めんどくさい人にみられる8つの特徴

    めんどくさい人会社や学校など、どんなコミュニティも必ず一人はめんどくさい人がいます。

    たいてい、自分がそう思う人は、他の人も同じように思っている傾向があります。

    できれば、こういう人とはあまり積極的に接触したくないものです。

    それどころか、できる限り接点は持ちたくないと考えるのが人情です。

    今回は、めんどくさい人の特徴や対応策についてお伝えします。

     

    めんどくさい人にみられる8つの特徴

     



     

    基本的に人の話は聞いていない


     

    めんどくさい人は、聞いているようで、人の話は全く聞いていません。

    誰かが話している最中は、次に自分が話すことを頭の中で張り巡らせています。

    当然、人の話を聞いていないのですから、次にその人が話す内容は全くつながりがなく、関係のない話になっていきます。

    ひとしきり満足するまで話すと、また次の話題を考えています。

    その間、ほとんど周囲の話には耳を傾けていませんので、何を話していたかは全く記憶にありません。

    そのため、その時に話していたことが別のところで話題になると「自分は聞いていない」と憤慨します。

    友人や同僚にこの手の人がいたなら、話の筋道が違う時点で「今の聞いてた? 」と強気でうながす他ありません。

     

    自己中心的


     

    めんどくさい人は、当然と言えば当然ですが、自己中心的です。

    常に自分が仲間の輪の中心にいないと気が済みません。

    「このコミュニティは、自分がいることで成り立っている」とさえ思っています。

    それゆえに、周囲が自分をちやほやし、良くしてくれることが当たり前だと考えています。

    しかし、周囲は煙たいだけで、むしろ仲間内からは出て行ってほしいとまで考えていますので、持ち上げたりはしません。

    これがまた、めんどくさい人に火を点けてしまうのです。

    こういう人は、ほめたたえて無視が一番です。

     

    人の話に首を突っ込みたがる


     

    めんどくさい人は、自分の関係ない話にでも全て首を突っ込みたがります。

    さも、自分なら解決できるかのように、「何で自分に話してくれない? 」と、言いながら割って入ってきます。

    その割には、出てくる答えは的外れで、その答えに諸手を上げて賛同しないと機嫌が悪くなります。

    こみいった話でも、自分の感情が最優先になりますので、根本的な話に立ちかえることはなくなります。

    複雑な話や、深刻な話、相談ごとは、とにかく、めんどくさい人がいないところで話すことがベストです。

     

    噂話が大好き


     

    めんどくさい人は、噂話が大好きです。

    しかも、尾ヒレをつけて、この話を知っているのは自分だけと言うスタンスをとりたがります。

    話が大きければ大きいほどステータスで、元の話の数倍もの内容になってしまっている場合もあります。

    これは、めんどくさい人が優越感に浸るのが好きな証拠です。

    自分中心でいたがるめんどくさい人ですから、自分しか知らない大きな噂話を他者に話す時はとても気分が良いのです。

    逆にコミュニティの誰かが、その人しか知らない大きな噂話を持ってきたなら「そんなの噂の域を出てない」と批判します。

    こういう人には、何も話さないのが一番です。

     

    極めて自我が強い仕切り屋


     

    めんどくさい人は、とにかく「自分が、自分が」という人です。

    そのため、常に周囲を仕切りたがります。

    仕切り屋で、色々とやってくれるならまだマシなのですが、こういう人に限って仕切るだけ仕切って何もしません。

    その割に口癖が「みんな自分に振るから大変! 大変! 」なのです。

    仕切りもいい加減で、その仕切りでは非常に効率が悪かったりします。

    しかし、少しでも意見を言おうものならヘソを曲げてしまいます。

    こういう人には、仕切りと同じだけ実際の仕事も押し付けるのが一番です。

     

    全てにおいて理解力不足


     

    めんどくさい人ほど、話を含めた色々なことに対しての理解力がいちじるしく欠如しています。

    理解力が全くないために、話などをしていてもすんなりとスムーズに話が進行しません。

    周囲が同じ意見を言っていても、言い回しが変わると理解できず、話を長引かせます。

    そして、説明すればするほど、理解できずに反論されていると思ってしまうのです。

    理解不足ですので、中心にいたい割には、最終的に話をまとめる力もありません。

     

    ルールを守れない人


     

    めんどくさい人は、往々にしてルールを守ることができない人が非常に多いと言えます。

    そもそもルールとは変えてはならず、守るべきものであるのですが、めんどくさい人は理由があればルールを変えても良いと考えています。

    それではルールの意味がないと言うと、自分の正当性をいつまでも言い続けます。

    まさに、自分がルールだと言わんばかりです。

    めんどくさい人は、常にこのスタンスですので、コミュニティに参加させて決まりごとを守らせることは不可能です。

     

    めんどくさい人は切るか、切らないかしかない


     

    めんどくさい人への対処ですが、これはもう交際を切るか、切らないかしかありません。

    切らない場合は、とにかく聞いているふり、共感しているふりをし続けるしかありません。

    切る場合は、当然嫌われるでしょうが、めんどくさい人とのつながりを切ることができれば、日々有意義に過ごせます。

    また、もう1つ、こういう人は意外に気が小さい場合が多いので、怒りをぶつけてみて「めんどくさい」と言ってみるのも良いでしょう。

    意外とこれで好転する場合もあります。

     

    まとめ


     

    いかがでしたでしょうか?

    今回は、めんどくさい人にみられる特徴を8つ説明してきました。

    ただ、めんどくさい人と感じるのは他者ですから、実は、自分自身が周囲にめんどくさい人と思われているかも知れません。

    めんどくさい人の特徴の1つに、自分は常に正しいと思う傾向があるので、自分でめんどくさい人間だとは気づいていないのです。

    今回の内容を参考に、めんどくさい人の対処もそうですが、自分自身がめんどくさい人にならないように気をつけましょう。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント