潜在意識とは何なのか?

    潜在意識

    『最近なんだか気がつくとあのことを考えているなあ……』

    そんなこと、ありませんか?

    自分は意識していないけれど、ハッとすると、すぐあのこと、あの人、あの食べ物……を考えている。

    これは、潜在意識=無意識のなせる技です。

    潜在意識、これは、あなたの中にあるのに、あなたの思うように動いてくれないものの一つ。

    今回は、そんな不思議な潜在意識についてお伝えします。

     

    潜在意識とは何なのか?

     



     

    意識とは


     

    そもそも、『意識』とは何でしょうか?

    デジタル大辞泉によると

    1. 心が知覚を有しているときの状態。『意識を取り戻す』
    2. 物事や状態に気づくこと。はっきり知ること。また、気にかけること。『勝ちを意識して硬くなる』『彼女の存在を意識する』
    3. 政治的、社会的関心や態度、また自覚。『意識が高い』『罪の意識』
    4. 心理学・哲学の用語。
    ① 自分自身の精神状態の直観。
    ② 自分の精神のうちに起こることの知覚。
    ③ 知覚・判断・感情・欲求など、すべての志向的な体験。
    5 .仏語。六識・八識の一。目や耳などの感覚器官が、色や声など、それぞれ別々に認識するのに対し、対象を総括して判断し分別する心の働き。第六識。

    総じて、本人の体験や心、感覚などのことを指しています。

    そして、次で説明する顕在意識を狭義では、意識と呼んでいます。

     

    顕在意識と潜在意識


     

    この意識には種類があります。『潜在意識』と『顕在意識』です。

    これを初めて提唱したのが、有名な心理学者、フロイトです。

    フロイトは、自分自身がコントロールし、把握していると感じている『理性的なもの』= 顕在意識 に対して、実は、本人が把握していない『本能的なもの』= 潜在意識 があり、この潜在意識によって、知らず知らずのうちにコントロールされているのだと主張しました。

    顕在意識は、表層意識とも呼ばれます。

    対する潜在意識は、無意識とも呼ばれています。

     

    潜在意識の種類


     

    この潜在意識にも種類がある、と考えたのが、ユングという心理学者です。

    あの有名な、氷山の図を使って意識を説明したのが、ユングです。

    すなわち、意識全体を大きな氷山に例えると、そのほとんどが海に沈んでいるいわば潜在意識である。人間が自分で意識できる顕在意識は、海の上に顔を出しているほんの少しの部分でしかないのだ、という話です。

    その上で、この大きな無意識の部分は、以下の2つがあるとしました。

    ひとつは、それぞれの人が生まれてから今まで経験したことで作られた個人的無意識

    もうひとつは、その奥に広がっている集合的無意識。

    この集合的無意識というものは、個々人の固有の経験から得たものを大きく超えた、いわば人類共通の無意識領域であると言われています。

     

    潜在意識の大きさと可能性


     

    潜在意識を味方にすればあなたは成功できる、という見解は、多くの啓蒙書や自己啓発書などに見られます。

    顕在意識だけで頑張ってもダメ! ということですね。

    ユング先生の氷山の絵を考えてみれば、確かに顕在意識だけで何とかしようと思っても、そう簡単に大きな成功は得られないような気がします。なにせ潜在意識の大きさは、顕在意識のそれとは、ケタ違いに違うのですから。

    成功するために潜在意識を使う、と唱えたいちばん有名な人は、たぶんマーフィーでしょう。そうです、マーフィーの法則の人です。

    マーフィーは、『自分の願望を潜在意識に刻み込めば叶う』と説明しました。

    簡単にいえば、『自分が手にしたいものがあるなら、それをすでに得ている自分をイメージしなさい。』ということです。

    イメージするのは、『○○になりたい』や『○○が欲しい』では、ダメなんですね。それだと、なりたい自分や欲しい自分(つまり、実現できていない自分)を実現してしまうからなのだそうです。

     

    潜在意識を使って成功する?


     

    マーフィーのこの説明の後、たくさんの人が潜在意識を使って成功する方法を説明してきました。

    あなたも試してみたことがあるのではないでしょうか?

    この根拠は、以下のようなメカニズムから来ています。

    感覚器官から取り入れた情報を元に分析、評価などを行った後、行動に結びつきますが、行動後の情報は、顕在意識を通って潜在意識へ送られてストックされます。

    潜在意識は、大きなデータベースになっているわけです。

    顕在意識は、何かと潜在意識のデータベースにアクセスして、今どうすべきかを考えるという仕組みです。

    データベースですから、批判したり、判断したりしないし、現実と想像すらも区別しません。

    顕在意識の意志は、潜在意識の感覚的、感情的な意識よりも優先されます。

    だから、潜在意識に良いイメージを持たせることができれば成功できる、というわけです。

     

    潜在意識を活用すると…


     

    潜在意識に良いイメージを持たせるためのノウハウを書いた本はたくさんあります。

    確かに、顕在意識と潜在意識が一致したときには、今までできないと思っていたことができたり、希望することが実現します。

    なぜか?

    どうやら、潜在意識の中に入ったイメージや願望は、それこそ無意識のうちに、それらを叶えていくために必要な考え方や行動へと誘導をするようです。

    結果、今までは気がついていなかった情報を掴むことができたり、物事に対しての見方、考え方が変化していき、そういった経験を積み重ねていくことで、さらに潜在意識は強化され、大きなチャンスや幸運を招くのです。

    それらを生かすことで、更なる行動を起こすことができ、チャンスが広がり……という、プラスのスパイラルを起こしていくのです。

     

    更なる奥へのアクセス


     

    そうしていくと、さらに奥の潜在意識へのアクセスが起こります。

    そうです。

    集合的無意識の活用です。

    集合的無意識とは、個人レベルを超えた、全ての人間に共通している無意識領域でしたね。

    ここにアクセスすることで『共時性』=『シンクロニシティ』が起きると考えられます。

    『シンクロニシティ』とは、意味のある偶然の一致のこと。

    必要としている情報が向こうから飛び込んできたり、思った相手から連絡があったりという経験は、あなたにもあるのではないでしょうか?

    どうやらこれは、潜在意識に書き込まれた夢などが、それを叶えるために集合的無意識にアクセスし、あたかも絶妙なタイミングでシンクロニシティを起こさせるらしいのです。そして、これによって夢を実現させてしまうのです。

    よく、絶対絶命と思われるピンチでも、あきらめない!必ずクリアする!と強く念じて努力を続けていると、天から助けが降ってくる、という話を聞きませんか?

    クリエイティブな仕事の人はもちろん、大きな会社の社長さんの話などでも出てくることがありますね。

    この天の助けが、どうやら集合的無意識のパワーなのではないか? と考えられています。

     

    潜在意識の目指す方向


     

    なんだかすごい話になってきました。そんなことが起きるなら、ぜひ潜在意識を使ってみたいですよね?

    ところが、この潜在意識、あなたが自分のために! と願う、利己的な願望は、どうやら書き込んでくれないらしいのです。

    他人のため、みんなのため、人類のため……という気持ちが必要のようです。

    なんだか、うまくできているなあ、と思いませんか?

     

    まとめ


     

    いかがでしたか?

    潜在意識は、とても大きなものと繋がっているらしいことがわかってきました。

    ひとりだけいい目を見ようと考えるのではなく、周りの人の笑顔のためにあなたを生かす、そんな素敵な夢を、潜在意識に書き込んでいきたいですね。

    失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

    しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

    なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
    なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

    チビデブ女が見せた快進撃はこちら



    わせて読みたい


      コメント