【夢占い】階段が暗示する重要な意味

    夢占い 階段

    階段は色々な意味を持つものです。

    その昔から階段にまつわる怪奇な話が多いように、神秘的な側面もあります。

    夢占いにおいてもそれは同じで、の意味合いは非常に多岐にわたるのです。

    今回は、階段が暗示する夢占いの重要なシグナルについて解説していきます。

     

    【夢占い】階段が暗示する重要な意味

     



     

    どこまでか見えない長い階段の夢


     

    どこまでか見えない長い階段の夢占いは、目標や目的がはっきりせずに長く苦しむことを暗示しています。

    どれだけ長い階段でも、どこまでか判っていればガマンして登ることもできます。

    ですが、その先が見えず、どれだけ登ればいいのか判らない階段では、ほとんどの人はくじけてしまうでしょう。

    現在、自分に明確な目標や目的もなく、ただ毎日を無意味にすごしているような気持ちになっていることも示しています。

    また、そんな自分に嫌気がさしてきて、やる気も全くおきない状態であることを夢占いは教えてくれています。

    そして、残念なことにこの夢を見た場合は、それが良い方向へ向かうことがないことを知らせています。

    当分は、このままの状態が続きますので、できるだけ心をしっかり持つことが大事です。

     

    先が光って見えない終わりのない階段の夢


     

    先が光っていて見えない終わりがない階段の夢占いは、自分の死や、近しい人の死を暗示しています。

    しかし、その死は決して苦しむような死ではなく、安らかなものです。

    こういう階段は、聖書にあるヤコブが幻視した「ヤコブの階段」と同じで、天国へと続くと言われる階段です。

    その階段に、天使らしき人間に近いものが登り降りしているようでしたら、その死は免れることができないことを示しています。

    ですが、必ずしも死ぬと言うだけではなく、それに近い状態におちいる可能性も表しています。

    その時、自分がどう望むか、その近しい人がどう望むかで生きるか、死ぬかが決定づけられます。

     

    冷たい石の階段を降りている夢


     

    冷たい石の階段を降りている夢占いは、これまで持ち続けていた目標や目的などをあきらめてしまったことを暗示しています。

    もしくは、近い将来あきらめなければならない状態になることを示しています。

    階段は、上も下も見えている場合、それは未来と過去、目的と失望ともとらえられます。

    冷たい石、そして階段を降りる行為、これはあきらめや失望、失敗を表しています。

    ただ、だからと言って再び登ることができないかと言うと、そうではありません。

    今は降りるしかない、降りようと思っている状態にあると言うことです。

     

    新しい階段を登っている夢


     

    新しい階段を登っている夢占いは、新しい目的や目標に向かって順調にことが運んでいること、運ぶことを暗示しています。

    新しい階段は、新しい目標や決意を示し、こういった夢は3月4月の入学、入社、進級などのタイミングで見るケースが多いと言えます。

    新しい環境に入って、気持ちも新たに目的や目標をもって臨んでいるので、この夢を見た時はしばらく順調にいくはずです。

    ですが、この状態がずっと続くと言うことではないので、常に気持ちを新たに、初心を忘れずに頑張っていきましょう。

     

    古くてこわれそうな階段を登っている夢


     

    古くてこわれそうな階段を登っている場合の夢占いは、一度あきらめた夢や目標にもう一度チャレンジする暗示です。

    自分自身があきらめた夢であるものの、ずっと胸につっかえていたことでもあります。

    しかし、一度あきらめた夢ですし、ブランクもあるので、危うい感じの階段で表現されています。

    確かに一回止めたことは、次も継続することは大変ですので、それを夢占いが教えてくれています。

    もう一度志すなら、それほどの覚悟と決意が必要だということを示しているのです。

    ですが、大事なのはこわれた階段ではなく、「こわれそうな」階段であることなのです。

    慎重に確実に一歩一歩登っていけば、ちゃんと辿り着けるという暗示でもあるのです。

     

    上階がほとんど見えないらせん階段を走り登っている夢


     

    よく海外の映画などにでてくるような、てっぺんが良く見えないようならせん階段を走り登ろうとしている夢占いは、今焦ってはいけないということの暗示です。

    らせん階段自体は、あなたの中の迷いを暗示しているのですが、その上で走り登ろうとしている場合は、今がそのタイミングではないことを示しているのです。

    さらには、そこを最後まで走り登ることは不可能です。

    急いでいったところで、挫折するのがオチです。

    まだ、深層心理下でその目標や目的をやりとげることにも迷っている段階ですので、急ぐことは間違いだと夢占いは教えてくれているのです。

    登り始めてもいいですが、それはあくまで自分のペースを守りながら登りましょう。

     

    階段から落ちる夢


     

    階段から落ちる場合の夢占いは、近い将来に人間関係がダメになることを暗示しています。

    友人関係、仕事関係、恋人関係のいずれかは明確ではありませんが、階段から落ちる場合は恋人関係の破局が多いと言えます。

    しかも、この場合、理由はあなたの方にあると言ってもいいでしょう。

    恋人関係だけでなく、他の人間関係においてもあなたに原因があることの暗示でもあるのです。

    この夢を見たら、周囲の人間関係に気をつけて、できる限り丁寧に接しましょう。

    恋人関係では階段を踏み外す(道を踏み外す)と言うことで、浮気心に注意すべきです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    今回は、階段が暗示する夢占いの重要な意味について説明してきました。

    階段は東西問わず、色々な意味や話にも登場する人にとって重要な意味を持つものです。

    階段というものは自然にはできませんし、他の動物も作りはしません。

    階段は、まさに人間特有のもので、人間だけが作り得たものです。

    それだけに夢占いでも、人間としての生活に直結した意味を持つものが多いのです。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント