打たれ強い人間になるための7ステップ

打たれ強い

大人になって社会に出ると、色々な経験をします。

嬉しいことや楽しいことも、もちろんありますが、失敗などからつらい経験をすることもあるでしょう。

そんな時、あなたはすぐに立ち直って気持ちを切り替える事ができますか?

世の中には、どんなにつらい事があっても、すぐに立ち直れる、いわゆる「打たれ強い」人が、少なからず存在します。

会社でピンチに見舞われても、慌てずパニックにならず、すぐに気持ちを切り替えて対処できる人間になれたらいいなぁと思っている人も、きっと多いことでしょう。

では、どうやったらそんな「打たれ強い」人間になることができるのでしょうか?

今回は、打たれ強い人間になるための方法を7つのステップに分けて、お伝えします。

 

打たれ強い人間になるための7ステップ

 



 

今の自分の姿を知る


 

そもそも「打たれ強い人間」とは、どのような人のことなのでしょうか?

どんな失敗を目の前にしてもうろたえない、すぐに気持ちを切り替えて前へ進む強さを持っている……そんな人が本当に打たれ強い人間なのではないでしょうか?

その他にも、あなたが考える打たれ強い人間の「理想の姿」があるかも知れません。

つまり、打たれ強い人間になるためには、そういった理想の姿を具体的にイメージしていくと良いのです。

理想の姿をイメージして、その理想へ自分を近づけていくと、必ず今の自分とのギャップにぶつかります。

そこで、今の自分に幻滅して落ち込むようでは、あなたが目指す打たれ強い人間にはなれません。

理想の自分を手に入れるためには、まず「今の自分」を認めることから始まります。

今の自分の心がどんな状態なのかをきちんと知る事から、理想である打たれ強い人間に近づくことができるのです。

 

失敗する自分を受け入れる


 

今の自分と向き合うことができたら、次のステップに進みましょう。

次のステップは「失敗する自分を受け入れる」ということです。

あなたは、すぐに失敗してしまう自分という存在をどのように考えていますか?

精神的に打たれ弱い人というのは、失敗する事を極端に嫌っている傾向があります。

いわゆる「完璧主義者」と呼ばれる人は、打たれ弱い傾向にあります。

本当に打たれ強い人間というのは「失敗しても当たり前」「失敗から何かを学ぼう」と考えている人間なのです。

そうなるためには、たとえどんな失敗をしてしまっても、自分を否定しないようにすると良いでしょう。

「失敗してしまう自分」という存在を受け入れてあげることが大切なのです。

 

できなくても「宣言」してしまう


 

心理学の世界には、目標を達成するために有効活用できる心理操作術がいくつかあります。

その中の一つに「宣伝効果」というものがあります。

この心理操作は、打たれ強い人間になるためのステップとして、非常に有効です。

宣言効果とは、自分が心に秘めている目標を達成するのに、達成する前から周囲に目標を宣言してしまうと達成率が上がるという心理現象のことです。

自分の夢や目標を周囲の人に宣言してしまうと、宣言した本人も後に引けなくなるので、達成しないといられなくなるのです。

また、自分の夢や目標を何度も何度も周囲の人へ話していくと、その夢や目標がまるで現実に叶ったかのように自分自身の潜在意識に刻み込まれていきます。

ですから、最初に自分の心に描いた打たれ強い理想の自分の姿を周囲に宣言していくと、目標達成のために自然と自分の立ち居振る舞いが変わっていくのです。

 

成功体験を積み重ねる


 

もう一つ、打たれ強い人間になるという目標を達成するステップとして、有効な心理操作をお伝えします。

それは「ピグマリオン効果」と呼ばれるものです。

これは、人間は、潜在的な能力を評価してもらい、期待を大きくかけてもらえばもらう程、その結果が向上しやすくなるという効果のことです。

人間というのは、周囲から信頼や期待を寄せられることで、物事に対する意欲が引き上げられていきます。

その結果、「自分ならできる」という自己効力感も高まっていると考えられているのです。

これを上手に活用して、周囲からのちょっとした信頼や期待感を自分の意欲に変えていきましょう。

そうすることで、物事に対する自己効力感があがり、成功度もあがっていきます。

こうした成功体験を積み重ねていくと、自分に自信を持つ事ができて、打たれ強い人間に、また一歩近づいていくのです。

 

気持ちを切り替える


 

自分に自信を持つことをマスターすることができれば、その次のステップに進みましょう。

打たれ強い人間になる次のステップは、やはり「気持ちの切り替え」をスムーズに行うことです。

気持ちをスムーズに切り替えられる人に、打たれ弱い人はいないと言っても過言ではありません。

打たれ強い人間になるには、気分転換を効率的に行って、失敗してもそれを引きずらない経験を積み重ねていかなくてはなりません。

そのためには、失敗した経験を、いつまでもネガティブなイメージとして引きずらずに、少しでもポジティブなイメージに変えていく練習が必要です。

そういうイメージングを繰り返ししていくことで、気持ちの切り替えに対して、ポジティブなイメージが習慣として刷り込まれていくのです。

 

自分の「リズム」を持つ


 

先程お伝えした「気持ちの切り替え」を、よりスムーズに行うために必要な事は、物事を考える際に「自分のリズム」で考える習慣をつけることです。

自分の行動や言動を振り返って考えていく時に、周囲の意見に振り回されていては、いつまで経っても気持ちを切り替える事はできないでしょう。

過去の失敗は失敗として、周囲に影響され過ぎずに、「自分のリズム」に徹して物事を考えるようにしていきましょう。

自分のペースや自分のリズムがつかめると、面白いように自分の力を最大限発揮していく事ができるようになります。

「打たれ強い人間」になるためには、自分を受け入れ、失敗してもすぐに気持ちを切り替え、成功体験を積み重ねる……

こうした一連の心の動きを「自分のリズム」にしてしまうのが、重要なのです。

 

世の中の仕組みを理解する


 

自分の心を良い方向へ導いていっても、やっぱり失敗する時はあります。

特に、社会人として組織に属して仕事を行っていれば、時として「理不尽」な出来事に巻き込まれることもあるでしょう。

自分が悪くないのに、自分の心には「失敗体験」としてインプットされてしまうような出来事に見舞われることもあるかも知れません。

そうした時には、決して自分を責めたりせずに「これが世の中の仕組みなんだ」と思うようにすると良いでしょう。

本当に打たれ強い人というのは、どんなに自分にとってマイナスな事があっても「世の中の仕組み」としてとらえ、いつまでもそのことを引きずったりはしません。

また、世の中の仕組みをきちんと理解していくことで、社会においての対応力が身に付つき、大きな失敗を避けることができるようになります。

そういった視点からも、世の中をきちんと理解する事は、とても大切なことなのです。

 

まとめ


 

打たれ強い人間になるために必要な、心のステップについてお伝えしてきましたが、あなたはどう思われましたか?

ここでお伝えさせて頂いたことを、きちんと自分のものにしていく事ができれば、あなたはきっと「今の自分」のことも好きになれるはずです。

それは、心理学的にいうと「自己肯定感」が上がったということ。

自己肯定感とは、ありのままの自分を受け入れ、認める心です。

どんなに失敗しても、苦手なことがあっても、それがありのままのあなたなら、そのままで良いのです。

そういうふうに、心をコントロールしていけば、必ずあなたが最初に理想とした「打たれ強い人間」になれます。

あなたなら、きっと、やれます!

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント