初デートで失敗しないための7つの心理学

    初デート 失敗多くの人が経験したことのある初デート。自分の人生において記念すべき素敵な一日にしたいですよね。

    ですが、初めてのことは、誰しもが不安と緊張を抱えています。

     

    ・失敗したらどうしよう
    ・相手に嫌われてしまったらどうしよう

     

    と思う人も多いでしょう。

    人は相手の第一印象や初デートでその後どのように付き合おうか決定づける心理的傾向があります。

    相手にとって相性が良いなと思われるような態度や仕草、ふるまいができると初デートのときにとても心強いですよね。

    近々、初デートを控えているあなた。

    ぜひ、これからお伝えする7つのポイントをチェックして、初デートで失敗しないようにしてください。

     

    初デートで失敗しないための7つの心理学

     



     

    会話に困らない場所を選ぶ


     

    初デートで一番に気になるのは、やはり会話が盛り上がるかどうかですよね。

    特に女性は、会話が途切れて気まずい雰囲気が苦手、という人が多いようです。

    そこでお勧めなのが、映画館や水族館、動物園といった、二人で会話を楽しみながら鑑賞できるスポットです。

    同じものを見て話題も共有できますし、話題で盛り上がって互いの距離も縮まりやすいでしょう。

     

    服装は、頑張りすぎず手を抜かない


     

    初デートにおいて場所と同じくらい気になるのが、服装です。

    相手に好印象を与える服を着ていきたいですよね。

    ですが、派手な服や個性的な服を着てしまうとデートで浮いてしまいがちです。

    その反面、手を抜いた普段着すぎるのもNGです。

    今日の為におしゃれをしてきました、と相手に思ってもらえる服装を心がけましょう。

     

    メールの頻度は控えめにする


     

    最近では、メル友などメールでの出会いから始まる関係も珍しくありません。

    そこで多いのが、メールでは長文やテンションの高い文章を送ったり、頻繁にやりとりをしていたのに、実際に会ってみると口数が少なく会話が弾まずがっかりした、というパターンです。

    失敗しないために何を話そうと悩んだ挙句、実際にはメールのように楽しい会話ができなかった、ということも少なくありません。

    一方で、メールはどちらかといえば素っ気なかったのに、会って話してみると会話が弾んだ、という方が、良い心理的なギャップが働き、好印象を持たれやすいです。

    メールでのやりとりも良いですが、大切なのは実際に会ってからの関係づくりということを忘れないようにしましょうね。

     

    会話をするときは笑顔で楽しそうにする


     

    初デートというのは緊張するものですよね。

    緊張するとどうしても表情がこわばったり、無表情になりがちです。

    ですが、無表情は相手には怖い人という印象を与えてしまいます。

    初デートで相手に対して警戒心や心の壁を作ることは当たり前といえるでしょう。

    しかし、そんな心の状態を表情に出してしまってはせっかくの初デートは失敗に終わってしまいます。

    そんな心の壁を解きほぐすのに一番良い方法が笑顔です。

    人は笑顔を見ると瞬間的に好意を抱き、仲間だと捉える本能があると言われています。

    一緒にいるときは、相手に安心を与えるような笑顔ができるよう心がけましょう。

    まずは真似からでもOKですよ。

     

    相手を褒める


     

    会話が上手な人は、相手の良いところを見つけて、さりげなく褒めることが得意です。

    特に初デートで会話に困りそうになったらこのテクニックを使ってみましょう。

    褒められて嫌な人はいません。

    相手の見た目はもちろん、普段の様子や頑張っていることなどを話題にすれば、自分をよく見てくれているのだな、と嬉しくなってもらえるでしょう。

     

    適度にボディタッチをする


     

    相思相愛のカップルであれば、必ずボディタッチがなされています。

    つまり、男女が親密な関係になるには必ずボディタッチがされなければなりません。

    人が最も覚えやすいのは、『感覚による記憶』と言われています。

    初デートで、それも、好意のある相手の体に触れることは、とても勇気がいりますが、シャイなあまり、何も行動を起こさず、一度も相手の体に触れないとなると、初デートは失敗といえるかもしれません。

    過度なスキンシップは控えつつも、まずは手をつなぐことからトライしてみましょう。

     

    初デートの始まりと終わりは明るい笑顔で


     

    デート中は、笑顔を心がけることをさきほどお伝えしました。

    実は、デートの始まりと終わりが最も笑顔が大切になってきます。

    心理学用語に初頭効果と親近効果という言葉があります。

    初頭効果とは、はじめに入ってきた情報が情報全体の印象を左右するというものです。反対に、親近効果とは最後に入ってきた情報が、その情報全体を左右するというものです。

    デートもこれと同じことが言えます。

    待ち合わせで楽しそうな表情でなければ「迷惑だったのかな」と相手に思わせたり、帰り際に疲れた表情だと「楽しくなかったのかな」と思わせてしまい、失敗につながりやすくなります。

    初デートを成功させるには、嬉しそうに待ち合わせ場所に行き、楽しそうに帰る。すると、相手はまたデートしたいなと思ってくれます。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    色々な方法をお伝えしましたが、やはり一番大切なのは、『相手と一緒に過ごす時間を楽しむこと』です。

    あなたが楽しんでいると、必ず相手に伝わります。

    そんなあなたを見て好意を持ち、またデートをしたいと思ってくれる方と出会うことがベスト。

    ここでお伝えした内容を参考に、初デート、がんばってくださいね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント