頭にきたときにグッとこらえて我慢したいときの対処法7つ

頭にきた

何かとストレスを感じることが多い現代社会。

学校や職場など、いろいろな人との関わりを持つ中で、他人を傷つけ、他人に傷づけられ、思わず「もう頭にきた! 」と叫びたくなるときもあるでしょう。

そんなときは、振り上げたコブシをおろして落ち着きましょう・・・そんなことはできない??

そういう気持ち、非常によくわかります。

そこで今回は、頭にきたときに、グッとこらえて我慢する方法を7つご紹介します。

振り上げたコブシを、本当に相手に振り下ろしてしまう前に、まずはこれらの方法を試してみてください。
[続きを読む…]

場の空気を察知し、的確にリアクションする空気を読む方法7つ

空気を読む

場の空気は、その場ですべきこと、すべきでないことという一種の判断基準を示すものです。その判断基準は文書等によって明らかにされるものでなく、暗黙の基準であることが特徴です

場の空気を読み、的確に対応していくことは、社会に生きていくにあたって重要なことです。もし、場の空気に反するようなことがあると、周囲からのひんしゅくを買うことになりかねないからです。

今回の記事においては、場の空気を察知し、的確にリアクションする空気を読む方法を7つ紹介いたします。 [続きを読む…]

すべてお見通しよ!! 今日からわかる5つの読心術

読心術

読心術というと皆さんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

テレパシーとか超能力とか、サイエンス・フイクションの世界を創造なさられる方も多いかと思います。

しかし、そういった想像上の話ではなく、現実の話として、よく相手を観察すれば、本人さえ意識の及ばないような心理を読み取ることもできます。

昔の日本のある高名な武術家の修業の話ですが、師匠が「アレをアレしろ」と全てをアレという言葉だけで指示し、弟子の側は師匠の心理を先読みして指示を理解することが求められたそうです。

今回の記事においては、視線・口癖・しぐさ・体格・ファッションといった箇所に着目した読心術のさわりを紹介します。 [続きを読む…]

ジョハリの窓で自分を知る5つの方法

ジョハリの窓

みなさん、ジョハリの窓をご存じですか?

ジョハリの窓は、自分に関する情報データを

「開放の窓(自分にも、他人にも分かっている姿)」
「盲点の窓(他人に分かっているが、自分には分かっていない姿)」
「秘密の窓(自分に分かっているが、他人には見せない姿)」
「未知の窓(自分にも他人にも分かっていない姿)」

の4つの窓(カテゴリ)に分類して、自己分析をする方法です。

これは、他人とのコミュニケーションを円滑にするための自己分析として、心理学ではよく使われているモデル(方法)です。

今回の記事においては、ジョハリの窓を使って自己分析する方法を紹介します。 [続きを読む…]

【悩み】存在感が薄い人が変わる6つの解決法

存在感が薄い

職場での日々の仕事は、言い換えると社内で自分のブランドを確立し存在感を高めていく行為でもあります。

気配を消すのがうまい(存在感のない)人だと周囲から「必要のない存在」というラベルを張られかねません。

そうすると必要な情報も滞りがちになってしまい、ますます改善することが難しくなってきます。

今回はそんな気配を感じた時に行って存在感を高めていく方法を紹介します。 [続きを読む…]