マジで病んでるかも・・・。気持ちが落ち着かない時の6つの対処法

落ち着かない

なんか落ち着かない、そわそわしてしまう・・・そんな時がありませんか?

ちょっとした悩みや不安からくるものであれば、大した事はないのですが、そうではなかった場合、悪化してうつ病になってしまう場合もあります。初期段階で対処方法を誤るとマズい事になりかねません。

今回は、『気持ちが落ち着かない』症状の初期段階で、専門家に援助してもらう必要があるのかないのかを、簡単に確認する事ができる対処方法についてご紹介します。

 

マジで病んでるかも・・・。気持ちが落ち着かない時の6つの対処法

 



 

『落ち着かない』ってどんな状態?


 

そもそも『落ち着かない』ってどんな感じなのでしょうか? 他の言葉で言い換えてみると、「心中穏やかでない」「気が散る」「集中できない」「じっとして居られない」「ソワソワする」「せかせか騒々しい」など色々な言葉が出てきますね。

何か理由があって『落ち着かない』と言う状況は、精神衛生上好ましい状態ではないですが、理由が分かっているので、大きな心配は不要です。つまり、原因を探っていけば、落ち着かない元凶となるものを突き止める事ができるます。そして、正面から向き合い、対処をすれば、不安が軽減し、落ち着きを取り戻すことが可能です。

このような経験は、再び、『落ち着かない』状況になったときの対処法を知っておくことにもつながるので、有益な経験として、後々のために活かせます。この手の『落ち着かない』と言う状況は、今自分が直面している問題を直視するきっかけともなるので、心穏やかな状態にするためのリフレッシュ効果を習得する機会ともなります。害をもたらすだけの『落ち着かなさ』ではないのです。

 

『落ち着かない』状況にも、様々なレベル・種類があります。


 

『気持ちが落ち着かない』場合、次の2つに分かれます。

・専門機関での援助を必要とする『落ち着かなさ』
・自己分析的方法による対処法によって解決する『落ち着かなさ』

 

ちょっとしたトラブルとでも言える程度の『落ち着かなさ』は、自己の現在の状況を振り返って、落ち着かない原因となっている不安を直視し、問題と向き合うことで解決への糸口を導き出すことが可能です。

『落ち着かない』状況が、原因不明であったり、原因を突き止めて対処しようとしても、落ち着きが取り戻せない。逆に、さらに、落ち着きのなさが強くなる場合は、これは、ちょっとしたトラブルでは済まされない場合が考えられます。その『落ち着きのなさ』の背景に、精神的な疾患が隠れているかも知れないからです。

単に、『落ち着かない』と言っても、このどちらの『落ち着かなさ』なのか、早急に把握することが重要です。

では、自己解決できるものなのか、専門家の援助が必要な程度のものなのかを明らかにするために、次の対処法を試してみましょう。

 

専門家の援助が必要かチェック


 

対処法1:深呼吸をしてみる


気持ちをより平常心に保つために、ゆっくりと深く深呼吸を数回して、気持ちを落ち着ける。

 

対処法2:原因を探ってみる


落ち着かない気持ちにさせている原因が何であるか、何がきっかけで落ち着かなくなったか、落ち着かない原因の元にある焦りや不安が何であるか、直前に何をしたかなどを思い出して、原因を探り、その問題を解決するために、考えを巡らす。

 

対処法3:落ち着かなさを解消するためにポジティブ思考で、より明確な具体策を試す


落ち着かなさの原因がつかめた場合は、その原因を肯定的にポジティブな思考で捉えなおし、焦りや不安を軽減させるための、より具体的対策を編み出して実行する。

再び、同じような『落ち着かなさ』に陥らないよう、物事の認知の仕方を変えるなど工夫を試みる。

 

対処法4:気分転換をはかる


落ち着かない気持ちから少し距離を置いてみる。原因が分かる場合は、そのことを忘れるようにその原因から離れて別のことをしてみる。

例えば、音楽を聴く、テレビを見る、ラジオを聴く、読書をする、編み物をする、掃除をする、料理をする、散歩する、買い物をする、昼寝をする、友人にメールや電話をするなど、落ち着かなくなった原因となったことから離れて、気分転換をはかってみます。

 

対処法5:何かに熱中する


気分転換の一部に当たるものですが、気持ちが落ち着かないときに、自分の好きなこと・得意なこと・熱中できることに没頭して、落ち着かない気持ちから少し離れ、気持ちを安定させる。

 

対処法6:他人の意見を参考にする


同じよう『落ち着かなさ』に陥った場合、他の人はどのように対処するか尋ねてみたり、他者の対応の仕方を真似てみる。

もし、上記を実施しても気分が落ち着かない場合、もしくは、悪化しているように思える場合は、専門機関に受診することが肝要です。早期に対応することが、早期回復への近道です。

気分が落ち着かないと言う状態には、ちょっとした悩み事や不安感によるものである場合もありますが、うつ状態やうつ病などが潜んでいる場合もありますので、素人判断はせず、迷ったら、専門機関の門を叩いてみましょう。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!




わせて読みたい


コメント

  1. ゆらり says:

    まさに 今の私の気分なんです。つらいんです・・

    友人にはすべて話し 控えめなアドバイスをもらいました。
    あとは気分転換をはかる、何かに熱中する、ですね。
    今の苦しい心の状況ではむづかしい・・でも明日には・・
    と思わせてくれる記事でした。 ありがとうございました。

  2. まさはる says:

    まさしく私も 落ち着きません
    躁鬱病と 診断されました。
    皆さんも お大事にして下さい。

  3. TME says:

    私も家族のことで追い込まれて、どうしていいか分からずここへ辿り着きました
    この休日はホテルに泊まり気分転換してみます

コメント