集中力がない子どもの特徴と原因から見えてくる集中力を高める方法

集中力がない子ども

人には誰にでも集中力できない時があります。

他人の声や行動が気になったり、周囲に気持ちを誘惑するものがあれば、どうしても気が散ってしまうものです。

私たち大人でもそうなのですから、それが子どもであれば尚更でしょう。

勉強をしなくてはならない時にテレビやマンガが気になってしまって宿題が手に付かない…なんていうのは、その典型でしょう。

親であれば、子どものそうした様子を見かけると、注意して集中できるように促します。

しかし近年は、いくら注意をしても集中力を維持できない子どもが増えてきていると言われ、そうした子どもが教育現場で問題児扱いされてしまっています。

実は…私の息子もそうした「集中力がない子ども」でした。

息子は、集中力がないことで忘れ物がとても多く、宿題もきちんと出すことができず「問題児扱い」されてしまい、私は何度も学校に呼び出されていました。

また、勉強だけでなく、人の話を聞くことにも集中できないため、友達との関係も上手くいかず、学校生活の中ではいじめにもあっていたようです。

学校からは「家庭で注意してお子さんを指導してください」と言われるため、一生懸命関わろうとするのですが、いくら注意しても改善しない息子の様子にとても悩んでいました。

実際、私のように子どもに集中力がないことで悩んでいる親は少なくないと聞きます。

しかし私は今、以前よりも気持ちを楽にして息子に関わることができるようになりました。

なぜなら、息子が物事に集中することができない理由が分かったので、どのように関われば良いかも理解することができるようになったからです。

子どもが集中できない原因や集中力がない子どもの特徴を知り、そうした特徴をもつ病気もあるということを理解することで、子どもに対して適切な言葉掛けや対処をしてあげることができるようになります。

集中力がない子どもにどう対処れば良いかを理解してそれを実践していけば、子どもの様子も変わっていくということを私自身の子育てで体感したのです。

今回、私の子育ての経験や学んだ知識から、集中力がない子どもの特徴と原因、そして、どうすれば集中力を高めることができるのかについてお伝えします。
[続きを読む…]