なぜか嫌われる人の7つの特徴

    嫌われる人 特徴

    あなたの近くに、なぜか周りの人々から嫌われている人はいませんか?

    会社で嫌われている人は、往々にしてプライベートでも嫌われており、友人が少ない傾向にあります。

    この人たちは、なぜ周りの人々から嫌われてしまうのでしょうか?

    そして、周りの人々は、この人たちのどういう言動に嫌悪感を抱いているのでしょうか?

    今回は、なぜか嫌われる人たちの特徴や心理を7つお伝えします。

    あなたも、知らぬ間に嫌われ者になっていないか、確認しながら読みください。

     

    なぜか嫌われる人の7つの特徴

     



     

    デリカシーがない


     

    無神経で、場の空気を読めない人というのは、不用意に相手を傷つけますし、周囲の人々に不快な思いをさせます。

    今、自分がこういう発言をしたら、周りはどう思うかという気遣いや思いやりが欠落しているため、デリカシーのない言動を繰り返してしまい、徐々に周りからうっとうしがられていく…

    これが無神経で嫌われる人の特徴です。

    また、デリカシーのない人は、意識して人を傷つけたり、不快にさせたりする発言をしているわけではないのが厄介なところ。

    悪意がないので、何がいけないのか分からずに、同じような言動を繰り返してしまうのです。

     

    自慢話ばかりする


     

    自慢話というのは、言った本人は優越感にひたれるため、気分の良いものかもしれませんが、聞いている人は決して楽しいものではありません。

    楽しくないどころか、うんざりしてしまうものであることが多いのではないでしょうか?

    自慢する相手は、自慢話の内容に何の興味もないでしょうし、もしかしたら、今辛い状況にいるかもしれません。

    嫌われる人というのは、そういった状況を思いやることもなく、顔を会わすたびに自慢話しかしないという特徴を持っています。

    これでは、周りに対する配慮に欠けており、嫌われていくのは当然です。

     

    勘違いで自信過剰


     

    会社で、実力もないのに大きな口ばかり叩いていたり、全く異性からモテていないのにモテていると勘違いしたり。

    そんな自信過剰で、ビッグマウスの人は、当然ながら周りから浮いてしまいます。

    冷静に自分の置かれている立ち位置を把握できる能力があれば、勘違いも自信過剰も無くなり、周囲の人ともうまくやれるようになるのですが、なぜか嫌われる人というのは、自分のことを客観的に見ることができません。

    そして、自分が一番正しいと思っているため、周りからのアドバイスや意見に、耳を貸すことができないという特徴があります。

     

    ネガティブで愚痴ばかり


     

    『だって』

    『でも』

    『どうせ』

    いつも話しはじめにこのような言葉がついてしまう人は、周りの人から敬遠されてしまう傾向があります。

    必要以上にポジティブな人もうっとうしがられますが、いつも暗くてネガティブな人は、周りも暗くしてしまうので、より嫌われます。

    この手のタイプの嫌われる人には、愚痴や泣き言を言って、周りの人にかまってもらいたいという心理があるのが特徴なのです。

    しかし、親切な人が話かけたり、相談に乗ってあげたりしても『でも』『だって』と受け入れないため、いつのまにか、誰も助けてあげようと思わなくなります。

     

    自分の話しかしない


     

    コミュニケーションというのは、お互いの意思をキャッチボールのようにやりとりすることであって、一方的に意思を伝えることではありません。

    しかし、周りから嫌われる人の中には、相手の話には興味を示さず、自分の話しかしない人が多いという特徴があります。

    こういったタイプの人は、自己愛が強いのです。

    会話の中心が別の人になったり、自分以外の誰かが褒められたりすると、不快感をあらわにして、その場からいなくなってしまうこともあります。

    これでは、大人の社会では、健全な人間関係が育めるはずもなく、どんどん嫌われていってしまいます。

     

    人との適度な距離感をつかめない


     

    心理学の世界では『パーソナルスペース』という言葉があります。

    人それぞれに、相手との親しさに応じて、『あなたには、ここから先は入ってきてほしくない』という物理的な距離感を持っているものなのです。

    しかし、中には、他人のパーソナルスペースへの配慮をせず、プライベートな領域に、平気で土足で踏み込んでくるようなタイプの人がいます。

    パーソナルスペースに望まない人が入ってきた場合、誰もが不快感を示すはずですが、なぜか嫌われる人にはその『他人が示す不快感』をくみ取る能力が欠けている特徴があります。

    こういう人は、相手が望む適度な距離感をつかめないため、周りの人たちからは嫌われてしまいます。

     

    何事も他人のせいにする


     

    教育心理学に『ローカス・オブ・コントロール』という言葉があります。

    行動や評価の原因を自己に求めるか、または自分以外のもの(他人)に求めるかという概念のことです。

    何か失敗をしてしまったときに、自分の中に原因を求め、二度と同じ過ちを繰り返さないように反省し、自己成長につなげる人がいます。

    一方で、失敗しても、自分の行いを反省したり、後悔したりすることなく、それを他人や環境のせいにし、同じような過ちを繰り返す人もいます。

    嫌われる人は、当然ながら、後者のような傾向をもつ特徴があります。

     

    まとめ


     

    今回は、なぜか嫌われる人の特徴の中でも、代表的なものを7つ取り上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

    あなたの職場や仲間の中の『嫌われている人』の特徴と一致していたでしょうか?

    他人を見ていて『この人のこういうところ、嫌だなあ』と思う部分というのは、実は、あなた自身にも同じような特徴が大なり小なりあると言われています。

    嫌われている人の特徴や心理を学び、それを反面教師として、あなた自身の人間力の成長につなげていきましょう!

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント