母性本能をくすぐる男性の特徴と行動パターン7つ

    母性本能 くすぐる

    あなたの周りに、男性的な魅力を醸し出している訳ではないのに、妙に女性からモテる男性っていませんか?

    そんな男性は、女性が持つ「母性本能」というものを刺激する魅力の持ち主だと言われています。

    女性が持っている母性をくすぐることで人気を得ている男性というのは、普通の男性と何が違うのでしょうか?

    そこでここでは、母性本能をくすぐる男性が持つ特徴や行動を7つお伝えします。

    あなたの周りに当てはまる男性がいるかどうか、この機会にチェックしてみてくださいね。

     

    母性本能をくすぐる男性の特徴と行動パターン7つ

     



     

    自分よりも若い男性


     

    女性が男性に母性を感じる要素の一つは、やはり自分よりも若いというところです。

    そもそも人の心理には「庇護欲」という心理的欲求があります。

    これは、自分の目から見て「弱い」「幼い」と思える対象を守ってあげたいと感じる心理的欲求です。

    本来であれば、男性の方が女性に対して庇護欲を強く抱く傾向にあると言われていますが、これが女性の心に強く現れると母性本能が刺激されます。

    こうした傾向は、姉御肌で気が強い女性によく見られる傾向で、年下の若い男性を見ると「私が守ってあげなくちゃ」という使命感を持つようです。

    しっかりした性格の女性ほど、母性本能をくすぐる男性に弱いということですね。

     

    可愛い顔立ちの男性


     

    また、男性だけど、まるで女の子のような可愛い顔立ちをした男性に対しても、女性は母性本能をくすぐられる傾向にあります。

    これも、その根拠は心理学の中にあります。

    行動心理学の中に「ベビーフェイス効果」というものがありますが、それがこうした心理の根拠となります。

    ベビーフェイス効果とは、ある一定の条件を満たした特徴を持つ人やキャラクターを見ると、赤ちゃんのような無邪気さや純真無垢といった性質を感じるというものです。

    では、どういった特徴を持っていればベビーフェイス効果を発揮するのでしょうか?

    「丸顔」「大きな目」「小さな鼻」など、赤ちゃんが持っている特徴に近い印象を持っていれば、人は無条件に「可愛い」と思うものなのです。

    ベビーフェイス効果は、人が赤ちゃんを守り育てていくために、本能的にプログラムされている心理により発揮されると考えられています。

    ですから、可愛い顔立ちをした男性を見ると、女性の心理にはベビーフェイス効果が現れて、それにより母性本能をくすぐる結果となるのです。

    あなたにも、もしかしたら思い当たることがあるのではないでしょうか?

     

    人懐っこい性格


     

    母性本能をくすぐる男性というのは、見た目が可愛いばかりではなく、性格も良いと言われています。

    社交的で人懐っこい性格なので、男女問わずに人気がある人であることが多いようです。

    誰からも好かれる人懐っこい性格の持ち主に共通する特徴としては「割と何でも信じてしまう」というものがあります。

    こうした特徴は「バーナム効果」と呼ばれる心理が強く現れる傾向にあるからだと考えられているのです。

    バーナム効果とは、実際には誰にでも当てはまるようなことを自分だけに当てはまるものだと信じてしまう心理現象のことです。

    人懐っこい性格の男性は、このバーナム効果が強く現れる傾向にあり、何でも好意的に受け取ることが上手なので、誰からも好かれるのです。

    このような男性は、悪い人につかまると騙されてしまうこともあります。

    そんなところも、女性の持つ母性本能をくすぐるのかも知れませんね。

     

    涙もろい男性


     

    普通、男性というのは「人前で泣くものではない」と教えられ、「強くたくましく」育てられることが多いものです。

    ですから、女性の方も、男性というのは一般的に「泣かないものだ」という認識を持っています。

    そうした認識を前提にした場合、自分の目の前で男性が泣いてしまっていたら・・・あなたはどう感じるでしょうか?

    普通であれば、涙を見せないはずの男性が泣いている姿に、ギャップを感じてしまうのではないでしょうか。

    こうしたギャップを見せられることで、女性はその男性に母性本能をくすぐられるとともに好意を抱く傾向があります。

    これは「ゲインロス効果」と呼ばれる心理現象によるものです。

    ゲインロス効果とは、人が相手の二面性に触れた時に、その印象の差によって好感度があがる心理現象のことを言います。

    いつもだったら泣かないような強い印象の男性が、ふとした拍子に涙を流している姿を見た時などは、この心理現象により母性本能をくすぐることができます。

    ただ、単純に、女々しいだけの男性というのもまぎれています。

    ですから、女性側としては、涙もろい男性だからという理由だけで、心を掴まれないように気をつけておくようにしましょう。

     

    女子力が高い


     

    涙もろい男性のように、最近では「男性らしくない」印象を与える男性のことを「オトメン」などと最近呼んでいます。

    話し方がおっとりしていたり、男性なのにスイーツが大好き。服装の好みや色形も、どこか女性的で、女性よりも「女子力が高い」男性です。

    こういった男性が、女性から見て可愛い印象に映るため、母性本能をくすぐる結果となるようです。

    先程も述べたように、ギャップを感じるとゲインロス効果という心理現象によって母性本能がくすぐられます。

    女性としては、そうした男性に引けを取らないくらいに女子力を上げておきたいものですね。

     

    素直な反応をする


     

    また、どんなことにも素直な反応をする男性は女性にとって可愛らしい印象を与え、母性本能をくすぐることにつながります。

    いくつになっても、嬉しいことがあれば素直に「やったー! 」と喜べる男性には、無邪気な印象を受けます。

    そうした反応は女性にとって可愛らしい印象となり、先程述べたゲインロス効果庇護欲といった心理的欲求をかき立てられていきます。

    男性のそんな素直な反応は、女性にとって親しみのある印象となり、母性本能をくすぐるのです。

    母性本能とは、男性の持つポジティブな感情によってかき立てられるものなのかも知れませんね。

     

    ダメな部分を持っている


     

    最後に、母性本能をくすぐる男性の特徴の中で、女性が気をつけておいた方がいい特徴をお伝えしておきます。

    それは俗に言う「ダメ男」が持っている特徴です。

    定職に就いていなくて収入が低かったり、要領が悪くて常に上司に怒られたり、人に騙されたり・・・そんなダメ男に引っかかってしまう女性は意外と多いものです。

    普通であれば、そんな男性は敬遠してしまうものなのですが、こうした特徴に「私が守ってあげなくては! 」と母性本能がくすぐられてしまうようです。

    性というのは、完璧な男性よりもダメな部分を持っている男性に対して心理的に庇護欲を感じて母性本能がくすぐられる傾向にあります。

    そのような男性に引っかかってしまわないように注意しておきましょう。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    母性本能をくすぐる男性に共通する特徴は、まとめると、「守ってあげたい」と思う部分があるということに行き着きます。

    こうした特徴は、人間が持つ「庇護欲」という心理をベースに成り立っているもので、そうした男性が女性に妙にモテているのです。

    あなたの周りにも、そんな特徴を持つ男性がいるかも知れませんね。

    ただ、もともと母性本能をくすぐる男性が好みなのであれば全く問題ないですが、意図せず惹かれてしまった場合は、その男性に振り回されることになるかもしれません。

    なぜ、その男性に惹かれるのか分析してみることも大事ですよ!

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント