マインドコントロールのやり方、洗脳の解き方

マインドコントロール

あなたはマインドコントロールという言葉を耳にしたことがありますか?

マインドコントロールとは、他人の考えや気持ちを自分の意のままにコントロールし、洗脳していく心理操作の技法のことです。

マインドコントロールや洗脳などという言葉を聞くと、カルト宗教団体や犯罪などの怪しいイメージをもつ人が多いと思いますが、実は生活する中でごく一般的におこなわれている行為でもあります。

もともと、人間の脳というのは「真っ白なキャンパス」のようなもの。

それが成長の過程で外部からの情報により染められ、それを基にして個人の価値観が作られていきます。

つまり、私たちがいつも「個性」だと信じているものも、本当の意味では外部からのマインドコントロールによって作られたものです。

ですから、人間がどのようなメカニズムで洗脳やマインドコントロールをされていくのかということが理解できれば、洗脳を解く方法もわかってきます。

最後まで読むことができれば、今世間で横行している洗脳による詐欺被害なども避けることができる可能性があります。

それでは、マインドコントロールや洗脳のやり方と解き方について詳しくご紹介します。

 

マインドコントロールのやり方、洗脳の解き方

 



 

マインドコントロール・洗脳のやり方


マインドコントロールや洗脳という言葉は、テレビや新聞・雑誌などのメディアでも、ときおりセンセーショナルに取り上げられます。

心理操作を用いた事件や騒動が起こると、決まって出てきますよね?

ですが、本来マインドコントロールや洗脳という言葉は、決してネガティブな意味合いの言葉ではなく、あくまで心理学に基づいた心理操作を指す言葉です。

ですから、この機会に正しく理解をして、マインドコントロールや洗脳を色眼鏡で見ることなく、冷静な判断をしていただきたいと思います。

そこでまずは、一番興味があるであろう、マインドコントロール、洗脳のやり方についてご紹介します。

心理学に基づいて考えられたマインドコントロール・洗脳は、大きく分けて次の2つのタイプ(自己否定・環境否定型、肯定(なぐさめ)型)にわけられます。

 

自己否定・環境否定型


このタイプは、ひとりの人間が築いてきたこれまでの生活や仕事、価値観などを一度徹底的に破壊し、自我が崩壊した後にできた心の隙間に入り込む洗脳方法です。

自我が崩壊するほどのショックを受けると、どんな人でも頭がぼんやりとして自分の価値観に自信を失ってしまうものです。

そんな時に、これまでとは違った思考や価値観を植え込むと、自然とそれを自分の価値観として受け入れてしまいます。

自己否定や環境否定を含む「否定型」の洗脳方法には、具体的に以下のようなものがあります。

 

1.密室に閉じ込めて情報を遮断する


この方法は、環境否定と自己否定の両方の要素を持った洗脳方法です。

「密室に閉じ込める」なんていうと、犯罪行為のように聞こえるかもしれませんが、悪質な営業や勧誘ではよくこうした方法が取られています。

周囲からの情報が入らない密室に閉じ込めることで、洗脳する側にとって都合のいい「画一的な情報」しか受け取れないようにします。

画一的な情報というのは、洗脳する側にとって都合のいい、いわば「洗脳する側が正しく、洗脳される側は間違っている」と思わせるような情報です。

密室でくり返しこうした情報だけを与えられると、洗脳される側は徐々に「自分が間違っているのでは? 」と不安になっていきます。

そうして洗脳される側の思考がブレて、洗脳する側に従った時だけ相手を褒めます。

その結果、人間の本能である「自己承認欲求」が満たされるため、相手の都合がいいように洗脳されてしまうのです。

 

2.たくさんの選択肢を与えるが「同じ結論に誘導」する


この洗脳のやり方は、洗脳される側に対して「自分の意思で選択した」と思わせつつ、「誘導尋問」をして洗脳する側が望む結論へ導くやり方です。

たとえば、あなたが今日のランチはお金があまりないので、金額が安いファーストフードで済ませたいと思っていたとします。

その時に、一緒にランチを食べに行く相手に対して

「今日のランチはファーストフードでいい? 」

と聞くと断られてしまう可能性がありますので、あえて選択肢をあたえて

「今日のランチ、回転寿司とハンバーガーとドーナツだったらどれがいい? 」

と聞きます。

すると、選択肢を与えたのはあなたですが、相手は自分が選んだと思います。

実際には、あなたが望む「ファーストフード」という枠の中で選んでいるだけにもかかわらずです。

これはとても簡単なマインドコントロールですが、この方法は悪徳商法などの勧誘でよくおこなわれているものです。

これであなたも、このパターンの洗脳のやり方を知ることができましたので、同じようなシチュエーションになったとき、自分が洗脳を仕掛けられているということに気づくことができるでしょう。

 

3.短いフレーズの情報を繰り返し刷り込み洗脳する


この洗脳の方法は、有名な心理効果のひとつである「サブリミナル効果」を含むやり方です。

断片的でわかりやすい短いフレーズの情報をくり返し発信することで、相手にそのフレーズの印象だけを刷り込み、他のことを考える余地を与えない心理操作法になります。

政府やマスコミが大衆を誘導する時によく使われる、いわば「王道手段」とも呼べるべき洗脳方法で、日常的に様々な場面で活用されています。

もともと、人間の脳は「考えることが面倒くさい」と思っています。

そのため、わかりやすくて短いフレーズをくり返し聞かされると、わかったことにしてしまう習性があります。

性格的にも周囲に流されやすい傾向にある人は、この洗脳方法に簡単に引っかかってしまいます。

 

肯定(なぐさめ)型


否定型と反対の方法で、相手をマインドコントロール・洗脳しようとするタイプがこの「肯定型」です。

否定型の場合は、ひとりの人間がもつ意思や価値観などを徹底的に否定し崩壊させることで相手を自分の思い通りにコントロールしようとしますが、こちらは全く反対の方法を取ります。

つまり、相手に対して「わかるよ」「つらかったね」「あなたの居場所はここにあるよ」などと共感して慰め、励ますことで、相手の意思を自分の思い通りにしていきます。

このタイプは、社会正義や平和を訴えるような団体でよく使われている洗脳方法で、具体的には以下のような方法があります。

 

1.「極限の恐怖」と「解放」を交互に与える


この洗脳方法は、肯定型と否定型の要素を交互に与えるタイプのやり方です。

「密室を使った方法」の発展型であり、否定型だけで相手をコントロールしようとするよりも強力な方法だといわれています。

まず、洗脳する側は、暴力や暴言を使って相手を支配し、極限の恐怖を与えて相手との間に上下関係を作ります。

人間も他の動物などと同じように、自分よりも「上」だと認識した相手に対しては、素直に従ってしまう習性を持っているからです。

そうして相手が心身ともに弱ったところで、洗脳する側が一転して「安心感」を与えます。

人間は、本能的に自分自身が「安全」だと思える場所を求めます。

その安全を一時的に与えることで、洗脳される側が洗脳する側に「従うことが正しい」と学習させ、洗脳を定着させるのです。

これは、いわゆる「アメとムチ」です。

また、この方法は心理学的には「吊り橋効果」という心理操作法としても知られています。

吊り橋効果は、恋愛心理学の中でも、とくに有名な方法で、お化け屋敷やジェットコースターなどの「恐怖体験」を共有したあとで優しくされると恋愛感情が芽生えるというものです。

この効果も洗脳方法の発展型だといえます。

 

2.占い師のように振る舞う


この方法は、肯定型と否定型の中間のような洗脳方法です。

占い師のように

「あなたは穏やかな性格だけど、特定のことになるととても怒ってしまうところがありますね? 」

などと、誰もが当てはまるようなことを相手に伝えます。

すると、その場でいきなりいわれると、まるで占い師のように

「当たっている! 」

と勘違いし、その人が自分を理解している人だと思い込んでしまうのです。

そのように思いこませてしまうと、相手はその人のいうことに何でも従うようになっていきます。

ときおり、世間を騒がせる宗教絡みのトラブルなどは、このような洗脳方法によっておこなわれています。

 

3.自己否定感を埋めてあげる


洗脳するためには、「恐怖」「批判」を与える方法がよく用いられます。

なぜなら、自己否定している時が一番マインドコントロールにかかりやすいからです。

ですから、もともと自己否定感の強い性格の人は、最も洗脳されやすい人にあたります。

そうした状態から自己否定感を埋めてあげることで、相手を自分の思い通りに洗脳することができます。

自己否定感が強い人というのは「権威的な情報」を信じやすい傾向があり、自分に自信がないため、常に自分が居心地のいいと思える場所を探しています。

そこではまってしまうのが、自己啓発セミナーネットワークビジネスの環境です。

そうした場所には、洗脳される側が求める「自己否定感が癒される」ようなポジティブな情報が溢れています。

参加した人の自己否定感を埋めてあげると、当然ながらその人はその場所に依存することになります。

結果、その場所で聞いたことは全て信じるようになってしまい、簡単に洗脳されていきます。

 

マインドコントロール・洗脳の実例


マインドコントロールや洗脳というのは、自分自身でも気づかないうちにおこなわれています。

実際、私たちはどのような形でマインドコントロールされていくのでしょうか?

私たちの生活の中にある様々なシチュエーションでの洗脳の実例をご紹介します。

 

1.日常の中にある洗脳


生活の中で何気なく見ているものやおこなわれているものにも、洗脳やマインドコントロール的な要素を含む言動がたくさんあります。

上述した「サブリミナル効果」を使った洗脳は、テレビや映画館でのCMにしっかりその要素が取り込まれています。親子や夫婦などの家族間でも知らないうちに洗脳がおこなわれている場合もあります。

たとえば、毎日の生活の中で母親が子供に対して

「○○ちゃんはすごいよね! あなたも見習いなさい」

とか

「あなたも身なりには気を遣うようにしなさい」

などという言葉を繰り返しかけていたとします。

声を掛けられていた子供の性格がポジティブで、自己肯定感の高い子供であれば、ここで洗脳されることはありません。

しかし、自己否定感が強い子供であった場合には、こうした言葉の数々が刷り込みの働きをしてしまい

「私はこのままではダメだ! もっと頑張らなくては! 」

と、自分の意思に関係なく刷り込まれた言葉通りの行動を取ってしまうようになります。

これは、子供は軽い洗脳状態に陥ってしまっており、母親も知らず知らずのうちに子供を自分の言いなりにしようとしている状態です。

洗脳した側にしたら、そんなつもりもなくやってしまっていることが、実は気づかないうちに相手を洗脳してしまっている事が起きています。

 

2.職場の中にある洗脳


同じように、職場においても気づかないうちに洗脳が起きています。

職場では、人間関係を築くまえから、すでに「上司」と「部下」という上下関係が形成されています。

誰もが本能的に、立場や力が「上」だと思う人間には従ってしまう傾向を持っているので、ちょっと気が弱かったり、自分に自信を持てないようなタイプの人は、簡単に洗脳されてしまいます。

たとえば、日頃から部下をかなり厳しく叱責する上司がいたとします。

すると、その部下たちは自己否定感が強くなり、いつもおどおどして不安な精神状態になっていきます。

そうして下げるだけ下げたタイミングで、狙いすまして上司が部下を褒めたとしましょう。

そうすると、叱責され続けたことで自分に自信を無くし、心に隙間ができた部下には、上司の優しい褒め言葉が心に染み入り渡ります。

こうなると、上司は部下を洗脳したも同然。

部下はどれだけ怒られ叱責されても、その上司の言いなりになってしまいます。

 

3.恋愛の中での洗脳


とくに恋愛においては、洗脳したり洗脳されたりすることがよく起きます。

自己否定感を埋めてあげるような洗脳方法は、恋愛関係においてよく用いられる洗脳方法ですが、それに加えて多いのが「恐怖と安心を交互に与える方法」です。

典型的なこの洗脳の例は、近年増加してきている「DV(ドメスティックバイオレンス)の夫や彼氏から離れられない女性」です。

DVは、男性からの暴力や暴言で女性が支配されることから始まります。

繰り返される暴力や暴言により感情が無くなってしまった女性は、男性がときおり見せる優しさに安心感を感じるようになります。

そうなってしまうと、間違った価値観が植えつけられ、暴力で支配されていても「優しくしてくれる」ので逃げられなくなってしまいます。

男女の感情があらわれやすい恋愛の中では、大なり小なりこのような洗脳に似た状態が起こりやすくなっています。

 

ダブルバインドとは?


ここまでお伝えしてきた様々な洗脳の方法よりも、さらに恐ろしい洗脳の方法があります。

それは「ダブルバインド」という心理操作テクニックを使った洗脳方法です。

ダブルバインドというのは、心理的な二重の束縛や呪縛のことで、これを巧みに利用すれば、なかなか解けない洗脳状態を作り出すことができます。

そのように聞くと、とても難しい心理操作方法なのではないかと思われるでしょうが、決してそんなことはありません。

ポイントは、ひとつ目の呪縛をかけたあとで、ふたつ目の呪縛は本人が掛けざるを得ない状況に追い込む部分です。

たとえば、あるセミナーに参加し、そのセミナーの講師を信じたとします。

その講師から

「今日は徹夜で頑張らないといけない。頑張ったらあなたに素晴らしいことが待っている! 」

といわれたとします。

すると、いわれた人はその講師を信じているという状態なので「徹夜=寝てはいけない」ということに従います。

そして、自分自身の意思でも

「できるだけ徹夜で頑張らなくては」

と考えます。

この場合、信じている講師から言われた言葉がひとつ目の呪縛であり、その言葉を真に受けて自分自身でさらに「徹夜で頑張る」という意思を持ったことが二つ目の呪縛になります。

ダブルバインドを使って掛けられた洗脳は、自分の意思でも呪縛がかかっているので、とても解きづらいといわれています。

気づかないうちに日常にも入り込んできている可能性があるので注意が必要です。

 

マインドコントロール・洗脳の解き方


マインドコントロールや洗脳されてしまった人をその洗脳から解放するには「自己否定感」をできるだけ解消して「自己肯定感」を上げていくことがポイントになります。

また、マインドコントロールや洗脳のやり方を見ていくと、「相手の視野を狭める」ということにポイントをおいておこなわれています。

ですから、洗脳を解くためには「視野を広げること」も大きなポイントになります。

 

1.自分を客観視する「肯定」と「否定」のイメージング


この解き方は、洗脳する側が言うことと反対のメッセージを常に脳内でイメージするやり方です。

たとえば、あなたが悪質な勧誘行為に遭遇してしまった時に、相手があなたに

「これをやったら絶対に儲かるよ! 」

と、繰り返しいったとします。

そうしたときに、あなたは自分の頭の中でそれと反対の

「これをやっても絶対に儲からないよ! 」

と唱え続けるといった内容です。

この方法の目的は「肯定」と「否定」を1セットの情報として自身に伝えることで、客観的かつ冷静な思考に自分自身を持っていくことにあります。

「客観視」という考え方は、洗脳を解くにあたってとても重要です。

冷静な思考をもつことができると、肯定と否定を俯瞰的に眺める「もうひとりの自分」という立ち位置を手に入れることができます。

客観視ができれば、狭まっていた視野が広がり、落ち着いた判断ができます。

洗脳されていても、そうした思考が徐々に洗脳を解いていきます。

 

2.二元論で物事を判断または裁くのを止める


二元論とは、わかりやすく言えば「善悪で考える物事の考え方」のこと。

洗脳というのは、必ずといっていいほど「都合のいい善悪」の刷り込みを利用しておこなわれます。

ですから、日常生活の中で「これは良い! 」「これは悪い! 」という感じで物事を考える人は洗脳されやすいといわれています。

二元論で生きている人は、自分が「悪」だと思った時に、罪悪感を抱いて「自己否定感」を強くしてしまいます。

自己否定感が強くなると視野が狭くなるため、洗脳しようとする人の「善」が自分にとっても「善」だと思ってしまい、その人に従ってしまうのです。

このようなパターンで洗脳されてしまう人は、余計な二元論を手放して「どっちでもよい」という思考の余白を作るようにしましょう。

そうすることで、洗脳を解くこともできます。

 

3.ゲシュタルト崩壊(ショック)を促す


「ゲシュタルト」とはドイツ語で「姿・形」のことをあらわす言葉です。

ゲシュタルト崩壊というのは、心理的なショック療法のことで、自分自身が信じているものの姿形が壊れて、認識が切り離される現象のことを指します。

つまり、洗脳された内容を信じている人に対して心理的なショック療法をおこなうことで、その認識を壊して切り離すことができます。

たとえば、マルチ商法で洗脳されている人が「お金儲け」と「自然環境を守る商品を売ることが地球のため」だと信じているとします。

洗脳される段階で「お金儲け」と「地球環境保全」が結びついているので、なかなか洗脳は解けません。

ですが、ゲシュタルト崩壊をさせると、このふたつがバラバラになり、それぞれ別のこととして認識することができるようになるので、洗脳が解けます。

日頃から頭が固く、自分だけは「騙されない」と思っている人ほど洗脳にかかりやすい傾向にあり、そうした人には効果的な洗脳の解き方といわれています。

 

4.あらゆる人の話を聞く


狭くなった視野を広げたり、自分の信じていることを崩壊させる手段として、「あらゆる人の話を聞く」ことも洗脳の解き方という有効です。

人の考え方は本当に人それぞれです。

ですから、できるだけ多くの人の話を聞くことでたくさんの視点をもつことができます。

それにより、自分が信じていることに対してショックを与える機会も増えますから、洗脳を解くきっかけを掴むこともできるでしょう。

ですが、洗脳されてしまっている人というのは、なかなか周囲の言葉に耳を貸しません。

もし、あなたの身近にマインドコントロールや洗脳を受けている人がいたら、その人に対して自分ひとりで意見をしても問題がこじれてしまいます。

そうしたことを避けるためには、自分ひとりで抱え込まずに、家族や友人知人、インターネットの掲示板や質問サイト、相談所など、あらゆる人々の意見を与えるようにしてみましょう。

そうすることで、洗脳されている人の視野を広げて、自ら正しい判断ができるように導くことができます。

 

マインドコントロール・洗脳の恐怖


マインドコントロールや洗脳によって、人間の心理効果を巧みに利用して相手を意のままに操ることが可能です。

そのため、犯罪や詐欺に利用されてしまい、恐ろしく憎らしい思いをする人が残念ながら存在しています。

実は、マインドコントロールと洗脳はその意味合いが微妙に違っています。

洗脳という言葉は、監禁や暴力などの恐怖心を利用して相手の意思をコントロールするものに対して使うことが多く、洗脳はその環境から解放されてしまうと意外とあっさり解けてしまうこともあります。

一方で、マインドコントロールという言葉は、そうした恐怖心を煽るような言動はせず、相手が気づかないように心理操作などを駆使しながら、巧みに個人の意思を変えてしまうものに対して使われます。

ただ、違いはあれど、どちらも人間の心理を巧みに利用して意思をコントロールする、とても恐ろしいものです。

マインドコントロール・洗脳には、どんな恐ろしさがあるのでしょうか?

 

マインドコントロールや洗脳の恐怖


マインドコントロールや洗脳の恐怖を感じるのは、どういった時でしょうか?

マインドコントロールや洗脳をされてしまう機会や方法には、上述したとおり様々なものがあります。

しかし、なぜか多くの人が「自分だけは洗脳にかからない」と思っています。

マインドコントロールにかからない人には、かからないだけの理由があります。

それは、経験知識です。

たとえば、訪問販売などで高額の商品を売りつけられそうになったとき、その商品についての知識や訪問販売を断った経験などがあれば「そんなものはいらない! 」ときっぱり断ることができるので、洗脳やマインドコントロールされずに済みます。

しかし、少しでも意思が弱かったり、その商品に対しての知識がない場合は、とても危険です。

占い師のようにあなたの心に巧みに入り込み、商品を買わざるをえないような誘導尋問を受けてしまうと、いつの間にか洗脳されて高額な商品を買わされてしまいます。

マインドコントロールの本当の恐怖は、経験や知識が乏しいにもかかわらず、それに気づかないまま「自分だけは洗脳されない」と油断している状態を作り出していることにあります。

マインドコントロールを受けないようにするには、自分自身がしっかりと知識を持って洗脳に対抗することが必要なのです。

 

マインドコントロール・洗脳解除の難しさ


マインドコントロールや洗脳がさらに恐ろしいのは、一度洗脳されてしまうと、それを解除することが難しいという部分にあります。

マインドコントロールが完了しているということは、根本的な価値観や意思が完全に入れ替えられてしまっている状態だということ。つまり、普通の話し合いすら望めない状態です。

また、一度洗脳されてしまった人は、その状態でいることに「安心感」を感じていることが多いため、その状態から解放されることに対して不安を覚えます。

マインドコントロールや洗脳されてしまった人を救ってあげようと思っても、マインドコントロールや洗脳を解除してあげる側がこうした相手の心理状態の把握はもちろん、様々な知識を持っていなければ解決することができません。

そしてなにより、忍耐を持って接する覚悟が必要です。

 

ディプログラミングは危険?


マインドコントロールや洗脳を解除する方法として「ディプログラミング」という方法があります。

この方法は、カルト宗教の信者などを一般社会に連れ戻して洗脳を解く時に使われていた方法で、カルト宗教を信じさせるときにおこなったマインドコントロールと同じ手法を用いていきます。

つまり、マインドコントロールされた時に「あの教祖を信じろ」と教え込まれたように、今度は「あの教祖は嘘を言っていた」と教え込む方法です。

しかし、この方法は今とても危険な方法だといわれてます。

なぜなら、マインドコントロールを解く過程で、どうしても洗脳された人の思考を「否定」しなくてはならない時があるからです。

否定が強く促されると、洗脳された本人も自分自身を否定するようになり、その結果、洗脳された人が抑うつ的になったり、洗脳を解こうとしてくれている相手に対して敵意を抱いてしまうことがあるようです。

ですから、現在ではあまりこの「ディプログラミング」という方法はおこなわれていません。

「自己肯定感」や「安心感」は、自分自身を立てなおすときに、大切なことがわかります。

 

まとめ


今回の知識は、あくまでマインドコントロール・洗脳のやり方と解き方を知ることで、洗脳被害に遭うリスクを軽減することが目的です。

ですから、誰かを洗脳するために使う知識ではありません。

自分の主義主張を相手に押し付けるものではなく、上手にコミュニケーションをおこなうための知識として活用していってください。

これで、あなたもマインドコントロールされる隙を与えずにいられますよ。

東洋占星術 x 心理学 !?

東洋占星術によって導き出された運命と心理学の知識を融合させた診断が可能になりました。

「ココロクリア」では、誰にも知られることなく、ヘルスケアのプロが貴女の悩みを的確なアドバイスで解決に導きます。

悩みという足かせをはずしたい方は、ぜひお試しください!



わせて読みたい


コメント