あなたも時間を捨てるタイプ? 時間を無駄にしない方法7つ

時間 無駄

多くの人が時間を無駄にしたくないと思いながら、ついつい時間を無駄にしてしまいます。

人間は判っていても、簡単には習性を変えることができません。

もっと時間を有効に使うことができれば、もっと色々なことができ、もっと有意義に生きられると誰もが思っています。

ですが、どこまでが時間を有効に使っていて、どこまでが時間を無駄にしているのか判らないのが現実です。

もちろん、物ごとを先延ばしにしている場合は、決して時間を有効に使っているとは言えません。

とは言え、何となく人は日々忙殺されているように感じてしまいます。

確かに、時間がどれだけあっても足りないと思って生きている人は少なくないでしょう。

これ以上、時間を有効に使えるとは思えないと考える人もいることと思います。

また、判っていながら自堕落に生きている人もいるでしょう。

これではダメだと判っていても、日々楽して生きてしまいます。

今回は、そんな時間を捨てるタイプの人が時間を無駄にしない方法をご紹介します。
[続きを読む…]

【悩み】存在感が薄い人が変わる6つの解決法

存在感が薄い

職場での日々の仕事は、言い換えると社内で自分のブランドを確立し存在感を高めていく行為でもあります。

気配を消すのがうまい(存在感のない)人だと周囲から「必要のない存在」というラベルを張られかねません。

そうすると必要な情報も滞りがちになってしまい、ますます改善することが難しくなってきます。

今回はそんな気配を感じた時に行って存在感を高めていく方法を紹介します。 [続きを読む…]

正しく評価してください!ハロー効果がもたらす作用と活用法

ハロー効果

以前、中学校卒の学歴で頑張っている男性が次のように愚痴っていいました。

「俺は車の運転には自信があり、誰にも負けない。でも、今度面接を受けたところは高校卒しか採用しない。みんなが高校に行っている3年間、こっちはみっちり運転の経験を積んできているというのに。運転手なら運転がうまい方がいいに決まっているのに納得いかない」

さて、あなたはこの人の言い分にどんな考えを持ちますか。

「一般的に高校くらい卒業していないなら、それは無理だよ」と思いますか。「そうだそうだ、運転さえうまければ学歴なんてどうでもいい」と思いますか。

社会生活を営んでいくうえで私たちは数多くの人々と出会い、接していかなければなりません。職場でも個人的な付き合いでも、「自分が正しく評価されていない」「裸の自分を認めてほしい」と感じることは度々あります。

評価してくれない相手を責めたくもなりますが、心理学的に人間とはそのような考えを持ちやすいものだとしたら、不平不満を言うよりもその心理をうまく活用していく方が得策ではないでしょうか。

ハロー効果に影響を与えるのは第1印象です。人を外観で評価する割合は55%とも言われています。そこで、以下の点に気を付けましょう。 [続きを読む…]