『本当の心の中』が分かってしまいます。

ということは、相手の発した言葉の中に隠された『本当の気持ち』が分かってしまうということにもなるのです。

今回、そんな相手のすべてが分かってしまう読心術をご紹介します。相手の言葉を信じたい!という人や相手の本当の心の中を知るのが恐いという方は、読まない方が身のためです。 [続きを読む…]

知らなきゃ損!損! 恋愛・デートシーンで使える7つの心理学用語

心理学用語恋愛

気になるあの人との初デート。こんなチャンスを逃す手はありません! 

情報誌を読みあさって研究するよりも・・・はるかに簡単な方法でハートをがっちり掴むことができるんです。厳選した7つの心理学用語とともに成功の秘訣を学んで、素敵な恋をしていきましょう。 [続きを読む…]

正しく評価してください!ハロー効果がもたらす作用と活用法

ハロー効果

以前、中学校卒の学歴で頑張っている男性が次のように愚痴っていいました。

「俺は車の運転には自信があり、誰にも負けない。でも、今度面接を受けたところは高校卒しか採用しない。みんなが高校に行っている3年間、こっちはみっちり運転の経験を積んできているというのに。運転手なら運転がうまい方がいいに決まっているのに納得いかない」

さて、あなたはこの人の言い分にどんな考えを持ちますか。

「一般的に高校くらい卒業していないなら、それは無理だよ」と思いますか。「そうだそうだ、運転さえうまければ学歴なんてどうでもいい」と思いますか。

社会生活を営んでいくうえで私たちは数多くの人々と出会い、接していかなければなりません。職場でも個人的な付き合いでも、「自分が正しく評価されていない」「裸の自分を認めてほしい」と感じることは度々あります。

評価してくれない相手を責めたくもなりますが、心理学的に人間とはそのような考えを持ちやすいものだとしたら、不平不満を言うよりもその心理をうまく活用していく方が得策ではないでしょうか。

ハロー効果に影響を与えるのは第1印象です。人を外観で評価する割合は55%とも言われています。そこで、以下の点に気を付けましょう。 [続きを読む…]

マイナス思考でお悩みですか? プラス思考になる3つの潜在意識の変え方

プラス思考

あなたは自分に不都合なことが起こったどのように考えますか?

「相手がきちんと説明してくれないからだ」

あるいは

「自分が相手の意向を汲み取れなかったのが原因だ」

と思うかもしれません。

このように同じことが起こっても、人によって捉え方が180度異なります。

一般に、自分に責任があると感じやすい人は、内向的でマイナス思考、相手も悪いんだと原因を外に求める人は、外交的でプラス思考の性格だと言われています。

日本人の感覚ですと、自分にも責任があると謙虚になる方が好かれるのかもしれません。しかしながら、プラス思考になりたいと願う人は多いのです。

唯一、自分の味方である自分が自身を認めず、否定的だと感情を押さえ込んで、いつかしんどくなってしまいます。全て自分の責任ではないと相手に責任転嫁をするのは良い事とは言えませんが、少しでも自分に負担をかけない方法で、物事を処理できたら気持ちが少し楽になるのではないでしょうか。

プラス思考が潜在意識に定着してくると、心は疲れにくくなります。なぜなら、自然に物事を楽しむ方向で処理しようとするからだと思います。

では、具体的な方法を3つご紹介します。 [続きを読む…]

すぐ怒る人に困っていませんか?心理操作で事前回避する5つの方法

すぐ怒る 心理

あなたの周りでも心あたりがあるでしょう。

ストレス社会と嘆かれて久しいですが、積もり積もった感情をぶつけられる方はたまりませんよね。関わらないに越したことはありませんが、すぐ怒るタイプの上司が社内にいるような場合、避け続けることは難しい。

これから説明する5つの心理操作を使って、なるべく被害を被ることのない、平和な日を過ごしましょう。 [続きを読む…]