【略奪愛】好きな人に彼女がいるときの禁断テクニック7つ

好きな人に彼女がいる

あなたは、好きな人に彼女がいる場合どうしますか?

さっと身を引きますか? すぐに諦めますか?

恋人がいる男性は落としにくいと感じるかもしれませんが、世の中には意外と『略奪愛』が成立するケースが多いものです。

どうしても好きな気持ちが止められないのであれば、彼を奪うための戦略を立ててみてはいかがでしょうか?

今回は、略奪の戦略をたてるときに参考になる、『好きな人に彼女がいるときに効果のある禁断のテクニック』を7つお伝えします。

 

【略奪愛】好きな人に彼女がいるときの禁断テクニック7つ

 



 

友達というスタンスでアプローチ


 

好きな人に彼女がいる場合、まずは友達として彼と仲良くなるようにしましょう。

いきなり告白したり、『彼女と別れて! 』と迫ったりすると、彼はあなたに嫌悪感を抱き、バリアをはってしまうかもしれません。

ですから最初は、友達同士としてフラットな関係を構築することを心がけましょう。

間違っても、ここで『あなたのこと気になっている』という空気を出してはいけません。

悩みごとを相談しあったり、愚痴を聞いてあげたり、友達として一緒に楽しい時間を積み上げることで、彼に一歩ずつ近づいていくようにしましょう。

 

罪悪感を持たせないようにする


 

好きな人に彼女がいる場合、あなたが最初から彼に対して好意を丸出しにしてはいけません。

あなたが、彼に、彼を好きだということを気づかれてしまった場合、彼はこんな風に思うでしょう。

『彼女がいるから、この人の気持ちには応えられない。もう会うのをやめよう』

『自分に好意を寄せている女性と会っていると知ったら、彼女が傷つくだろうから、この人と関わりたくない』

と。

このように彼に罪悪感を持たせてしまったら、その先のステップに進むのが難しくなります。

ですから、『私はあなたに彼女がいることも知っているよ』というスタンスで彼に接しましょう。

そしてたまには『彼女とはどう? 』などと、彼ののろけ話だって笑顔で聞いてあげましょう。

好きな人ののろけ話を聞くのは、ちょっと辛いかもしれません。

しかし、こうして虎視眈々とチャンスを待つのが、賢い女性なのです。

 

タイミングをしっかり見計らう


 

好きな人に彼女がいるとき、あなたはまず、彼と彼女が今どういう状況なのかを見極める必要があります。

二人がまだ付き合ったばかりのラブラブな期間に、あなたがいくらアプローチをかけても、彼は疎ましく感じるだけです。

この時期は、友達として、つかず離れずの良い距離感を保つ努力を続けましょう。

しかし、二人に不協和音が生じていたり、付き合いが長くマンネリ化していたりする時期にさしかかったら……、チャンス到来です。

これからお伝えするテクニックを使って、一気に彼に攻め落としましょう。

 

新鮮さやドキドキを与えてあげる


 

好きな人に彼女がいる場合、彼を略奪するためにもっとも大切なことは『今の彼女には感じないような感情を、彼に感じさせること』です。

これができないと、彼はわざわざ絆や情のある彼女を振って、あなたに乗りかえることはしないでしょう。

彼が、今の彼女に感じていないものは何でしょうか?

長年つき合ってきた彼女であれば『ときめき』『新鮮さ』かもしれません。

彼との関係にあぐらをかいて、すっかりきれいでいる努力をおこたっている彼女であれば『女性らしさ』かもしれません。

また、ふらふらと遊んでばかりいる彼女には『尊敬』『たよりがい』を感じることも難しいでしょうね。

あなたは、まず彼が彼女に『感じていないもの』をリサーチする必要があります。

そして、その彼が彼女に『感じていないもの』を、あなたが彼に感じさせてあげるのです。

 

彼女よりもすべてにおいて上であることをさりげなくアピールする


 

好きな人に彼女がいる場合、絶対してはいけないことがあります。

それは『彼女の悪口を彼に言う』ことです。

彼にとっては、現段階では、彼女はあなたよりも身近な存在です。

そんな存在のことを悪く言うあなたには、嫌悪感しか抱かないでしょう。

彼をどうしても彼女から奪いたいのであれば、彼女の悪口を言うのではなく、さりげなく、全てにおいてあなたのほうが彼女よりも上であることをアピールするのです。

外見的な美しさや、知性や品位、料理の腕前、優しさや気配り、彼の友達からの評判・・・

とにかく、あなたのほうが彼女よりも素晴らしいということを分からせてあげるのです。

あくまでもさりげなく、というのが重要です。

ここで意外と役に立つのが、彼の家族や友達へこっそりアピールする方法です。

第三者から

『あの子のほうが、お前にふさわしいような気がする』

『僕ならあの子を選ぶな』

と言ってもらえると、あなたはかなり優位にたてるでしょう。

 

事前にリサーチして、共通の趣味を持っておく


 

好きな人に彼女がいる場合、なかなかその彼とプライベートな時間を過ごすことは難しいでしょう。

しかし、あなたと彼に共通の趣味があれば、話は別です。

例えば、彼とあなたが二人ともゴルフが好きであれば、仲間と4人でラウンドすることもできるでしょう。

そして、その行き帰りの車や、食事の時間などに、彼と個人的な話もできますし、少しずつ親密になれる可能性も高まります。

彼女も入ってこられない、あなたと彼の共通の世界ができるように仕向けることは、略奪愛への近道です。

 

恋人になるまでは、体の関係を決して持たない


 

好きな人に彼女がいる場合、あなたは早く彼を手に入れたいと焦ってしまい、かんたんに彼に体を許してしまうかもしれません。

しかし、これは絶対にいけません。

彼は、こんなにかんたんに手に入ってしまった女性のために、わざわざ恋人と別れるような面倒なことはしないでしょう。

彼女がいると分かった上で、体の関係を許してしまうようなプライドの低い女性は、男性から大切にされませんし、本命にもなることが難しいということを、肝に銘じておかなくてはなりません。

彼に彼女と別れて欲しいのであれば、『私は彼女がいる人とはつき合えません』というスタンスを取り続けましょう。

彼にとって『彼女と別れてまで手にいれたい女性』にならなくてはいけないのです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

心理学では『希少性の原理』というものがあります。

人は手に入れるのが難しいものほど、手に入れたいと思ってしまうという原理です。

また『カリギュラ効果』という言葉もあり、『禁じられているものほどやりたくなる』という心理を指します。

あなたの彼に対する気持ちが、このような心理的な作用によるものなのか、心から彼を愛しているのかを見極めることも必要です。

『希少性の原理』や『カリギュラ効果』で彼を思っているだけであれば、彼女を悲しませてまで略奪することは、やめたほうが良いのではないでしょうか?

ただ、もし、その彼があなたにとって、『運命の人』だと思えるほどの魅力があるのであれば、後悔しないようにアタックすべきです。

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント