危機感がない人が危機感を持つには? 対処法7つ

危機感がない

年々の地球温暖化、再発もあり得る原発問題など、日々の暮らしに実際に危機感を持って暮らしている人はどれくらいいるでしょうか?

会社の業績が悪く、実際に経費削減を強要されてもまだどことなく「他人事」と捉えている人も少なくないのではないでしょうか?

このように、身の回りの危機を自分個人の問題と結びつけて考えることはなかなか難しいものです。

なぜなら、それは「まだ失っていない」からであり、例え失う可能性が大きいとしても、実際にそれが起こらない限り、人間は予防策を実行しないからです。

そして、その代わりに、危機感を「不安」にすり変え、それを感じるだけに留めます。

特に、男性で危機感がない人は、恋愛や婚姻関係で失敗を繰り返しやすくなります。

パートナーとの間に起こり得る問題に危機感を持って対処しやすい女性に比べ、何度も言われているにも関わらず、その危機感を受け止めることをつい怠りがちな男性は、結果、女性の方から別れを告げられることを「寝耳に水」と感じることが多いはずです。

危機感とは、不安と同じく私たち人間に備わったいわゆる「必要な機能」の一種で、感じることによって行動を起こすきっかけをくれます。

ある程度の危機感を持っておかなければ、人間関係をはじめ、仕事や人生の様々な場面でミスや失敗を招いてしまいます。

では、危機感のない人が危機感を持つためには、いったいどうすれば良いのでしょうか?

[続きを読む…]