嫌味を言う人の7つの心理

嫌味 心理あなたの周りにも、嫌味っぽい人が1人や2人はいるのではないでしょうか?

嫌味を言われたほうは、決して良い気分はしませんし、出来ればそんな人と関わりたくないと願ってしまいますよね。

嫌味を言うほうも、周りから嫌われたり、人間関係が難しくなったりとデメリットも多いはずなのに、どういう心理状況で嫌味を言い続けるのでしょうか?

今回は、嫌味ばかり言う人の心理を7つお伝えします。

これを参考にして、嫌味を言う人から身を守るすべをマスターしてください。 [続きを読む…]

恋人つなぎは、脈ありサイン!? 人間心理を徹底解剖

恋人つなぎ

恋人つなぎとは、2人の人物が、お互いの指と指を絡ませあうように手を握っているさまを指す俗称です。

仲睦まじい恋人同士が、このような形で手を握っている事が多いことから、いつしかこの呼び名が定着していくようになりました。

『恋人握り』『ラブ握り』などと呼ばれることもあります。

そういうわけで、気になる人と恋人つなぎができたら脈ありサイン!? 関係発展のチャンス!? という話が巷でささやかれるようになりました。

今回の記事は、恋人つなぎに関係する人間の心理についてお伝えします。 [続きを読む…]

すべてお見通しよ!! 今日からわかる5つの読心術

読心術

読心術というと皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

テレパシーとか超能力とか、サイエンス・フイクションの世界を創造なさられる方も多いかと思います。

しかし、そういった想像上の話ではなく、現実の話として、よく相手を観察すれば、本人さえ意識の及ばないような心理を読み取ることもできます。

昔の日本のある高名な武術家の修業の話ですが、師匠が「アレをアレしろ」と全てをアレという言葉だけで指示し、弟子の側は師匠の心理を先読みして指示を理解することが求められたそうです。

今回の記事においては、視線・口癖・しぐさ・体格・ファッションといった箇所に着目した読心術のさわりを紹介します。 [続きを読む…]

大変!? 伊達男になっちゃう!! 8つの方法

伊達男

男立てという言葉が室町時代に、さかさまになり、伊達男となりました。忠義心があり、男気がある人という意味で使われています。

また、伊達政宗が豊臣秀吉に濡れ衣をかけられた時に、家臣に磔台を担がせ、自分は白装束(死装束)という姿で上方に訪れ、このときの姿を見た町人たちが驚き、彼を伊達男と呼んだのが由来の「伊達男」。

近年の意味としては、「派手な振る舞いをする男」「派手ないでたちの男」という意味でしょう。

時折「粋な男」や「美男子」と言う意味で使われることがあります。これは伊達政宗が美男子だったからという噂から来ているようです。

あなたも現代の伊達男:オシャレで男気がある人になって、女性から注目されませんか? 粋な伊達男になる方法を特別に7つご紹介しましょう。 [続きを読む…]

無意識の行動を矯正する6つの方法

無意識 行動

わかっているはずなのに無意識の行動というのは良くも悪くも逆の結果を招くことがありますが、意識VS無意識からの行動は3対97といわれており、いかに無意識レベルでの行動が大いに影響を与えているのかがわかります。

意識しないようにしようと思えば思うほど「してはいけない」という方向に囚われるのが一般的な人の心理で、よく魔が射すといいますが、失敗してはいけないと思えば思うほど失敗する確率が高くなるのです。

ここでは、無意識を知り良い結果を出せるような行動にするための方法をお伝えします。 [続きを読む…]