【オンナの本音】彼女がデートをドタキャンするときの7つの心理

彼女 ドタキャン

楽しみにしていた彼女とのデート。

『どこへ連れて行こうか』『何を食べようか』と、ワクワクしながら準備していたのに、彼女からドタキャンされてしまったら、とても悲しいですよね?

特に、デートの直前になってのドタキャンには、怒りすら覚えるでしょう。

それにしても、せっかくのデートをドタキャンする彼女は、いったいどういう心理状態なのでしょうか?

今回は、デートをドタキャンするときの女性の本音や、その心理状態を7つお伝えします。

あなたとのデートをドタキャンした彼女は、どのパターンに当てはまるでしょうか?

想像しながら読んでみてくださいね。

 

【オンナの本音】彼女がデートをドタキャンするときの7つの心理

 



 

もともと行きたくなかったが断れなかった


 

合コンや友達の紹介で出会った彼女との初デートをドタキャンされたとしたら、そのショックは相当なものでしょう。

この場合、残念ながら彼女とは『脈なし』と捉えるべきです。

彼女は、お酒のいきおいや、その場のノリでデートにOKしただけだったのでしょう。彼女にとっては、単なる社交辞令だったのかもしれません。

しかし、ノリノリになってしまったあなたを見て、優しい彼女は何となく断りづらくなってしまい、ついにデートの直前にドタキャンをしてしまうというわけです。

彼女にとっては、あなたとのデートの約束は、負担でしかなかったということなのです。

もしかすると、本命の彼氏がいるのかもしれません。

いずれにせよ、初デートを直前にドタキャンしてきた彼女とは、ご縁は薄いと思っておきましょう。

 

体調が悪くなってしまった


 

男性には理解しがたいかもしれませんが、女性の体は非常にデリケートにできています。

生理の前や、生理中、排卵日などは、精神的にも身体的にも普段とは違う状況に陥ってしまうのです。

生理中に貧血で倒れてしまう人や、排卵痛・生理痛が重くて嘔吐してしまう人もいます。

このような体調面の理由で、本当は彼女もデートに行きたかったのに、不本意ながらドタキャンせざるを得なかったというケースもあります。

また、生理中は何度もトイレに行かなくてはならず、大好きな彼の前でそんな姿を見せたくないという恥じらいの心もあるでしょう。そして、この場合、本当の理由を男性に言えません。

彼女が『体調が優れない』とデートをドタキャンしてきたら、詳しく問いつめずに、察してあげるのが、男の優しさというものです。

 

悪天候で出かけるのが面倒になってしまった


 

楽しみにしていたデートの当日が大雪や大雨、極寒や酷暑の日だった場合、彼女からデートをドタキャンされる可能性は高くなります。

雨の中、ハイヒールで歩くのは嫌だし、髪が濡れてセットが崩れるのも嫌、暑すぎて汗をかくもの嫌、寒さ対策で着膨れるのも嫌なのです。

ちょっとわがまますぎる理由ですが、これが女性の本音です。

もし、あなたが彼女から悪天候を理由にデートをドタキャンされたら、『じゃあ、迎えに行くから僕の家でデートしない? 』などと言って、お家でのデートを提案してみてください。

これでも断られるのであれば、残念ですが、その彼女はそれほどあなたに会いたくないのでしょう。

 

服装や髪型、お肌の状態など・・・好きな人の前では完璧でいたい


 

大好きな彼とのデートに、気合が入らない女性はいません。

何日も前からドレッサーの前でメイクを研究したり、着ていく服のコーディネートを考えたり。中には、エステやネイルサロン、美容院に行って準備をする女性もいるほどです。

準備万端ととのえたはずなのに、当日の朝になって

『大きなニキビができていた』
『着ようと思っていたワンピースにシミをつけてしまった』
『思ったとおりのヘアスタイルにならない』

というような事態が起きると、彼女はデートをドタキャンしたくなってしまうのです。

服装やヘアメイクなんて、男性からすると『そんなことはどうでもいいから、とにかくデートに来てほしい』と思うような些細なことでしょうが、大好きな人の前では常に完璧な自分でいたいと願う彼女にとっては大問題なのです。

そんなカワイイ乙女心を分かってあげることも必要です。

 

彼氏が提案したデートプランが気に入らなかった


 

例えば、ショッピングや映画などインドアデートが大好きな彼女とデートの約束をしたとします。

しかし、デートの前日になって、あなたが提案したデートプランが、キャンプや釣りなどの超アウトドアだったら、彼女は喜ぶでしょうか?

そもそもアウトドアは好きではないわけですし、アウトドアデートに必要な服や靴を用意する時間もないため、彼女はイラっとするのではないでしょうか。

このように、彼氏が提案したデートプランが、彼女にとっては全く楽しめないプランだった場合は、ドタキャンされても仕方がありません。

彼女の意向や趣味思考をよく考えて、デートプランを立ててあげましょう。

もしも、あなたの趣味の世界に彼女を連れていきたいのであれば、事前に彼女にお伺いをたててみてからのほうが良いでしょう。

 

気持ちが離れてきている


 

彼女に、あなたとのデートよりも優先度の高い予定が入った場合は、あなたとのデートはドタキャンされてしまいます。

その『優先度の高い予定』が、仕事や彼女の家族や彼女自身の体調不良など、本当にやむを得ない事情である場合を除いて、もともと約束していたあなたとのデートを直前にドタキャンするということは、彼女の中で、あなたの優先度が低くなってきている可能性があります。

もしかすると、あなたの愛情を重いと感じているかもしれませんし、最近心がときめくような新たな出会いがあったのかもしれません。

恋愛にマンネリを感じて、趣味や友達付き合いのほうが、楽しくなってきているのかもしれません。

 

当日に急に面倒になってしまった


 

昨日まではデートを楽しみにしていたのに、当日の朝起きたら何となく面倒くさくなってしまったという、単純な理由でデートをキャンセルする女性も少なからずいます。

『女心と秋の空』という言葉があるように、女性の気持ちは気まぐれで変わりやすいものです。

しかし、こんな自分本位で失礼な理由で、貴重な休日の予定をドタキャンされたら、男性としては腹立たしいでしょう。

彼女がこのような身勝手で自己中心的なふるまいを何度も繰り返すようであれば、あなたが彼女から舐められてしまっている可能性が極めて高いと言えます。

優しいあなたは、『ドタキャンしても許してくれる』、『ドタキャンしても嫌われない』と油断されているのです。

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか?

ひとえに『ドタキャン』と言っても、さまざまな事情があります。

彼女自身も、デートをドタキャンしてしまったことで、寂しい思いや、申し訳ない思いをしているケースもありますので、その場合はぜひ優しくフォローしてあげてください。

一方、彼女のドタキャン理由があまりに理不尽だったり、利己的だったりした場合は、あなた自身もその彼女とのお付き合いについて考え直してみても良いかもしれません。

いずれにしても、デートをドタキャンされたくらいのことで、あまり深く悩んだり、落ち込んだりする必要はありません。

反省すべき点があれば反省し、次のデートでは最愛の彼女を精一杯楽しませてあげられるように、気持ちを前向きに切り替えていきましょう!

失恋のストレスから26キロ太った37歳の女性が、とあるきっかけから、20キロやせたそうです。

しかも、29歳の彼ができ、5号のウエディングドレスを着て挙式をあげる予定とか・・・

なぜ、彼女は変われたのでしょうか?
なにが、彼女をそうさせたのでしょうか?

チビデブ女が見せた快進撃はこちら
ブラジャーにパットを入れて、貧乳であることを必死に隠し続けた9年間・・・

高校時代の彼との出来事で、貧乳へのコンプレックスが決定的となり、それ以降、彼氏を作ることさえできなくなっていました。

そんな私が、女子会仲間のさおり(仮名)との出会いをきっかけに、変わることができたのです。

その秘密とは・・・



わせて読みたい


コメント