ブツブツした穴が怖い『 トライポフォビア 』の原因と治し方

トライポフォビア
『トライポフォビア』という言葉をご存知ですか?

ぷつぷつとした小さな穴の集まりを見ると、なんだかわからないけどゾッとしたり、嫌悪感を持ったりと、つい体が反応してしまうことを『トライポフォビア』といいます。

日本では「集合体恐怖症」「斑点恐怖症(はんてんきょうふしょう)」とも呼ばれ、高所恐怖症や閉所恐怖症と同じく、不安障害のひとつとして認識されています。

特定の人たちの体に不調をもたらすその画像というのは、小さな穴の集合体で、蓮の花の穴、ハチの巣の穴、苺の種のつぶつぶ、水玉模様や丸のパターン模様などがその例としてよく上げられます。

その『トライポフォビア』とは、一体どんな恐怖症なのでしょうか?

何が原因で発症し、治療法は存在するのでしょうか? [続きを読む…]