生きてる意味がわからない悩みから開放されるためのヒント9

    生きてる意味

    『虚しい』

    そう感じますか?

    もしかしたら、『生きてる意味』がわからなくなっているからかもしれません。

    何を見ても、何をやっても味気ない。意味を感じない。

    これは、あなたの心と身体にともった黄色信号です。

    心身の病気になってしまう前にケアするヒントを9つお伝えします。

    あなただけの意味が見つかるはずです。

     

    生きてる意味がわからない悩みから開放されるためのヒント9

     



     

    今、疲れているのは、心? 身体?


     

    生きてる意味がわからない、と感じるとき、あなたの中で色々なものがチグハグなって、まとまっていない可能性が高いです。

    自分に聞いてみましょう。

    『私、疲れているかな? 』
    『疲れているのは、身体かな? 心かな?』

    優しく、小さい子に聞くように、聞いてみて下さい。

     

    自分のケアをする


     

    自分の身体や心が疲れているらしい、とわかったら、まずはきちんとケアをしてあげましょう。

    ちゃんと休養をとり、食べたいものを食べ、よく眠り、好きな場所へ行き、好きな人たちと過ごしましょう。

    ケアしてあげることで、生きてる意味がわからない、というつらさが消えればよし。消えないのであれば、次の手を打ちましょう。

     

    好きな人や好きなもののことを考える


     

    あなたは誰が好きですか? どんなものやことが好きですか?

    好きな人やもののことを充分考えてみましょう。

    あの人にこういうことしてあげたいな、ということを探しましょう。

    また、好きなことについても、こんなことしてみたいな、と探しましょう。

    良いアイデアが出てきたら、やってみるための計画を立ててみましょう。

     

    魂について学ぶ


     

    ここまで進んでも、生きてる意味がわからない、なんだかつらいというあなた。

    ここからは、本格的にあなたが生きてる意味を考えて行きましょう。

    最初は、魂のことを学びます。

    信じなくても構いません。

    もし、魂があるとして、と仮定して、夢物語のような気持ちで読み進めてください。

    仏教やその他のいくつかの宗教や哲学で説かれているのは、『死んだらすべてが終わり、なのではない』ということ。

    肉体が死ぬと、魂は天界に戻ります。

    魂は永遠に不滅と説く宗教もあります。

    魂は、みな天界で幸せに過ごします。

    意外でしょうか?

     

    この世界は人生の学校


     

    では、なぜ魂はその幸せな天界を離れて、この世にやってくるのでしょうか?

    それは、より高い成長をするためだと言われています。

    この世界に、魂は修行にやってくるのだと。

    この世界で肉体を与えられることで、魂は大きな制約を受けます。

    肉体は実に物理的で、自ら動かなければどこにも行けません。

    また、感情を持ってしまうこともやっかいです。

    しかし、そういったもろもろの制約があるからこそ、魂は多くのことを学びます。

    そこにあなたが今、生きてる意味が隠されています。

     

    自分を越えて


     

    あなたは、この世界に何を学びにきたのでしょうか?

    今のあなたを越えて成長していくために、始めにやるべきことは何でしょうか?

    近視眼的にみている自分や自分の周り、今抱えている問題や悩みをいったん全部横に置いてみましょう。

    そして、この世に何を学びに来たのか? に思いをはせてみましょう。

    すぐ応えが浮かばなくても、問題ありません。

    これから時々、ぼんやりとこのことを考えてみましょう。

    きっと一番良いタイミングで、必要な出会いがおき、あなたの生きてる意味につながることでしょう。

     

    納得できる人生を


     

    よく言われる話ではありますが、あなたのご両親の中での精子卵子の生存競争を見事勝ち抜き、あなたという個体が生を受け、この世に生まれてきました。

    せっかく得た今回の人生、あなた本人が充分納得したものにしたくないですか?

    あなたが生きてること、生きていくことに、どうぞ誇りを持ってください。

    そして、あなただけの生きがいや使命があるのかもしれない、と考えてみましょう。

    それは、必ずしも、楽で楽しいことばかりではないでしょう。

    たとえたくさん困難に直面しても、あなたのあきらめない思いと、粘り強いエネルギーで解決し、あなたは進んでいくのです。

    それが、この世界に生まれてきた、あなたにしかできない使命、すなわちあなたが生まれて生きてる意味そのものになるばずです。

     

    人のために


     

    どうも、自分のためだとなんだか利己的に感じてがんばれない方もいます。

    そんな場合は、判断基準を『人のために』にしてみましょう。

    自分のために生きるのはやめて、誰か大切な人のために生きていくのです。

    フランスの名言で、おもしろいものがあります。

    『幸せは香水のようなものだ。人にかけていると自分にも必ずかかる』

    あなたの大切な人や周りの人に、ぜひたくさんの幸せをかけてあげてください。

    そうしているうちに、あなたの生きてる意味が見つかることでしょう。

     

    今を生きる


     

    過去はもう刻まれてしまいました。

    悔いても、思い返しても、もう変えることはできません。

    一方で、未来はまだまだ遠く感じられ、具体的な形にするのは難しいと感じるかもしれません。

    こんな過去や未来に振り回されていては、今という最も大切な時間を見失ってしまいます。

    今を充分に味わいましょう。

    今、何かに反応しているあなたをしっかり感じてみましょう。

    今を生きることは、あなたがイキイキと過ごすための大切なキーワードになります。

    もちろん、生きてる意味にもつながります。

    目を開けて、耳を澄まして、あなたの今いる場所の匂いを吸いましょう。

    風は冷たいでしょうか?

    今しかない今を味わいましょう。

    より高みを目指すあなたがスタートを切る今を、丸ごと感じて、明日へ進むのです。

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    あなたの中には、あなたにしかわからないたくさんのものが埋まっています。

    生きてる意味もそのひとつ。

    あなた自身は、種と同じです。

    水と土と栄養と太陽と、そしてたっぷりの愛情を注ぐことで、いずれは芽を出し大輪の花を咲かせます。

    あきらめないで、育てる努力を続けましょう。

    それこそが、あなたの生きてる意味なのです。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント