病院に行く前にできる恐怖症を克服する5つの方法

恐怖症 克服

恐怖症は、倫理的な原因と関連しています。

病気の中では、神経症という大きなくくりになります。恐怖症性不安障害と呼ばれるものです。

通常は、危険ではない様々な対象や状況を特徴的な方法で回避します。

その症状を起こす人は、その人の関心が、動悸やめまいのような症状に集中することもあって、しばしば死ぬこと、自制を失うこと、あるいは気が狂ってしまうことへの強い恐怖と関連しています。

他の人がその状況を危険とも脅威とも思わないのだと知ってもその不安は軽減しません。

恐怖症を生じる状況に入ると考えただけでも、予期不安を感じてしまいます。ひどくなると、生活に支障が生じるので、病院に行った方が良いですが、病院に行く前に恐怖症を克服する方法を考えてみましょう。 [続きを読む…]