すべてお見通しよ!! 今日からわかる5つの読心術

読心術

読心術というと皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

テレパシーとか超能力とか、サイエンス・フイクションの世界を創造なさられる方も多いかと思います。

しかし、そういった想像上の話ではなく、現実の話として、よく相手を観察すれば、本人さえ意識の及ばないような心理を読み取ることもできます。

昔の日本のある高名な武術家の修業の話ですが、師匠が「アレをアレしろ」と全てをアレという言葉だけで指示し、弟子の側は師匠の心理を先読みして指示を理解することが求められたそうです。

今回の記事においては、視線・口癖・しぐさ・体格・ファッションといった箇所に着目した読心術のさわりを紹介します。 [続きを読む…]

大変!? 伊達男になっちゃう!! 8つの方法

伊達男

男立てという言葉が室町時代に、さかさまになり、伊達男となりました。忠義心があり、男気がある人という意味で使われています。

また、伊達政宗が豊臣秀吉に濡れ衣をかけられた時に、家臣に磔台を担がせ、自分は白装束(死装束)という姿で上方に訪れ、このときの姿を見た町人たちが驚き、彼を伊達男と呼んだのが由来の「伊達男」。

近年の意味としては、「派手な振る舞いをする男」「派手ないでたちの男」という意味でしょう。

時折「粋な男」や「美男子」と言う意味で使われることがあります。これは伊達政宗が美男子だったからという噂から来ているようです。

あなたも現代の伊達男:オシャレで男気がある人になって、女性から注目されませんか? 粋な伊達男になる方法を特別に7つご紹介しましょう。 [続きを読む…]