「笑顔」の素晴らしい効果14個と素敵な笑顔の作り方

笑顔 効果

長い人生の間には、あなた自身が予想もしないような出来事が起こることがあります。

もちろん良い出来事もたくさん起こるでしょうが、あなたの予想をはるかに超えるような困難や試練が訪れることもあります。

そんな時には、なかなか笑顔になることもできないのではないでしょうか。

しかし、歌の歌詞などにも「ツライ時こそ笑顔でいよう」なんて言葉があるように、笑顔になれないような苦しい時こそ無理をしてでも笑顔を作ることはとても大切なことです。

実は「笑顔」には、心身に対して様々な良い効果をもたらすパワーがあり、無理をしてでも笑顔を作ることで自然と立ち直ることができると考えられています。

様々な「笑顔の効果」については、アメリカの研究者であるロン・ガットマンが「The hidden power of smiling(笑みの隠れた力)」という研究論文にまとめて発表したほどなのです。

一体「笑顔」にはどのような力が隠されているのでしょうか?

ここでは、笑顔によって心身にもたらされる効果の数々と、素敵な笑顔が作れるポイントなどについてお伝えしていきます。
[続きを読む…]

【恋愛ホルモン大百科】あなたの恋愛がイマイチな原因はコレ!?

恋愛ホルモン

「女は恋をするとキレイになる」なんて言葉もあるように、充実した恋愛をしている女性からは幸せなオーラが出ているように感じます。

しかし、いくら恋愛をしていても、その内容に不安や不満があり、自分自身も上手くいっていないと感じてしまっていたらどうでしょうか?

そんな女性を見ても、やはり魅力的には見えないのではないでしょうか?

女性は、ただ恋をしていればキレイになれるというものではありません。

もちろん、相手の男性に好かれたいと思って身だしなみやお化粧などに気を使うようになるので、外見的にキレイになったように見えるかもしれません。

しかし、女性にはもっと身体の内側からキレイになる仕組みがあるのです。

実は、人の身体の中には「恋愛ホルモン」と呼ばれるホルモンがいくつかあり、充実した恋愛をしていれば、そのホルモンが分泌されるのでキレイになっていきます。

ホルモンバランスは、生活習慣や食生活の乱れでも崩れてしまう恐れがあります。

ですから、いくら恋愛をしていても上手くいかない・・・という人は、恋愛ホルモンの分泌バランスが乱れているのかも知れません。

そこでここでは、恋愛に関係のあるホルモンについてお伝えしていきましょう。

これからのあなた自身の恋愛や生活を見直す上で、ぜひ参考にしてみてくださいね。 [続きを読む…]

ホメオスタシスとは? ※メカニズム、心理、ダイエットなど

ホメオスタシスとは

あなたは「ホメオスタシス」という言葉を耳にしたことがありますか?

ホメオスタシスとは、私たちの身体を外的変化に関わらず一定に保とうとする働きのことで「生体恒常性」と呼ばれています。

ホメオスタシスの働きは、私たちにとってとても重要な働きです。

この働きが崩れてしまうと、心身のバランスが崩れてしまったり、対人関係にさえ影響を及ぼしてしまうというのです。

しかし、ホメオスタシスがきちんと維持され安定していれば、心身ともに安定し、ダイエットなども上手くいくと言われています。

そんなホメオスタシスとは、一体どのようなメカニズムなのでしょうか?

そこでここでは、ホメオスタシスのメカニズムや心身に関わる働きなどについてお伝えしていきます。

この機会に、あなた自身の身体の中のメカニズムをしっかり理解してみてくださいね。 [続きを読む…]

幸せホルモン! オキシトシンのすべて ※効果、作用、食べ物、分泌を増やす方法など

幸せホルモン オキシトシン

『女子力』なんて言葉が多くの人の口から出るようになりましたが、そんな『女子力』にとても良い影響を与えてくれるホルモンをご存知ですか?

それは、『幸せホルモン』『愛情ホルモン』とも呼ばれる、オキシトシンという成分です。

近年オキシトシンの研究が進み、その効果や作用、分泌方法などに注目が集まっています。

もしかしたら、あなたもどこかでオキシトシンという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

この注目が集まっているオキシトシンをうまく使うと、誰もが抱える美容の悩み恋愛の悩み解決を手助けしてくれます。

今回はあなたが毎日を元気に過ごせるように、オキシトシンがどういうものなのか、その効能や分泌の仕方、食べ物などをお伝えします。 [続きを読む…]

ストレス太りを根本から解消する4つの方法

ストレス太り

よく言われていることですが、ストレスで人間は太ります。

まず、人間の脳がストレスを感じると、危機的状況で食料が不足する状態を無意識に予期し、コルチゾールというホルモンが分泌され、体内に脂肪を積極的に蓄えようとします(太りやすい体質になります)。

次に、危機的状態に対処するため、脳を活発に動かすべく、脳を動かすエネルギーとなるブドウ糖と、脳内の情報伝達物質の原料となるコレステロールを積極的に確保しようとします(食事量の増加につながります)。

こういった理由で、ストレス太りが発生するのです。

では、どうすれば、ストレス太りを解消する事ができるのでしょうか? [続きを読む…]