プロ彼女が魅せる一流の男を落とす恋愛のテクニック7つ

プロ彼女

『プロ彼女』という言葉をこれまでに聞いたことがある方はもちろん、聞いたことがない方でも、『プロ彼女』と聞くと、おそらく『完璧な彼女』を想像されるのではないでしょうか?

まさに、その通りなんです。

男性の理想でできた、優しくて、家事もこなして、気遣いも出来る、『完璧な彼女』のことなのです。

そんな『プロ彼女』から、男性を虜にする方法が学べるとしたら、ぜひ、実践してみたいと思いませんか?

でも、実はこの『プロ彼女』、始まりは全く違う意味で使われていたのです。

今回は、『プロ彼女』の始まりから、現在の『プロ彼女』の意味やその恋愛テクニックまで、詳しくお伝えしていきます。

 

プロ彼女が魅せる一流の男を落とす恋愛のテクニック7つ

 



 

プロ彼女とは?


プロ彼女とは、あるエッセイストが

『芸能人と交際することで、地位や名誉を得る代わりに、召使のようにこき使われる女性』

のことを、プロ彼女と揶揄したことが始まりだそうです。

元々は、皮肉が込められた言葉だったことがわかります。

 

プロとは?


よく使われている言葉ですが、『プロ』というのは、本来は職業上で、その分野で生計を立てている人のことを指す意味です。

この意味からすると、プロ彼女は職業になってしまいますよね?

先ほど述べた、皮肉で使われたプロ彼女は、自らの生計を立てるために、芸能人と交際し、『彼女』という仕事をしているという意味合いになります。

隠語ですが、『プロ』には『やくざ』という意味もあるそうです(笑)

 

現在のプロ彼女


しかし現在では、容姿端麗はもちろんのこと、料理も上手で、気遣いもでき、彼氏を最優先に考え、行動し、謙虚であること。

そのようなデキる彼女、それがプロ彼女という認識に変わりました。

そんなプロ彼女は、どのようにして彼氏を虜にしているのか、ここからは、プロ彼女に学ぶ、恋愛テクニックをご紹介していきます。

 

美意識が高い


プロ彼女は、とにかく美意識が高いです。

生まれ持った容姿を、さらに美しく保つ努力をしています。

たとえば、こういうことです。

  • 体形が気になるなら、ダイエットをしたり、ジムに通ったりして、気になるところを整える。
  • 自分が最大限に美しく見えるようなメイク・ヘアスタイル・ファッション・表情・所作を研究し、実行する。
  • どんなお店に行っても通用する上品なテーブルマナーを身につける。

 

その根底には、『一緒にいる男性に恥をかかせてはいけない』という気遣いがあるのです。

成功している男性は、やはり成功している人との付き合いが多くなります。

その時に、洗練された上品な女性が立っていれば『さすが君の選んだ女性は素敵だね! 』と彼の株が上がります。

ですが、何の努力もしていないような女性だと『彼は女性を見る目がないのかな』なんて思われてしまうかもしれません。

そうならないために、プロ彼女は自分のためというよりも、一緒にいる男性に恥をかかせないようにしたいという優しい気持ちで、自分をストイックに磨き続けているのです。

 

料理が上手


華やかに成功している男性も、毎日外食するわけではありません。

やはり、普通は自宅で食事を頂くことがメインになります。

そのときに、栄養のことを考えた美味しい食事が食べたいと思うのは、誰でも同じではないでしょうか?

また、時には、予想もしていない急な来客もあります。

来客は、友人だけとは限りません。取引先のお相手が、突然挨拶に見えることだってありますよね?

そんな時に、彼女や妻に、綺麗な部屋・素敵なお料理と楽しい会話で、もてなしてもらいたいと思う男性も多いでしょう。

けれど、普段からそういうことを意識して、料理をしたり家事をしたりしていないと、慌てて取り繕うことになります。

慌てて取り繕う姿は、お世辞にも素敵だとは言えませんし、逆に相手に気遣わせてしまうことさえあるかもしれません。

プロ彼女は、普段からそういうことを意識して、料理やその他の家事をきちんとこなしているので、いつどんな状況でも慌てずに対応できるのです。

これも、やはり根底には『男性に恥をかかせたくない』と思う深い愛情があるのです。

 

細やかな気遣いができる


一般的に、女性は男性よりも細かいところに気づく能力があります。

プロ彼女は、それを最大限に発揮することができるのです。

たとえば、こんなことです。

  • 彼の声がいつもよりも鼻声になっていることに気づく。
  • 彼の顔色が悪いことに気づく。
  • 彼がいつもより元気がないことに気づく。

 

彼の様子がいつもと違うことに気づけば、心配して声をかけることもできます。

男性に限らず、人は自分を気にかけてくれると、嬉しく、愛されていることを実感します。

また、プロ彼女の気遣いは、彼の様子を気にかけることだけにとどまりません。

仕事の忙しい彼に『私と仕事とどっちが大切なの!? 』などと詰め寄って、彼を困らせるようなことなどは、当然しません。

プロ彼女は、常に相手の立場になって、相手のことを思いやって行動しているのです。

 

相手を上手に支える


プロ彼女は、男性を陰で支えます。

彼が精神的に疲れてしまっているときや、困ったことがあったときに、その時の状況に応じて男性を支えるのです。

彼が、ただそばにいてほしいと望めば、そっとそばに寄り添います。彼が、問題に一緒に立ち向かってほしいと望めば、全力で立ち向かいます。また、必要だと判断すれば、彼をたしなめることもいといません。

陰で支えるとは、何でも相手の言いなりになることではありません。相手のことを思いやればこそ、出てくる厳しい言葉もあるのです。

プロ彼女はそのことを知っているので、気丈な心と思いやりをしっかりと持っています。

だからこそ、余裕をもって相手の望むようにしたり、相手が望まなくても正しいと思ったことは言うこともできるのです。

 

良き理解者となる


プロ彼女は、彼のことをよく観察しています。

彼の趣味・嗜好、どういったことを好んで、どういったことを嫌がるかなど、とにかくリサーチをします。

そして、彼の好みの空間を作りあげ、彼に『居心地がいい』『自分のことをよくわかってくれている』と思わせるのです。

また、相手のことをよく理解するには、相手の考え方を知らなければなりません。

そのためには、自分のことを相手に知ってもらおうと努力するばかりではなく、相手のことを良く知ろうとする努力が大切になってきます。

相手のことを良く知るには、まず聞き上手になる必要があります。

人は、自分の話すことを聞いてくれる人には、心を開きやすくなります。

そのため、男性の良き理解者になろうと思うのであれば、まずは、男性の話を良く聞き、その場に合ったリアクションを心がけ、その彼とお近づきになることからはじめるのが良いでしょう。

そして、無事にお近づきになれたら、プライベートな話をする機会も増やし、少しづつ彼と信頼関係を深めていくのです。

きっと、あなたも、プロ彼女さながらの良き理解者になれることでしょう。

 

自分をひけらかさない


プロ彼女は、さまざまな努力をしています。

外見を磨いたり、教養を深めたりと、常にストイックに自分を高めています。

けれど、その努力をひけらかすことはありません。

何事も控えめに、相手がどんな状況でも、それに合った行動をさりげなく取るのです。

常に自然体で、控えめに謙虚で努力家。それでいて、いざというときはさっと行動でき、それを自慢げに言うこともない。

そんなストイックな心の内側には、常に相手への思いやりがあふれているのです。

 

床上手であることも必要


『華の20代』という言葉があります。

20代の間は、化粧が下手でも、多少のガサツなしぐさでも、周りがちやほやしてくれ、若さが自らを引き立ててくれますが、これまでに培ってきた経験や器量が、魅力として発揮されるのが30代です。

内面の魅力は、色っぽさにも繋がり、女性にとって大きな武器です。

特別美人でなくても、色っぽい雰囲気がある女性に惹かれる男性は多いです。

夜の営みでも、テクニックの勉強や、いつもと違うやり方など提案して、彼氏の好みを把握しておきましょう。

さて、当時68歳女性が、結婚相談所で出会った男性と交際し、保険金狙いで、複数の男性が殺害された事件があったことをご存知でしょうか?

なぜ、68歳の女性が、何人もの男性を虜にできたのか。

警察の事情聴取の中で、68歳女性は

『男が結婚して求めるものは料理、掃除に夜の夫婦生活』と公言したそうです。

この女性は結婚生活について述べていますが、やはり男性は、いくつになっても、床上手な女性には、年齢問わず夢中になってしまうことが、おわかりいただけるかと思います。

 

まとめ


いかがでしたか?

相手を思いやったり、気にかけたり、相手を喜ばせるために何かをしたり。

プロ彼女がやっていることは、部分部分を見た場合、普段誰もがやっていることと、そう変わりはありません。

けれど、プロ彼女のスゴイところは、それを突き詰めるところまで突き詰め、あくまでもストイックに努力し続けているところです。

相手への思いやりや愛情を持って、その行動を突き詰めることができる女性が、プロ彼女なのです!

もちろん、そこまでストイックになれないと思う女性も多いでしょう。

また、そもそもの話でいうと、プロ彼女になる必要もありません。

ただ、今のあなたよりも、ほんの少し、相手への思いやりを増やして行動することを心がけることはしてください。

それは、相手をより幸せにし、あなた自身もより幸せになる、唯一無二の秘訣にほかならないからです。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント