友達ぶっているくせに裏では・・・フレネミー症候群の11の特徴

フレネミー症候群

あなたの友達グループにも潜んでいるかも知れない……『フレネミー』

もしかしたら、グループのあの子、フレネミー症候群かも・・・という心当たりはありませんか?

フレネミーとは、友達のふりをした、敵のこと。

つけ入りやすい人を利用し、自分の都合のいいように話を持って行ったり、人をおとしめたりします。

一見、表面上は仲良く見せているけれど、言動や行動に悪意があるのが、フレネミー症候群の特徴です。

周りに「この人、本当に自分のことを友達だと思っているのかな? 」と、疑問に思うような言葉を言ったり、なんだか一緒にいて違和感がある、と感じる人はいませんか?

あなたはすでに、フレネミーの標的になってしまっているかも知れません。
[続きを読む…]

八方美人な女性の良いトコ、悪いトコ

八方美人

世の中には八方美人だと言われる人が必ずいます。

会社や、学校、どこにでも数人はいるものですし、仲間内という小さなコミュニティにもそういう人は存在します。

正直なところ、八方美人と言う言葉は、あまり良い意味で使われる事はほとんどありません。

むしろ、悪く言う時に用いられることが多いのです。

今回は、そんな八方美人な人の特色についてお伝えします。
[続きを読む…]

自尊心が低い女性は、なぜ幸せになれないのか?

自尊心が低い

今の世の中、自尊心が低い女性が多いとは誰も思わないでしょう。

しかし、人は誰しも必ず深層心理下にコンプレックスを持っており、表には見えて来ない自尊心の低さが隠されている場合があります。

外見には自信があっても、性格に自信がなかったり、性格に自信があっても、外見に自信がなかったりします。

また、家族や親族のことでコンプレックスを抱え、自尊心が低い人も珍しくありません。

今回は、自尊心が低い女性がなぜ幸せになれないのかについてお伝えします。

[続きを読む…]

生意気な後輩の6つの教育法

生意気な後輩

社会人としてある程度成長すると、後輩を教育しなければならない立場につきます。

誰だって、生まれつき先輩ということはありません。

初めてのこととなれば、どのように教育をすれば良いのか迷うことになるでしょう。

そして、初めて担当する後輩が、生意気で扱いづらかったりした日には、あなたの悩みも深いものとなるでしょう。

ただ、教えることとは学ぶこととも言いますし、あなたも人間的に成長するチャンスですから、安易に投げ出すのはNGです。

今回は、生意気な後輩を教育するべく、汎用性が高い教育法を6つお伝えします。 [続きを読む…]

自己効力感を高めて、意欲を高める5つの方法

自己効力感

自己効力感とは、カナダ人心理学者アルバート・バンデューラの提唱した概念で、外界の事柄に対し、自分が何らかの働きかけをすることが可能であるという感覚です。

端的に言えば、自己効力感は、「やればできる」という感覚です。それは、他への働きかけの概念と結びつかない自尊心と区別されます。

バンデューラの社会的認知理論によれば、人々は、自己効力感を通して、自分の考え・感情・行為をコントロールしているとされます。

低い自己効力感しか持てず「何をやっても無駄だ」と思っていれば、人間は行動する意欲がわきません。

今回の記事においては、自己効力感を高めて、意欲を高める5つの方法を紹介します。 [続きを読む…]