初デートで映画に行ってはいけない5つの理由

    初デート 映画よかったですね! 大好きな彼に、デートに誘われたのでしょう?

    あれ、微妙な表情ですね?

    そうか、初デートだというのに、彼が映画に誘って来たので困っているのですね?

    確かに、初デートで映画に行ってはいけない理由があるのです。

    今回は巷で言われるその理由を明らかにして、あなたの初デートを成功させるお手伝いをしましょう。

     

    初デートで映画に行ってはいけない5つの理由

     



     

    映画鑑賞の間、会話できない


     

    当然ですが、映画を見ている2時間~3時間は私語を慎まねばなりません。

    こそこそ声でも周りに迷惑になりますから、暗闇で黙って二人並んで映画鑑賞するしかありません。

    映画が終わった後、お茶や食事をしながら感想を言って盛り上がりたいところですが、なにせ初デートですから、お互いの価値観もわからず、どうしても猫を被って探り合う状態になりがち。

    また、良い映画だったかどうかだけでなく、感動した個所や、作品の意見が食い違って収集がつかなくなる恐れもあります。

    たとえ二人ともその映画の原作を大好きで、映画化を待っていたとしても、です。大好きなものに対しては妥協できず、揉めてしまう恐れもありますよね。

     

    長時間デートになる割に、会話が少なくなる


     

    初デートでやる必要があるのは、初々しくドキドキしながら、いろいろな会話や体験を通してお互いどんな人なのかな? と確認しあったり、一緒に何かを体験して親密になったり、といったことです。

    映画デートの場合、映画2時間程度+お茶や食事、と初デートにしては長時間になりますが、一番大事な会話が少ないということになります。

    一緒に同じ映画を見た、という共有体験はあるものの、映画館の場合リアルタイムで会話できないため、どうしても体験や感情の共有がしにくくなります。

    せっかくの初デートが、『映画を観に行っただけ』という印象で終わってしまうかも知れません。これはちょっともったいない気がしますよね?

     

    『感情を共有する』の重要さ


     

    カップルが長続きする要因の一つが、『感情を共有する』ことと言われています。

    こんな時、こんな風にリアクションするんだ。

    私が好きなこれを、一緒にやったらこの人も楽しいんだ。

    一緒に同じことを見たり聞いたりやったりすることで、時間だけでなく体験や感情を共有することができるのです。

    同じものを見て同じように心が動く、あるいは、この人はこんな風に感じるのを横で見ていられるのは嬉しい、など、一つ一つの体験が二人を結びつけていく時間が、デートなのです。

    特に初デートは、これからの二人の土台となるもの。

    たくさんの感情を共有してければ、今後の二人の関係も良いものになる可能性が高いですよね?

    そう考えると、初デートが映画というのは、やはり不安要素が残ります。

     

    映画館でのボディタッチはどうか?


     

    暗いしお隣だし、感動的なシーンで手をつなぐとか、肩を寄せるとか。憧れるボディタッチですよね?

    でも、これはどちらかというと、既におつき合いが進んだカップル向けのボディタッチと言えるでしょう。

    初デートの映画で、二人の関係が深まっていない状態で、いきなりボディタッチするのは、かなり勇気が必要です。悪く転がれば、一発で気まずくなってしまう可能性があるからです。

    男性側も、触るべきか触らざるべきか? もんもんとしているかも知れません。

    女性であるあなたも、いきなりのボディタッチに驚いて、映画の内容どころでなくなってしまうかも。

    お互いのことを気にして映画に身が入らないのなら、わざわざ映画館で初デートする必要があるのかな? となりませんか?

     

    女性の『気合い』をあまり見てもらえない


     

    大好きな彼との初デートとなれば、当然女性は気合いを入れます。

    ずっと前から、洋服は? アクセサリーは? メイクは? ヘアスタイルは? 靴は? バッグは? ネイルは? と悩み続け、家を出る直前まで鏡とにらめっこしながら、ああだこうだと考え続けている訳です。

    『こんなファッション、彼は好きかしら?』
    『やっぱり、さっきのニットかなあ?』
    『今年の流行を取り入れるとすると、この雑誌のアクセがほしいなあ』

    彼に『可愛いね』と思ってもらうために、本当にけなげな努力をしています。それも初デートなら、なおさら。

    それなのに、初デートの先が映画館だったら・・・。

    暗闇で、隣の席では、せっかくの努力をアピールする事ができません。これは、女性としてはがっかりしてしまいます。

    彼に対していちいち口にする話でないだけに、女性としては悲しくなってしまいます。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    初デートに映画がNGと言われる理由をお伝えしてきました。

    これらを理解した上で、今回の映画初デートに向かえば、全く問題ありません。

    今回の初デートは、『近くにいる』ということを目的にしてみましょう。

    そして、映画の後のお茶か食事の時に、『今度はたくさんお話したいから、一緒に水族館とかどうかなあ? 』など、映画デートで充分できなかったリアルタイムの感情を分かち会う会話や、あなたのファッションの披露などができる次のデートの計画を立ててみるのはいかがでしょうか?

    初デートでもっとこうしたかった! という飢餓感をお互いわかちあって、『またデートしたい! 』という気持ちにつなげていければ、きっと良い初デートの終わりを迎えられるはずです。

    プラス思考で、映画デートに向かいましょう!

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント