自己陶酔しやすい人間の心理と特徴10

自己陶酔

自己陶酔といえば、自分に酔っている人であり、ナルシシズムとも言います。

ひどいものであれば、精神疾患と見なされ、自己愛性パーソナリティ障害と判断されます。

自己陶酔は、自己中心的思考や極端なうぬぼれに現れます。

こういうタイプの人は、極めて見栄っ張りで、傲慢、他者への共感能力の欠如と、周囲にとって迷惑この上ないのです。

少々のうぬぼれなら仕方がないとも思えますが、自己陶酔という状態までいくとかなり厄介になります。

また、自己陶酔の強い人は、誇大妄想狂的側面も強く持ち合せています。

悲劇のヒロイン願望や、間違ったヒロイズムを持つのもこのタイプの人です。

基本的に、自己陶酔しやすい人は、極端なタイプが多く、自己の中では分裂して成立しています

そのため、自分自身では自己陶酔する人間だとは思っていません。

それだけに、この性質を変えていくことは困難なことなのです。

自分が自己陶酔しやすくて、周囲に自己陶酔しやすい人がいても、かえりみて治すことはできないと考えてもいいでしょう。

どんな疾患も自覚することから始まるので、自覚できないもの、自分で肯定しているものは変えることができないのです。

今回は、そんな自己陶酔しやすい人の心理や特徴について解説していきます。
[続きを読む…]

責任転嫁する人の7つの心理と特徴

責任転嫁する人

『責任転嫁』とは、自分に責任があるのにもかかわらず、その事を認めず、他人に責任をなすりつけることです。

どうしてこのような事が起こるのでしょうか?

それは、人は無意識のうちに、自分を守ろうとする『自己防衛』の心理が働くからです。

しかし、『自己防衛』の心理は誰しもが持っているものでもあります。

責任転嫁する人と、そうでない人との違いは、一体、何なのでしょうか?

今回は、責任転嫁する人の心理や特徴が具体的にどのようなものなのかを7つにわけてお伝えします。 [続きを読む…]

傲慢な人の考え方の7つの特徴

傲慢な人

あなたの周りに傲慢な人はいますか?

その人のことを周囲の人は、どう思っているでしょうか?

傲慢な性格の人は、その言動のせいで、男性からも女性からも嫌われてしまいます。

それは、プライベートでも、職場でも同じです。

あなたが、今後の人生において、誰とでも円滑な人間関係を築きたいと思っているのなら、傲慢な部分を直し、謙虚な気持ちを持つことが重要です。

今回は、傲慢な人の特徴や考え方をお伝えしますので、自分自身に傲慢な部分はないか、一度振り返ってみましょう。 [続きを読む…]