潜在意識を効率良く書き換えるには、どうすれば良いの?

    潜在意識 書き換え

    潜在意識を変えると人生が好転する、という話が溢れていますね。潜在意識を書き換える事で、あなたが望む状況を引き寄せられると良く言われます。

    そもそも潜在意識とは、人が意識していない部分、つまり『無意識』の領域を指しています。

    対して、外に向けて意識している部分を『顕在意識』と言いますが、人の意識は顕在意識が5~10%、潜在意識が90~95%で構成されています。

    つまり、人は潜在意識で言動をコントロールし、顕在意識に反映させているのです。

    だったら言動をコントロールしている潜在意識に働きかけ、あなたの人生をより良いものに導いてしまおう、というのが潜在意識の書き換えです。

    今回はそのために知っておきたいポイントをお伝えします。

     

    潜在意識を効率良く書き換えるには、どうすれば良いの?

     



     

    潜在意識は『現状維持』こそが最良と考えている


     

    一念発起して「○○をするぞ! 」、「××をやめるぞ! 」と決意したのに、3日も続かなかったり、なにかと言いわけをつけてやめてしまったり……そんな経験はありませんか?

    実は、よくあるこの経験、単に「意志が弱いから」の一言で片づけられる問題ではなかったのです。

    潜在意識は『変化』を嫌います。

    現状を変える事が良い事ばかりとは限りません。今よりもっと悪くなる可能性だってある。そのリスクを潜在意識は嫌い、恐れるのです。

    必要以上に面倒に感じたり、怠け心が働いたり、「どうせ自分には無理だ」とネガティブな感情がわいてくる事もあります。

    これらすべては、変化によって、あなた自身が余計な傷を負わないようにするための防衛本能なのです。

    ゆえに、潜在意識を書き換えて現状を打破するためには、この特性を十分理解し、負の感情や行動制限がかかるメカニズムを自分で認識しておく必要があります。

     

    潜在意識そのものの認識を変えてあげる


     

    潜在意識を書き換えあなたの人生を好転させるためには、現状維持をかたくなに守ろうとする潜在意識に「変化しても大丈夫なんだ」と認識させる事が重要となってきます。

    1.少しずつ、変化させていく

    リスクや変化に敏感な潜在意識は、自分に降りかかる変化が大きければ大きいほど、あなたに降りかかるリスクや負担も大きくなると判断して、より防衛反応を強くします。

    いきなりなにかを変えようとするのではなく、小さな事を、少しずつ変えてみましょう。

    ・通勤や通学の帰りにちょっとだけ寄り道をしてみる
    ・髪型を変える
    ・身体を洗う順番を変える

    こんな小さな変化なら、たとえ失敗しても問題にはなりませんよね?

    「コレはダメだったから、次はこうしてみようかな」とも思えます。

    こうして、潜在意識を変化に慣らし、万が一、失敗しても修正は効くのだという事を認識させてあげるのです。

     

    2.達成感を積み重ねる

    ちょっとした変化が成功や達成に繋がれば「変化は悪くない」と潜在意識の認識を書き換える事ができます。そのためにも、目標はやや低めに設定してみましょう。

    ・今日は身体を左足から洗う
    ・ついついやってしまう無駄遣いを一品分だけ減らしてみる

    などなどです。

    そして、できたら「自分ってやれば出来る! 」と自画自賛しちゃいましょう。

    この『自画自賛』が潜在意識を前向きなものへと変化させてくれるのです。

     

    3.習慣づける

    潜在意識を書き換えるのに重要なのが『繰り返す事』です。

    コレと決めて挑戦し、良い結果が出た事柄は、ぜひとも習慣付けるようにしてみましょう。

     

    まずはこの3つを意識して、取り組んでみると良いですよ。

     

    アファメーションを活用する


     

    潜在意識を書き換えるのに有効な方法の1つとして、アファメーションが挙げられます。

    アファメーションには、言葉の力を使い、繰り返し自分に言い聞かせる事で、セルフイメージをコントロールし、より良い概念を自分自身に定着させる効果があります。

    「あなたはどんな自分になりたいですか?」

    「そのために何を実現するべきでしょうか」

    「あなたの理想を実現する障害となっているものはなんですか?」

    「あなたの理想を実現するのに不足しているものはなんでしょう」

    まずはこれらを整理してみましょう。その上で自分への宣言文を作成していきます。

    「断定的・肯定的な表現を使いましょう」

    「完了形で書きましょう」

    「一人称で書きましょう」

    10項目ほどの宣言文が出来上がったら、それを朝と夜、少なくとも夜1回は宣言します。

    頭の中で念じるよりも、声に出すほうがより効果が上がります。

    さらに、何かと目に触れるように工夫すれば、さらなる効果も期待できます。

    必ず叶うと信じ、1~3ヶ月期間で見直してください。

    叶った願いは、感謝と共に宣言文からはずし、新たに次の宣言文を考え、加えていきます。

     

    メンタルクリアリングを活用する


     

    より効果的に潜在意識を書き換えるために、アファメーションと合わせて、ぜひメンタルクリアリングも試してみると良いです。

    メンタルクリアリングとは、潜在意識のクリーニング作業の事。

    ついつい浮かんでしまうネガティブなイメージを払拭してしまおうという考え方です。

    やり方は、簡単です。

    「寝る前に嫌な事を考えないようにする」

    「寝る前には徹底的に、楽しい事やうまく行っている自分を連想する」

    これだけです。

     

    人間は、寝る前についいろいろな事を考えます。明日の事、過去の事、今日あった事、その時に感じた事などなど……

    寝る前に考えた事が、そのまま眠りの間に潜在意識に根づき、考えたとおりの事柄を引き寄せます。

    潜在意識を書き換えるなら、この『寝る前から眠りに入るまで』の時間を有効に使いましょう。

     

    無理やり前向きになるのは苦しい


     

    アファメーションやメンタルクリアリングは、潜在意識を書き換えるのに非常に有効です。

    しかし、同時に『前向きになろうと思えば思うほど、状況や精神状態の悪化を引き起こす』リスクも伴います。

    前向きな言葉や感謝の言葉を意識して言い続けてみたところ、かえって不快感や焦燥感にさいなまれたり、ひどい場合には、自己否定感が強まってしまったという人も実際にいます。

    この『潜在意識の書き換えの失敗』は、なぜ起こるのか、プラスに作用するはずのアファメーションがはらむデメリットについても、きちんと把握しておきましょう。

    潜在意識の書き換えの失敗は、顕在意識をきっかけに、いやおうなく、あなたが潜在意識の領域と向き合わなければならなくなるがゆえの現象です。

    顕在意識(自分で考え、意識して行動する領域)に従い、前向きな言葉を繰り返していると、そのうちあなた自身の本音や内なる言葉、抱えている想いへと思考が到達します。

    そこで触れたものが、今抱えている苦しいまでの悩みや過去のトラウマだったとしたら。

    アファメーションを行う事で、防衛本能から封印していた心の傷や苦しみ、恨みつらみ、さらには、

    ・必死に生きてきても何も変わらなかった。
    ・これからも変わるわけがない。
    ・自分は幸せになんてなれないんだ。

    ……と否定と絶望に、はまっていってしまいます。

    過去に苦しんだ経験が強ければ強いほど、変化を恐れ、新しい良い人生が訪れるわけがないと思い込んでしまいます。

    期待した結果、裏切られ、新たに傷つくくらいなら、今が辛くても現状の方がマシ、と思ってしまうのです。

    これが、プラスに作用するはずのアファメーションやメンタルクリアリングが抱える闇の部分です。

     

    辛いと感じたら、その気持ちを素直に認める


     

    潜在意識を書き換えるのに有効なアファメーションやメンタルクリアリングは、諸刃の剣ともいえる要素を含んでいるとお話しをしました。

    では、過去に苦しんだ人は、この先も幸せにはなれないのでしょうか?

    もちろん、そんなわけはありません。

    ですが、そのためにはやはり、まずはあなた自身を肯定してあげるところから始めなくてはなりません。

    苦しんでいるあなたが悪いわけではありません。

    しいたげられたあなたは、けがれてなんていません。

    では、誰が悪いの? という犯人探しは、ちょっと脇においておきましょう。

    大切なのは、あなた自身に非はないという事実と、あなたはこれからちゃんと幸せになれるという確固たる現実です。

    潜在意識は、あなたという存在を生かすために、さまざまな方法であなたを守ろうとします。

    希望が持てないのも、無気力になるのも、時に正気を失うのも、すべては防衛本能のなせる業なのです。

    ゆえに、今あなたが苦しいと思い、前向きになんて到底なれないと考えていたとしても、それはけして間違っていません。

    むしろ素直に「私は誰も信じられないほど苦しかったんだ」「死にたいくらい辛いんだ」と認め、それを吐き出すべきです。

    負の感情にさいなまれるのは、人間として当然であり、誰にでもあるものなのだという事を心に留めてください。

    それから、幸せになっても、しっぺ返しを喰らったり、その分大きな不幸に見舞われたりする事はありません。

    落ち着かない気持ちになるのは、『大きな変化』に対して身構えてしまう潜在意識が引き起こしている反応ですが、幸せに慣れていないからこそ起きる不安なのだと理解し「あの時の苦労が報われただけなんだ」と考えるようにしましょう。

    あなた自身が少しずつでも慣れていけたら、潜在意識もそれにあわせて、あなたを『幸せ体質』に変えていってくれるはずです。

     

    お守りを身につける


     

    ここまで読んで、あなたは「よしやるぞ! 」と前向きになれたでしょうか? それとも、とてもじゃないけれど、そんな気にはなれないと思ったでしょうか?

    どちらにしても、潜在意識を書き換えるのに試してみていただきたいのが『お守りを持つ』という方法です。

    今は『祈願成就のパワーストーン・アクセサリー』や『願いが叶う待ち受け画面』がたくさんありますね。

    パワーストーン、アクセサリー、ストラップ、携帯やスマホなどの待ち受け画面、身につける(ごく身近に置ける・目に付く)ものなら、どんなものでも大丈夫。直感で選んでいただいて構いません。

    ……いきなり神頼みになっているように聞こえるかもしれませんが、実はコレも、人間の特性を活かした方法の1つです。

    人間は、五感を使って外界の情報を取り入れ、脳内で処理していますが、平常時には、実に8割以上もの情報を視覚から取り入れていると言われています。

    コレを利用したのが『お守り』です。

    アクセサリーやパワーストーンを身につけたり、待ち受け画面を見たりするたびに、視覚から「願いは必ず叶う」という暗示をかけるようにするのです。

    毎日身につけ、なにかと機会があるごとに目にする事で、無理なく繰り返し自分自身にポジティブなメッセージを送り続けられます。

    『習慣づける』『繰り返す』という、潜在意識を書き換えるために必要な条件も十分に満たせるこの方法。ぜひとも挑戦してみてください。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    変化を恐れる潜在意識ですが、正しい方法で潜在意識を書き換える事で、実にたくさんの可能性を引き出す最強の力と成り得ます。

    効率良く潜在意識の力を生かすためには、あなたが今どんな状況にいようとも『現状に甘んじない』という強い気持ちと姿勢が必要です。

    特に、周囲から否定され続けたり、理想や夢が破れた時などは「どうして自分が」「私が何をしたの? 」と悲観的になってしまいます。

    しかし、嘆くだけ嘆いたら、そこから絶対に逆転してやる! という強い意志を持つようにしてみましょう。

    あなたの潜在意識は、現状を打破するべく言動をコントロールし、良縁を引き寄せてくれる最強のツールとなってくれるはずです。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント