あなたは天然ボケ?天然ボケの人の特徴や原因とその治し方

    天然ボケ特徴

    周りとは少しズレている言動や行動したり、時には常識外れなことも平気で言い出してしまう…だけど、どこか憎めない愛されキャラな「天然ボケ」の人。

    あなたの周りには、そんな「天然ボケ」と呼ばれている人がいますか?

    周囲にとっては、どこか憎めない「愛されキャラ」という印象かも知れませんが、実際にそのように言われている本人はそんなに楽観的に捉えてはいません。

    実は、周囲から笑われたりからかわれたりすることで密かに傷ついたり、人間関係にストレスを感じることも多々あるのです。

    そこでここでは、天然ボケと呼ばれる人が持つ特徴についてお伝えし、その治し方も合わせてお伝えしていきます。

    天然ボケの特徴を見ながら「なぜそのようになってしまうのか?」という原因を探るとともに、天然度チェックも行っていきます。

    ですから、天然ボケだと言われることが苦痛に感じている人にとって、ぜひ知りたい「治し方」も分かるでしょう。

    「天然ボケ」という自分の特徴や性格をどのように捉えるべきか、この機会に考えていきましょう。

     

    あなたは天然ボケ?天然ボケの人の特徴や原因とその治し方

     



     

    天然ボケな人に共通する特徴とは?


    そもそも「天然ボケ」な人というのは、どのような特徴を持っている人に対して向けられる言葉なのでしょうか?

    人とは少し違う、ちょっとズレている、変な言動を繰り返す…ただそれだけでは、本当にただの「変な人」になってしまいます。

    そうした言動や行動があってもどこか憎めない「天然ボケ」な人には、周囲に憎まれない「天然ボケ」な人だけが持つ特徴があるようです。

    そこでまずは、天然ボケな人が共通して持っている特徴についてお伝えしていきます。

     

    人の話をあまり聞いてない


    天然ボケな人の多くに見られる特徴として「人の話を聞いてない」というものがあります。

    人の話を聞いてないからといって、別に自分勝手だったりするわけでもありませんし、不真面目な対応をしているわけでもありません。

    ただ、人の話を聞きながら他にも色々なことを同時に考える傾向にあるため、聞き流してしまっていたり、聞き流しても「まあいいか」で済ませてしまうため、話の内容を半分も覚えていないのです。

    ですから、話をしている相手が何か質問をしてきても話がかみ合わず、その結果「この人は話を聞いてないんだな」という印象を与えてしまいます。

    このように、本人には全く悪気がないのですが、常に自分の世界に入ってしまうので周囲への気配りが上手ではない…というのは、天然ボケな人の特徴だと言えるでしょう。

     

    細かいことは気にしない


    先ほどのところからも分かるように、天然ボケな人はあまり周囲への気配りが得意ではありません。

    だからといって、そのことを特に気に病んでいるわけではなく、細かいことは気にしない性格なのです。

    天然ボケな人は常に笑顔でいることが多く、本人はあまり意識していないにもかかわらず誰にでも笑顔を向けることができると言われています。

    ですから、何か失敗した時に周囲はハラハラして見守っているのですが、本人は細かいことが気にならないため笑顔で何とかなってしまう部分が多々あります。

     

    常にポジティブな思考を持っている


    ではなぜ、天然ボケな人はいつも笑顔で細かいことは気にせずいられるのでしょうか?

    それは、天然ボケな人の多くがとても「ポジティブな思考」の持ち主だからです。

    周りから怒られたり何か失敗をしたとしても、あまりくよくよと悩むことがなく常に物事を前向きに考えることができます。

    失敗しても「仕方ないや。また次頑張ろう」とポジティブに考えていけるのは、天然ボケな人が持つ一番の特徴と言っても過言ではありません。

    こうした特徴は、周囲から見ても裏表がなく一生懸命な姿に見えるため、人からとても好かれる傾向にあります。

     

    場を和ませる明るい性格


    また、そうしたポジティブな思考ゆえに性格も明るく、場の雰囲気を和ませてくれる存在なのも天然ボケな人が持つ特徴です。

    天然ボケな人は、細かいことが気にならないため場の雰囲気を読むのが得意ではありませんが、とても明るい性格なため周囲が暗くなっていてもその場を和ませるのが上手です。

    本人には特に「場を和ませよう」などという気持ちはないのですが、元々の性格も手伝って自然と場を和ませてくれます。

    しかし、その一方で真剣な場面がとても苦手で、周囲が真剣に話し合っていても明るく振る舞いすぎて緊張感を欠いてしまうこともあるようです。

     

    忘れっぽい


    天然ボケな人の最大の特徴だと言っても過言ではないのが「忘れっぽい」というものです。

    ポジティブな思考で、何かつらいことがあっても「まあいいか」で忘れようとするあまり、単純に忘れるのが早くなったのではないかと考えられます。

    嫌なことがあってもすぐに忘れられるのはとても良いことですが、約束や仕事の計画なども忘れてしまうので困ることがあります。

    しかも、本人は自分が忘れっぽいと自覚していないことも多いようなので、これは注意していきたいところですね。

     

    方向音痴の人が多い


    そのような忘れっぽさに関係しているのかどうかは分かりませんが、天然ボケな人の多くはなぜか方向音痴だと言われています。

    特に女性で天然ボケな人の多くは方向音痴なようです。

    天然ボケな人は、たとえ道に迷っていてもあまり気にしていないため、方向音痴が治らないのかも知れませんね。

    特に女性の場合は、男性に頼ればなんとかなると思っている人も多くいるため、男性以上に方向音痴が多いと言われています。

     

    おっとりしている


    また、天然ボケな人の多くが性格的におっとりしていると言われています。

    周囲から見れば何だかぼんやりしているようにも見えますが、この性格が「天然ボケ」の一般的なイメージだと考えて良いでしょう。

    天然ボケな人は細かいことをあまり気にせず、とてもポジティブな思考の持ち主なため、周囲に対してもあまり神経質な反応をすることなくおっとりして見えるのでしょう。

    こうした性格は、周囲で何かトラブルがあっても敵視されることが少ないため、人間関係としてはとても平和に過ごせるようです。

     

    誰とでも仲良くできる


    このように、人間関係も平和で周囲から好かれるキャラクターである天然ボケな人は、誰とでも分け隔てなく仲良くできると言われています。

    男性はともかく、女性の場合は友人関係が同性に偏る傾向にあると言われており、どんな人でも仲良くできるというわけではありません。

    しかし、天然ボケな人は周囲からとても好かれるキャラクターなところがあるため、同性異性に関わらず人から好かれます

    そのため、天然ボケな人は誰とでも仲良くなることができるのです。

     

    子どもっぽい言動や行動


    天然ボケな人の中でも、特に女性に見られる特徴として「子どもっぽい」言動や行動が見られるというものがあります。

    天然ボケな人は素直で感情が表に出やすい傾向があると言われており、ちょっとうれしいことがあっても大げさに喜んだり驚いだりするようです。

    そのような言動や行動は、異性である男性から見るととても「可愛い」と思われるようですが、同性である女性同士だと「ぶりっこ」だと言われてしまうことも…

    そのため、本人は気付かないうちに敵ができてしまっていることも考えられるので、その点は注意が必要かもしれません。

     

    童心に帰れるような場所を好む


    このように、天然ボケな人は素直で子どもっぽい傾向にあるため、出かける場所の好みも童心に帰れるような場所を好みます。

    子どもが喜ぶような動物園や遊園地は純粋な気持ちで楽しむことができるので、天然ボケな恋人がいる人などにはオススメのお出かけスポットです。

    天然ボケな人は純粋で素直な性格なので、童心に帰れるような場所でもしっかり楽しめるのです。

     

    純粋で真面目だと思っている


    ここまで色々と書いてきたのですが、天然ボケな人はいたって真面目です。

    とても素直で純粋ですが、細かいことを気にしないおっとりとした性格であるため、周囲から天然ボケだと呼ばれているだけで、本人はいつもいたって真面目なのです。

    ただ、天然ボケな人は常に自分の中での世界観ができあがっており、その中で真面目に過ごしているだけなのです。

    自分の中でできあがった世界観ですので、周囲とギャップがあれば「天然ボケ」だと言われてしまうこともあります。

     

    自分自身が「天然ボケ」だと自覚していない


    これでお分かりの人も多いでしょうが、つまり天然ボケな人は自分自身が「天然ボケ」だと自覚していません。

    よく「私って天然ボケだから」という人がいますが、こうした人は本当の天然ボケではなく、そうしたキャラクターを演じているだけかもしれませんね。

    本当に天然ボケな人というのは、当然自分自身が「天然ボケ」だと自覚していないので、周囲から「天然ボケ」だと言われるとマイナスのイメージを抱いてしまうこともあるようです。

    自分だけが気付いていない、だけどいつも面白いことを言ったりする…そんな人が、本当の天然ボケなのです。

     

    天然ボケと呼ばれる人は4つのグループに分けられる!?


    ここまでお伝えしてきたような特徴を持っている人こそが「天然ボケ」と呼ばれる人なのですが…

    先程も少し触れたように、天然ボケな人の中にはそうしたキャラを演じている自称「天然ボケ」な人もいます。

    天然ボケを演じている人の中には、そうしたキャラクターを前面に出すことで周囲を混乱させたり騙したりする人もいるようです。

    そこでここでは、そのような「悪い天然ボケ」キャラの人に騙されないように、天然ボケを見分けるための4つのグループについてお伝えします。

     

    第1グループ


    このグループの天然ボケな人は、とても真面目で純粋、そして素直な人です。

    自分が天然ボケだという自覚がなく、ポジティブな思考で周囲を和ませてくれるキャラクターの持ち主です。

    有名人で例えると…元プロ野球選手の長嶋茂雄さんや元プロボクサーの具志堅用高さんのように、あまり細かいことを気にせず周囲を明るくしてくれる人がこの第1グループの人です。

    このグループの人が、天然ボケの中でも最も人々に好かれるグループだと言われています。

     

    第2グループ


    第2グループは、第1グループのように100%天然ボケなわけではないと考えられています。

    「計算が7割、天然が3割」と言われており、基本的にお笑いが好きなため周囲を和ませるために一生懸命面白いことを言おうとしています。

    しかし、今ひとつ周囲とは価値観などがズレているところがあるため、周囲から天然だと勘違いされがちです。

    このグループの人は、注意しないとごく一部の人には嫌われてしまう傾向にあるようです。

    有名人では、女優の綾瀬はるかさんなどがこのグループに属していると考えられています。

     

    第3グループ


    第3グループは、第2グループよりも更に計算高い要素が強いと考えられる、いわゆる「自称天然ボケ」の人のグループです。

    世間では「小悪魔」などと呼ばれることがある人たちで、人によって好き嫌いが大きく分かれる傾向にあります。

    パブリックイメージを気にしつつも「天然ボケ」だと可愛らしいと思われると思っているため、天然ボケなキャラクターを演じています。

    そうしたところが周囲の賛否の元となってしまうようですね。

    有名人では、女優の山口もえさんや吉高由里子さんがこのグループにいると言われています。

     

    第4グループ


    第4グループに至っては、それまでの他のグループとは違ってただ知識や常識に欠ける人だと言われています。

    このグループの人たちは、天然ボケというキャラクターよりは「おバカキャラ」として知られており、意外とこのグループの人たちは世間で重宝されることもあるようです。

    有名人では、タレントの鈴木奈々さんなどがこのグループに属していると考えられています。

    世間では、第3グループとこの第4グループの人たちには気を付けないといけないように言われていますが、実は第2グループの人たちも計算で天然ボケを装っている部分があります。

    「天然ボケ」キャラに騙されないためには、純粋で真面目な第1グループの人たちとそうではない人たちとを見分ける必要がありそうですね。

     

    天然度チェックをしよう!


    このように、世の中には天然ボケを装って自分自身を演出しようとしている人たちもいることが分かっていただけたかと思います。

    しかし、自分ではそうしたつもりがないにも関わらず周囲から「天然ボケ」だと言われてしまう人にとって、自分のどんなところが天然ボケなのかを知りたいと思うのではないでしょうか。

    自分自身ではひとりの社会人として普通に生活しているつもりなのに、周囲から「天然ボケ」だと笑われたりしているととても傷つくのです。

    そこでここでは、自分がどのくらい「天然ボケ」の要素を持っているのかをチェックするための「天然度チェック」をしてみましょう。

     

    天然度チェック診断について


    まずは、こちらの天然度チェックをやってみましょう。

    【天然度診断】あなたは天然?それともしっかり者?天然ボケ度をチェック!

    設問は10問、二者択一の問題です。

    このチェックでは、自分に「天然ボケ」の自覚がなくてもどのくらいの天然ボケ度があるのか分かります。

    本当に天然ボケキャラかも知れませんし、実は天然のふりをしている計算「天然ボケ」かもしれません。

    どちらかをはっきりさせて、自分がどのようなキャラクターの人間かを知ることができれば、おのずと改善方法も分かってくるはずですよ。

    他にも、このような天然度チェックもあります。

    天然?それとも計算?天然度チェック診断

    ひとつのチェックで納得いかなかった場合には、ぜひこちらも試してみてくださいね。

     

    天然ボケの原因と治し方


    先ほどのチェックで天然度が高かった人は、その結果をどのように受け止めているでしょうか。

    本当に「天然ボケ」な人ほど、自覚がないことが多いためショックを受けているのではないでしょうか。

    天然ボケだと言われる人ほど天然ボケを治したいと思うもの…しかし、どうやって天然ボケを治したら良いのでしょうか?

    そこでここでは天然ボケの原因を検証し、そこから考える天然ボケの治し方についてお伝えしていきます。

     

    天然ボケの原因とは


    当然ながら、天然ボケになる原因は決して科学的に証明されるものではありません。

    しかし、人の本質に目を向けて考えてみると、かなり根拠のある原因を導き出すことができるようです。

     

    幼少期から空想することが好きだった?


    あなたは、子どもの頃に一人で空想にふけったり妄想をするのが好きだったりしませんでしたか?

    そのような幼少期を過ごした経験がある人ほど、大人になって「天然ボケ」だと言われる可能性が高いと考えられています。

    幼少期のコミュニケーション能力は、主に親との関係により形成されていきます。

    しかし、親が忙しかったりしてコミュニケーションを学ぶ機会が不足してしまうと、子どもは心の自己防衛のために自分の世界に閉じこもりがちになります。

    親とのコミュニケーションが不足している状態というのは、愛情に飢えている状態であるということです。

    その愛情不足を補うために空想の世界で過ごし、自分の心を満たそうとします。

    しかし、成長するにつれて空想の世界でばかり生きていられなくなります。

    学校へ進学したり、また更に成長して就職をすると「社会」という現実の世界で生きていかなければなりません。

    天然ボケな人の中には、このように自分の空想の世界と社会とのギャップが埋められていない人がおり、このギャップゆえに周囲から天然ボケだと言われてしまうのです。

     

    幼少期からの空想癖を治さなくても生きてこれたから?


    更に、天然ボケな人は社会に出ても「天然ボケ」について指摘されることはあっても、具体的にどう改善すれば良いのかを教えてくれる人に出会う機会があまりありません。

    そもそも、天然ボケな人はあまり細かいことを気にしない性格であるため、幼少期からの空想癖を治さなくても困らず生きてこれているのです。

    ですから、自分でも深刻になるほどの困難に遭遇しない限りは「天然ボケ」を治そうとは思わないでしょう。

    このように、幼少期からの癖を治さなくてもそれなりに困ることなく人生を歩んでこれていることこそが、天然ボケの最大の原因です。

    天然ボケというのは、決して周囲の環境などが原因ではなく、自分自身の問題が大きく影響しているのです。

     

    天然ボケがひどいときには病気の可能性も…


    天然ボケになる原因を「空想する癖」という視点から見てきましたが、あまりにも周囲から指摘されると「自分が病気なのではないか?」と悩んでしまうこともあります。

    確かに「天然ボケ」という病気は特に存在しておらず、あくまでも個人の持つ性格の特徴の一つです。

    しかし、あまりにも忘れることが多かったりして仕事に支障をきたしたり、日常生活にも問題が生じる場合には、天然ボケではなく精神疾患を抱えている可能性があります。

    例えば、アスペルガー症候群ADHD(注意欠如・多動症)のような広汎性発達障がい、またうつ病のような気分不安障害などです。

    ただ「天然ボケがひどい」というだけでは一概にどの病気かという判断をつけることができません。

    万一心配な場合には、一度医療機関で診断を受けることをオススメします。

     

    天然ボケの治し方


    先ほどお伝えしたような病気ではない限り、天然ボケというのは個人の持つ性格的な特徴の一つにすぎません。

    ですから、天然ボケを治したいからといって何かの薬を飲んだり何らかの治療をすることで治るということではないのです。

    では、実際にどうやって天然ボケを治していけば良いのでしょうか?

    「天然ボケの治し方」は、その原因や特徴に合わせて自分を変えていくというものです。

    ここからは、実際にどのようなことを変えていけば良いのかをお伝えしていきます。

     

    人の話をきちんと聞くには?


    まず、天然ボケの人には「人の話を聞いていない」という特徴があります。

    だからといって、天然ボケの人が人の話に対して不真面目な対応をしているというわけではなく、ただ細かいことを気にしないため理解できてなくても聞き流してしまうのです。

    とは言え、いつもそのように人の話を聞いていないのでは仕事などでは支障が出ることもあります。

    ですから、人の話をきちんと聞くためには「質問を確認」するくせをつけるようにしましょう。

    相手から何か質問をされたら、必ず一度は自分の言葉に言い換えて相手に尋ねるようにするのです。

    これだけでも、会話が成立しないといった事態を避けることができます。ぜひ試してみてください。

     

    忘れ物をしないようにするには?


    これもまた、天然ボケな人が持つ特徴ですが「細かいことを気にしない」というものがあります。

    細かいことをあまり気にしないということは、人の話をサラッと聞き流してしまうのはもちろん、仕事や勉強などの場面においての忘れ物やうっかりミスが増えてしまうことがあります。

    あまりに忘れ物が多いと、そうした様子から「この人は天然ボケだから…」なんて言われてしまうことも。

    できるだけ忘れ物やうっかりミスを減らして、周囲から天然ボケだと思われないようにしたいものですね。

    そうした忘れ物やうっかりミスを減らすためには、慌てずに一つ一つの物事を確認するようにしてみてください。

    元々が細かいことを気にしない性格なので、最初は大変に感じるかも知れませんが、これが天然ボケを治すためにはとても有効な方法なのです。

    きちんと確認するようにすれば、忘れ物やうっかりミスが少なくなってきます。

    どうしても覚える自信が無い時には、メモやスマートフォンのリマインダーなどを活用すると良いでしょう。

     

    自分の世界観・価値観を広げると天然ボケが治る?


    天然ボケの人の多くは、自分自身が天然ボケである自覚を持っていません。

    なぜなら、天然ボケな人は自分の中での世界観や価値観が常にできあがっている状態で人とコミュニケーションを取っているからです。

    自分の中では全くおかしなことをしていないのに、周囲とは価値観が違うため笑われたりからかわれたりしてしまいます。

    ですから、そうしたことにならないようにしていくためには「価値観や世界観を広げる」ようにしていけば良いのです。

    今までの自分がしたことがない経験を敢えてしてみることで、自分が今まで生きてきた世界とは全く違う世界観や価値観に触れることができます。

    そうしていくうちに、自然と「自分と相手との価値観」の違いに気付いていくことができるでしょう。

    周囲との価値観の違いに気付くことができれば、言動や行動がズレることもなくなり、天然ボケだといって笑われることもなくなってくるのです。

    ですからこの機会に、自分の世界観そして価値観をもっともっと広げていくようにしましょう。

     

    人工の「天然ボケ」を見破るポイントとは


    天然度チェックなどで自分自身が天然ボケであることを自覚し、先ほどまでにお伝えした天然ボケの治し方を参考にしてみても、本当は日常生活に支障がない限り治す必要はないのです。

    天然ボケはあくまでも個性であり、周囲の人々からも愛されるキャラクターなのですから、天然ボケだと言われた本人がそれを受け入れてしまえば良いこと。

    天然ボケを治すよりも、その個性を生かして周囲からも愛されながら自分らしく生きていくことが一番大切なのです。

    しかし、中にはそうした天然ボケのキャラクターを装って自分をアピールしようとしている「人工の天然ボケ」が存在しています。

    こうした人たちがいることで、本当の天然ボケの人たちの存在も疎ましく思われてしまうので、ぜひ違いを見分けられるようにしておきたいものですね。

    そこでここでは最後に、人工の「天然ボケ」を見破るポイントについてお伝えしていきます。

     

    人工の天然ボケな人は、自ら「天然ボケ」をアピールする!


    本当の天然ボケな人は自分が「天然ボケ」だと認識していないので、周囲から天然ボケだと指摘された時に恥ずかしがったり怒ったりするものです。

    しかし、人工の装った「天然ボケ」な人は周囲から指摘されると喜びます。

    人工の天然ボケな人は「天然ボケ」であることによって周囲の注目を集め、周囲から認めてもらいたいという欲求があります。

    そのため、周囲から「天然ボケ」を指摘されると欲求が満たされるため嬉しくなり喜ぶ反応を示すのです。

    また更に、そうした欲求を満たすために人工の天然ボケな人は自分が「天然ボケ」だということをアピールしようとします。

    「私って天然なんだよね~」などと言っている人がいたら要注意ですよ。

     

    人工の天然ボケな人は、自分が損するボケは言わない!


    このように、人工の天然ボケな人は「天然ボケ」であることに価値を見出しており、そのことで周囲から注目を集めて認めてもらおうという欲求を強く持っています。

    ですから、自分が損するようなボケは決して言いません。

    基本的に、本当の天然ボケな人は周囲とはズレた言動や行動により笑われたりするものですが、人工の天然ボケな人は周囲より自分が「可愛い」などと思われたいために「天然ボケ」を装っています。

    そのため自らの価値が落ちて損をするようなボケは言わないのです。

    ちょっとコケるフリをしていたり、周囲も見え見えの小ボケを言っているような人は、明らかに人工の天然ボケな人なので気を付けるようにしましょう。

     

    人工の天然ボケな人は、同性の友達が少ない!


    こうした「天然ボケ」を装う人工の天然ボケな人は、意外に女性に多いと言われています。

    そして、女性の方が男性よりも人工の天然ボケな人を見破る能力に長けているのです。

    なぜなら、女性は基本的に自分と同じ思考を持っているので人工の天然ボケな人がなぜそのように振る舞っているのかを理解しています。

    ですから、天然を装って周囲の気を引こうとしている人工の天然ボケな人に対して嫌悪感を持ってしまうのです。

    こうしたことから、人工の天然ボケな人には同性の友達が少ないと言われています。

    しかし、本当の天然ボケな人には同性の友達が多いという特徴があります。

    特に女性の天然ボケな人は同性の友達が多いのですが、それは女性という生物が本来「母性本能」が強い生物だということが関係しています。

    つまり、天然ボケのようなおっとりした人をみると心配になり、ついつい世話を焼きたくなってしまうのです。

    このような点から見ても、人工の天然ボケと本当の天然ボケには大きな差があります。

    注意していれば見破ることができますから、しっかり見極めるようにしていきましょう。

     

    まとめ


    もしあなた自身が「天然ボケ」だと呼ばれることを苦痛に感じているのであれば、こちらでお伝えしてきた治し方などを参考にして対処していきましょう。

    しかし、本当は「天然ボケ」というものは決してあなたを卑下する言葉ではありません。

    むしろ周囲から愛されるキャラクターであると認められている言葉であり、あなた自身の素晴らしい個性を表す言葉なのです。

    ですから、「天然ボケ」の特徴を見ていくことであなた自身の持つ素晴らしい個性の特徴を見つめ直してみてください。

    そして、天然ボケを「あなたらしさ」として受け入れられるようなチャンスにしていってくださいね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら


    わせて読みたい


      コメント